2008年7月 2日 (水)

NOVAを語る パート4

だんだんこの話題自分でもどうでもよくなってきましたが、前回中途半端だったので続けます。

一般的なデータとして、例えばレストランなどでファンタスティックな経験をした場合、平均で

5人

に伝える、というのがあります。

一方、同様にレストランなどで嫌な体験、苦い思いをした場合、平均で

20人

に語る、というデータがあります。

皆さんに置き換えても、個人差はあると思いますが、例えば旅行でもいいしなんでもいいんですが、それぞれの状況で自分がどんな反応を示すか置き換えてください。

例えばうちのオフィスのJ君、バスのGOカードについては50人以上に語ってます、彼曰く。これは彼が毎週教会にいって多くの友人や知人と会う機会があるためです。ちなみにもし彼の奥さんも近所の人とかに話したら、このGOカードが最悪だ、という噂はたちまち広まるに違いありません。

言い換えると、サービス業に係わる者として、仮に全体の85%の人が満足していても、残りの15%のうちで、さらに5%がそのサービスに憤りを感じていると、その波紋は想像以上に広がることを理解していなければいけません。

インターネットの普及でさらに加速してます

例えばNOVAを例に取ると、満足している人達の何人がネットに書き込むでしょう。仮にファンタスティックな体験をしても、せいぜい友人や知人に話すぐらいでわざわざインターネットの掲示板などに書き込む人はごく稀だと思います。

一方、30万人の15%、つまり4万5千のうちのさらに1万人程度が不満をぶちまけるとしましょう。友人、知人に語るだけでなく、ネットへの書き込みも当然するはずです。顔が見えない分、悪質なクレーマーもいますし、当然意図的な中傷も少なくないはずです。

芸能人に例えても、彼らに対する評価は賛否両論です。仮に自分に何の不利益もなくても、中傷記事を書き込む人は世の中に一杯います。有名になればなるほどそれを妬む人も出てくるので芸能界で生き延びていくには相当の精神力が必要だな、って思いますね、余談ですけど。

会社側はわずかなクレームであったとしてもその解決に全力を尽くさなければいけない。特に近年のNOVAのようにレッスンの予約が異常に取りづらいのなら最優先で取り組まなければいけない。その企業努力は100%だったとは言えず、拡大路線を続けたワンマンな本部長の責任は大きい。

一方、行政側は85%の人を無視してはならない。例えば近年の裁判なんぞ企業にとっては不利かつ理不尽なものばかり。マクドナルドなどのジャンクフードで太った、といって訴訟を起こして原告が勝つ現実。一方、勝たなきゃいけない原告は一杯いるのにそういう人たちに法は味方しない世の中。

特に飲食業や、現物を扱うRetail業と違って、在校生徒を抱える業体にはもし行政処分を課すならビジネスモデルを理解しないといけない。仮に85%もの満足している在校生が行き場を失うようなリスクが伴う場合、どのような行政処分が望ましいのか。例えだが、トップの解任は行政処分で出来ないのか。株の取引の凍結のように、一定期間条件つきで解約を凍結できないのか、など。

1代でビジネスを成功させる人間にワンマンじゃない人間などいません。強烈なリーダーシップがあってこその成功。そういう人間は簡単には変わりません。変われるぐらいならNOVAは急成長を遂げてません。

どんな人間でも追い込まれたらいろんな行動を取ります。どんな人間でも富を得ればさらに欲しくなります。そういう意味では本部長も人間だったといえます。

宇宙人だと思ってたけどね、24/7で仕事してたし

つまり人間もともとたたけば埃は出るもの。クリーンなことだけやって起業はできないでしょう。そういう意味で本部長は限りなくいい人っすよ。でも埃は出ます。最後追い込まれてとった行動を責める前に、自分ならそういう状況でどう行動したか、世の中の人は考えたことがあるんですかね。”ずっと雲隠れ”とか報道されてますけど皆さんの中に堂々とずっと世間の前に出れる人いますか?最後に出頭しただけ偉いと思うますね。昔トーザの社長は逃げましたよ。ってか逃亡した社長って多いでしょ。金持って海外とかに。

国の経済の一部は、強烈なリーダーシップを持った起業家達にささえられている。

国際社会はアホの外務省に変わってビジネスマンが支えている。多くの商社マンたちがいい例です。NOVAの国際社会への貢献も少なくない。日本の顔を代表しているのはアホの政治家ではなく民間で働く方々です。

本来は行政は同じチームとして社会のリーダー達と問題に取り組まないといけない。時には厳しい意見や処分も必要になる。しかしながらビジネスモデルや形態、功績、貢献度を踏まえず杓子定規な切り方をするなら消費者の苦しみは終わりません。

だいたい、彼らは稼がず、法人税などの税金で成り立っているのならなおさらチームとしての意識は重要でしょう。

ま、一部の消費者を助けるふりだけして、結果的にさらに多くの被害者をだしている、ということへの自負はないでしょうね、今の行政には。

NOVA編ー完ー(たぶん。ってかおわりにしたいっす)

2008年6月30日 (月)

NOVAを語る パート3

いきなりタイトルとは無関係ですが、今朝インド人スタッフから

風邪引きました。休みます、ごめんなさい。

というText(メール)が届きました。んで今度会社に向かっていると もう一人のインド人スタッフから

週末の引越しで体がボロボロで動けません、すいません休ませてください

だって。うちの3人のスタッフのうち2人がインド人なんですが

お前ら二人とも休んでどうする

しかも月曜、インド人理解不能です。後者は男性スタッフなので

気合でこれるだろ、筋肉痛なら

みたいなことを間接的に伝えましたが、

無理です、ベットから起き上がれません

ってどんだけ運動不足だよ、あんた。しかも25歳と若いのに。

ま、ということで朝からバタバタしてました。今ランチ食いながら書いてます。

さて、NOVA編、もうどうでもいいだろ、という空気の中、俺の中の熱いものを出し切るまで書き続けます。冷めたらこのシリーズ終るけどね。

でも生徒さんや最後に残ってたスタッフや講師のことを考えると書かざるをえないっすね。しかし、ここで取り上げたいのは、本部長の責任以外の部分です。彼は刑罰を受けるので、制裁は受けます。ただ、社長の経営責任以外の根本原因の解明をしていかないと世の中これの繰り返しです。そのたんびに会社のトップが逮捕されて世間が納得してるようでは被害者は出続けます。

俺が真っ先に取り挙げたいのは行政の愚かさです。だいたい彼らにはビジネスモデルすら理解できてませんから。いい大学をいい成績で出て、経済庁とかのお役所にお勤めできても一般の会社勤めは愚か、”経営とは何ぞや”という部分がまるでわかってないように思えます。

切り口を一旦変えます。

皆さん、顧客満足度ってどれぐらいで”可”なのか考えたことはありますか?

俺も教育関係でサービス業っていう仕事をしている以上、マネージャーとして経営計画書に顧客満足度の目標値を挙げます。俺の”可”のライン、つまりボーダーラインは85%です

正直90%以上が理想ですが、85%以上のお客さんが、このオフィスで満足してくれていれば、”可”としています。

言い返れば、総数、つまり分母にもよりますが、100%など不可能、きれいごとだと言い切れます。ただ、もちろん100%を目指して最善を尽くしてこそ85%以上の数字は取れます。テストとおんなじっすね。100点狙って85点以上取れます。始めから85点ぐらいでいいや、と思って勉強したら70点ぐらいでしょ、とれて。

NOVAの経営責任、つまり本部長に問いたいのは”顧客満足度データ”を取っていたかどうか?もしこれが60~70%ぐらいまで落ち込んでいたとしたら問題だし、50%を切っていたら英会話業として存在価値は低いことになります。ラーメン屋なら別ですが。

こってりしたラーメンが好きな人もいれば嫌いな人もいる。食べてから残す人も半数いてもツボに入る人が入れば可でしょうね。

どうでもいいけど俺こってり系です

もちろん、”NOVAを語る”の1回目で述べた、”第2言語習得法”があわない、望まない方もいると思うので、NOVAのとってる授業形態への好き好きはあるとおもいます。ただ、入学前にそこは確認済みなので、入学後のサービスの”質”そのものがNOVAの顧客満足度に直結すると考えられます。(厳密には入学までの過程、つまり接客の良し悪しも入るとは思いますが・・)

俺が働いていた1995年~2001年までだってクレームはありました。でも全体からするとその数は10%~15%。言い換えればほとんどの人は”NOVAファン”と呼ばれ、楽しく通っていたと思います。CM戦略はたしかにすごいですが、この顧客満足度の高さ無しでは成長は考えられません。他の英会話学校もこぞってCMやってましたから。

さて、30万人の10%は3万人

30万人の15%は4万5千人

20%は6万人、です。

仮にNOVAが85%の顧客満足度を達成していても、甲子園の満員のお客さんに相当する数は不満ということになります。

実際、予約の取りづらさも昔からありましたけど、2003年ぐらいから極端に悪かった、とも聞いています。そうなると実際の顧客満足度は何%だったんですかね。

この質問、2007年の始めに、NOVAと経済企画庁がそろって即答できないといけない質問です。

仮に85%だとして話を進めます。実際はどんどん下降してたでしょうけどね。

でもね、85%って”可”のラインですけど絶対数は甲子園埋め尽くしてるわけです。

100人中15人ってのと、絶対数が4万5千という違いは無視できません。

しかし本部長はその絶対数を無視したに等しく、行政は85%という数字を無視したに等しい。

ちなみに満足している人は何人の人にその経験を話すのか。

不満や苦い体験をしたお客さんは何人の人にその体験を話すのか。

ここには一般的に考察され、証明されたデータが存在します。

次回はその辺から広げます、たぶん。

2008年6月27日 (金)

NOVAを語る パート2

んと前回の続きです。

ちなみに俺が血眼になって働いていたのは95年4月から01年の2月まで。約6年です。

2001年から昨年の経営破たんまでの6年間に何があったのかは詳しく知りません。あくまでも俺が働いていた時に知りうる社長の人物像と経営方針、社是、ビジョン、こういったものの延長線上で今を語っているに留まります。

ぶっちゃけ、どうしちゃったのよ

という驚きと失意、それと自分の思うところを書くことによって、自分の気持ちを整理しているにすぎません。

ま、ブログっすから独り言です

ちなみに社長のことは”本部長”って呼んでました。本人の希望でね。ただ、俺がしりうる限りは”さるはし”だったけどね。一説によるとある日いきなり

さはし

になったらしいけど、本人が”俺は「さはし」だ!”と言い出したそうな。

白を黒にし、黒を赤に変えるお人だったので驚かないけどね

なのでここでは”本部長”と呼ぶことにします。俺は彼のつくった社是、例えば

絶対ポジティブ

とか”論破すること”とかすんげー好きだったので新入社員のころから居心地はよかったです。俺にとっては自分のキャラを全面に出せて、自然体でいれるところが魅力でした。

そこに加えて、古い考え方や固定観念に縛られない会社だったので、俺が鹿児島にいたときに、

関東に戻りたい

とわがままをこねてもそれで評価が下がることもなかったです。入社してわずか1ヶ月ちょっとで九州の立ち上げ部隊の一人としていきなり辞令が出て、

九州で1年は覚悟しろ

なんて言われたもんだから、

いやです

ってずーっとだだこねてたのよね。もちろん本部命令だから辞令の2日後には鹿児島入りしましたけどね。

そんとき俺新入社員だし、まだ社会人としての常識とかそういうのがよくわかってなかったから、今思うと恐ろしいことを本部長にいってたなぁと思うんですが、2ヶ月で戻してもらえました。普通の会社なら

こいつは使えん

とレッテルを貼られるところでしょうけどそんなことはなかったです。その後も1年目の新入社員の成功例として新卒用のパンフに載ったり、企業パンフそのものに載せてもらったりと、かなり会社から愛されていたように思います。

ちなみに当時、九州から帰りたかった理由は”彼女と離れたくない”だったんですけどね。もちろん本部長にも言いました。”離れ離れはいやです”ってね。文字通り苦笑してましたけどね。

それで新卒用だの企業パンフに載っちゃうんだから型やぶりな会社でした、ほんと。

本部長とは何かある毎に、よく食事に行きました。もっといえば大阪での新入社員研修が終わった後、俺を含めた10名ほどが

企業案内用ビデオの制作プロジェクト

と題して2週間ほど大阪本社で居残ってビデオをつくっていたんですが、そんときも本部長と話す機会は多かったですし、先ほどの九州立ち上げプロジェクトの時もよく食事に行きました。新入社員の俺に熱く語るんですが、ほとんどは意味不明。

九州でクラウンを売っても売れない。カローラやカムリを売るんだ。

とかね。

俺ら車屋だったっけ?

とか思いましたけど、彼の言いたかったことは、”マーケットの違い、顧客層の違い”だったのよね。わかるかい、遠まわしすぎて。

でもね、そのときから、”ネットワーク、つまり電話代でいずれ英会話ができるようになる”とか、すんげー夢を持ってたのよね、彼。たしかに実現しました、お茶の間留学としてね。

つまり彼はできるだけ多くの人に、つまり通えない人にも、英語などのコミュニケーション力の習得の機会を与えたかったわけで、ある意味壮大なビジョンのもと戦略を練っては実行してました。

だけどすでに俺がいたころ、特に2000年前後から今の破綻に繋がる要素は一杯ありました。それは会社の体質もそうだし、恐ろしいまでに狂信的な社員によって構成された集団性格、そしてインターネットなどのインフラの変化、つまり外的要因など、明らかに、本部長が抱いていたビジョンにとってプラスになると同時にマイナスになる要因が増え続けてました。

ただし、外的要因以外は彼が創りあげたものだし、そう考えると今の状況は時間の問題だったのかも知れません。実際、彼の性格からして、今の状況は免れなかったとも言えます、悲しいことに。

っつてももう約7年経ってますからね、本部長のもとを卒業してから。(あえて卒業と書いているのは俺にとっては社会勉強に最適な環境だったからです)でもね、今の報道とかみてても、いい意味でも悪い意味でも”本部長らしさ”って伝わってきます。

例えば

っていう数字をこのまま見れば”六’に見えます。仮に報道により、見え方がこの角度からだとしても、俺には

の部分も見える、ということが言いたかったのです。つまりもし紙に「6」と書いて、地面に置いたとして、メディアが一方から報道すると、6にしか見えないんですが、角度を変えて反対からその紙をみると、「9」にも見える、ということです。さらに角度を変えると、

にも見えます。

報道、つまり今のメディアの情報だけだとかなり偏った見方しかできないと思います。

少なくとも俺は報道とは違う角度でこの問題を切りたいと思ってます。それを仮に”9”だとするならば、”の”の見方を出来る人もいるわけで、理想はすべての角度からこの問題を切れるといいんでしょうけどね。

本部長が行ったことが法に反しているのは事実。それに関しては彼は裁きを受けるべきです。しかしここまで彼を追い込んだもの、ここを見ずしては今度同じような社会現象が繰り返されるのは必死。因果関係を見ずして勝手に彼を判断して欲しくない、というのが正直な俺の気持ちです。

俺なりの分析はしてるので、次回はそこに触れたいと思います。

ちなみに目に見えている現象や結果に対して、その問題点と原因は大きく異なることがあります。

仮に

現象、結果=社長の逮捕。資金の不正流用=社長の人間性の問題=原因

としてしまうと、何も見えてきません。つまり問題である”社長”自身を原因としてしまうと本質を見失ってしまう、といいたいのです。彼の行動は間違いなく問題なんですが、その原因を掘り下げていくともっと様々な要因が絡んできます。もっと言えば今回の最大の問題点は

30万もの生徒+社員、講師

に多大な損害、被害を与えていることに他なりません。社長を逮捕して横領の真相究明しても、彼らの時間とお金がすべて返ってくるわけではないんですね。つまりこういう事件ってまた起こるんですよね。それをすべて社長の責任”だけ”にして、いかにも裁いたように見せかけてると、いつでもたっても根本原因が解決されてないことになります。

ぶっちゃけ日本の行政のあり方にも十分問題あるよ。もっと広げます、この話、たぶん。

2007年2月11日 (日)

火の鳥

皆さん手塚治虫さんの「火の鳥」を読んだことがありますか?

俺は初めて読んだとき

すんげー奥が深い

と感嘆して、2回目に読んだ時も

やっぱり奥が深い

としみじみ感じました。

今回姫と日本に一時帰国した際、KazのPCでDVDを焼いてもらおうとレンタルビデオへ直行。5000円使いましたが半分は火の鳥のDVDです。

「黎明編」「復活編」「異形編」「太陽編」「未来編」すべて俺のためにそろっていたのですべて借りてコピーしました。

今さっき全部見終りましたが

ちきしょー奥が深いっ

って感じです、ほんと。

「現代編」は完成されることなく手塚治虫さんはお亡くなりになられましたが、彼のメッセージは未来編までにすべて語られているといえるでしょう。

何故俺が宮崎駿さんや松本零士さんを始め、この「火の鳥」の熱烈な心酔者かというと、

宗教観、人生観、哲学

が共感できるからに他なりません。

俺も宗教や政治、人生に思うところはありますが、漠然と自分の信念に基づいて生きてます。

「火の鳥」

はそんな抽象的な部分を具体的に表現し、また新しい解釈を発見させてくれるような作品です。

人は永遠の命を求めて火の鳥を捕まえようとする。

しかし命とはもともと永遠なのである・・・

・・・

テーマ壮大すぎ♪

最後の未来編は60億年という月日を生きた人間からみた生命というものの尊さの物語で終りますが、ホント戦争とかしてるアホどもに読ませたい。

各国のアホども、これ日本のアホ政治家も含めてですが、火の鳥を読んだことがある人ってどれだけいるんですかね。

少なくとも教科書や参考書で育ったエリートどもにはぜひ読んでもらいたい。

キリスト教をはじめ布教活動に躍起になっている様々な宗教ヤロウはこれをまず読んでから自分の宗教を見つめてもらいたい。

アメリカが中東に仕掛けた戦いの正しさがなんなのか、これを読んでもう一度考えてもらいたい。

出世欲や金欲しかない人間はまずこれを読め。

出世欲や金欲、本来政治家にはあってはならない気がするのですが、どうしても政治家とイコールなイメージが抜けきれません。

ちなみに火の鳥、NHKが全13話放映したそうですね。

世直しに一役かってくれるといいですけどね。

特に日本は外から観ていても病気ですからね、社会が。

そんな社会にしてしまったのは慣習や歴史、風土もありますけどやっぱリーダーだよね。

結局日本って社会は高度成長時代のリーダー像に引っ張られてるからね。

これは民間も政治も含めてだけどね。特に民間の利益主義はモラルを皆無にするからね。不正という点では民間も政治も同じだけどね。

民間の場合特に、利益を追求するのは当然のことだけど、それだけが目的になると不二家のような事件はあとを絶たないし、実際ほとんどの企業で同じようなモラルの逸脱は起こっていると思います。

それの極端な例が「時間」。もっとわかりやすく言うと「労働時間」。

俺からみたら賞味期限の切れた食材を使うのも、違法に長時間労働を正当化する今の会社、日本社会のモラルの低さは同罪だと思うけどね。

どこを削るかって話だけで、人件費削ればしわ寄せがきて結果的に1日朝から夜中まで働くことになる。

最近少しマシになったとおもいますけど、まだ残業に追われている人って多いとおもいますよ。少なくともここオーストラリアでの日本の企業は、そういう風土をここまでもちこんで正当化してるところは多いです、みてると。

なんか話脱線しましたけど、火の鳥、

ここまで話を広げてくれるほどの秀作。

ってか語りだしたら止まらんでしょ、これみた後。

いろいろ語りましたが、明日から新しい会社に移ってからはブリスベンでの初仕事。

労働時間に対する一抹の不安を感じる今日このごろです(泣)

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

そういうオチかいっと思ったかた、上の二つぽちぽちっとお願いします!

いや、火の鳥見終わったときにはそんなこと考えてなかったんだけどな・・・。ブログかいてたら急に明日仕事だぁ・・とか思っちゃってね♪

<以下は広告>

2007年1月30日 (火)

池袋補導未遂事件

ひっぱったつもりはないんですが、なにせ日々ネタが生まれるもんでここまできちゃいました、このお話。

お待たせしました、年末年始シリーズの復活です。

しかも一番ビビッた事件です、ほんと。

今更ですが、愛する姫は現役女子高生だったりするわけです、はい。

そうなるとね、平日学校に行く前とか行った後とかに会うとなると普通に制服きてるわけです。今回の事件はそんな1月15日の月曜に起こりました。

姫は今年卒業で、ちまたではセンター試験の前ということもあり通常のクラスが無かったため、その日は午後3時ごろ進路面談のためだけに学校に行く予定でした。

言い換えればそれまで逢えるので、朝から普通にデートしてました。

電車に乗っているときから目線がやけに気になりましたが、横断歩道を渡る前とかも

向こう側が全員こっちを見てたりします。

ちなみに俺はクロコみたいな感じで目立たないようにと思って、黒の皮ジャンに黒のズボンを着てました。

それにしてもすんげー見るね、日本の人達。

途中から鬱陶しくなって、

なにお前らジロジロ見てんねんオーラ

とか、姫に気づかれないように出してたんですが、余計に怪しいってGOちゃん。ニコニコしとこうよ。

そんな中、ランチタイムに大親友Kazと落ち合う為、池袋で暫く時間を潰そうとスタバを探してウロウロしてると、俺らの前に立ちはだかるおじさん。

なんやねん、このおっさん

と思いきや

「すいません、警察のものですが、少しお時間よろしいですか」

だって♪

「いや、少しお時間よろしくないです」

と答えてその場を逃れられたらどんなに楽か。

ちなみに警察手帳まで見せてくれて本物だとアピール。

張り込んでた私服警官だね。

「えっと、君は学校はどうした?」

と、まずは姫に尋問

姫「午後3時からですけど」

私服警官「・・・そんなはずはないだろ」

姫「いえ、今日は面談だけなので」

私服警官「・・・彼は誰だ?」

(きたね、こっちにっ)

姫「彼氏です♪」

私服警官「彼氏??」

俺「ええ・・まあ」

私服警官「・・・君・・大丈夫か」

姫「はい、もちろん」

(どういう意味やねん、それ(泣))

まあ、要は、変なヤツに声かけられてどっか連れて行かれるんじゃないか、という確認です。しばらく俺のことをいろいろ聞かれて

俺「オーストラリアから13日にきて17日に帰ります」

・・・

・・・

・・・

(かえってややこしくしてるぞ俺w)

・・・

姫「私達、オーストラリアで逢ったんです♪」

・・・

・・・

・・・

・・・

(やばいおまわりさん完全にわけわからなくなってる)

・・・

私服警官「えっと、・・・とにかく学校はどうした」

・・・

・・・

・・・

・・・

(原点に戻るか、捜査が行き詰ったら出発点かw)

とにかくこの後、ひたすら説明。

自由な学校で留学システムがあってそこで出会ったこと。

自由な学校で大学受験前は臨機応変なこと

自由な学校で・・・・学校で・・・・

とにかく自由なんです

という具合に自由をアピール

自由にしてくれ=解放してくれ

という想いが自然にそうさせたね。

俺の仕事のこともいろいろ聞かれたね。

俺「教育関係です。コンサルタントをしてますっ」

私服警官「・・・・」

・・・

・・・

・・・

絶句かよ(泣)

なに引いてんだよ、「彼氏です」って言った時より引いてんじゃねえかっw

まあ、無理もないね、昼間から皮ジャン着てピアスして高校生とぶらぶらしてるんだからね、説得力ないね。

さらに姫が

姫「私二十歳ですから」

といえば、

私服警官「・・・」

もう完全に混乱模様♪

でもね、おまわりさんって人をすごく見るんですよ。

観察するんですよ。

目の動きとか体の揺さぶり具合とか。

そういうところで嘘を見抜いたりするんだよね。

でも俺ら、すんげー嘘臭い話並べてるけど、

すべて本当

の話だから堂々としてるし、俺なんか営業職だからアイスブレイクは得意だし、おまわりさんと打ち解けるのにもわけないんですよね。

それにいい人そうだったので、

立ち話もなんですからよかったらどっか行きますか

なんて言おうかと思ったけど

じゃ、そこの交番まで

とか言われかねないから取りあえず20分ぐらい近所のおばちゃん並に話してると

私服警官「わかりました・・。貴方達を信用します。気をつけて」

と解放♪

最後に「午前中制服でうろついてると目立つから気をつけてね」なんて気遣いまで頂きました。

つまり、「私服を持参してね、これから」という風に聴こえました、俺には。

まあ、要は学校サボって授業にいかずに繁華街をうろついている学生を補導してるんですって。原因はいじめとかいろいろらしいんですけど。

なるほど、すっかり忘れてました

ここは日本だと言うことを♪

みんなジロジロみるなあと思ってましたけど、昼間から女子高生と私服の男(35)が手握って歩いてる光景

事件そのもの♪

なるほどね、みんなそれでジロジロみてたのねw

ってかやっぱり住みづらいな、俺にはw

オーストラリアじゃ誰も気にしないですからね。

ランチをKazと3人でして、午後はカフェでまったりして、夜またKazの奥さんと待ち合わせのため姫と二人で腕を組みながら

新宿

で6時ごろまでぶらぶらしてましたが

注目率さらにアップ♪

朝とか昼間とか関係ないのね(大泣)

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

関係ない!と思ったかた、上の二つぽちぽちっとお願いします!

ちょっとまてっ!

俺には大学生と高校生に見えたぞ。

・・・

・・・

(大泣っ)

<以下は広告>

2006年11月16日 (木)

日本インターネット新聞

皆さん日本インターネット新聞ってご存知ですか?

前にこのブログでも少し取り上げたんですけど、市民記者として記事投稿したりしてます、俺。

2ヶ月してないけどね

最後のは「9.11」に関する記事だったね。

ちなみに3ヶ月連続で月間優秀賞みたいのもらったね。

姫に、この掲載された記事を送る際、自分でもう一度読み返したりしちゃってる俺、こういうのを

自分がかわいい

っていうのかな、などと思ったりする今日このごろです、皆さんこんにちは。

ちなみにこの記事にもブログのコメント欄みたいのがあって、今回初めて記事にコメントがついているのを発見しました。

ブログだと、コメントがついたらメールで通知がくるんですが、新聞記事の場合はそういう機能がないので、全く気がつきませんでした。

例えば7月7日に掲載された、 「時間への概念」という記事

3件

もコメントを寄せて頂いてました。

慌てて今日返信したね。

慌てたから返信する順番とか間違えたね。

しかし、明らかに「GOPRA!」とは全く違う読者層だね。

当たり前だけどな

彼らが

”俺の本性=GOPRA!”

って発見したらどっぴきだね♪

さて、いろいろ記事を読んで見るとありました、他にもコメントを頂いてる記事が。

「終戦記念日に考察する」

っていう記事です。

しかも8件もあります。

嬉しくなって、今度は一番下から読んでいくと、

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

8件ですが、2人です、コメントしてるの。

しかもコメントよく読んでいくと、

・・・

・・・

・・・

・・・

この二人戦ってます(大泣)

・・・

俺の知らないところで意見とかぶつかってます(泣)

俺の投げた記事が引き金で議論とか始まってます(泣)

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

なんて返信しようっ(大泣)

・・・

思い切って、

わたしのために争わないで♪

とか書いてみようかと思いましたが、がんばって書いた記事が

チープ

に見えるので却下。だいたい、俺のために争ってるわけちゃうしw

うーん、まともにしっかり二人の意見を1回受け止めて、客観的に締めくくるか・・・

それとも・・・

・・・

それとも・・・

・・・

それとも

・・・

・・・

・・・

・・・

このままでいっかっ♪

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

逃げたなと思った方は両方ともぽちぽちっと押してくださいね。

いやね、正直嬉しいです、俺の記事をきかっけにこうやって真剣に考察してくださる方がいるってのは。

だけどあまりにも深い領域で議論が繰り広げられているので、コメントつけづらいんですよね、やっぱり。

なのでヘタになんか書くより、このまま完結させることにしました。

で、逃げたんでしょ?

とつっこみたい方、ここでもう一度

↓↓↓を両方ともぽちぽちっと押してやって下さい

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

↑↑↑

これやでっ

<以下は広告>

2006年10月28日 (土)

コメント

ブログを書いていると、以前も出会い系に散々トラックバックを占領され、ここでもネタにしましたが、もうある意味トラックバックは放置状態です。勝手にしやがれって感じですね。

最近悩まされているのがコメントに、

大量のジャンク

が送りつけられることです。

ギャンブル系から卑猥なものが多く、気がついたら必ず削除するようにしてますが、毎日20通前後は送られてくるのでたまに対応しきれません。

しかもこいつらほとんど外国からで、

よくこのブログ見つけたな

なんて感心したります。(ブログのランキングに登録してるからだって、GOちゃん)

一時期あまりに多いので、

コメント、トラックバックを受け付けないようにしようか

とも思いましたが、温かいコメントはブログの糧でもあり、そのコメントに支えられてがんばって書いてるとも言えるので、やはりそれは無理です。

例えば昨日のRちゃんからのコメントは、すんごく元気づけられたね、ありがとう!

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

ってかみんな読んでるのね♪

それにしても姫のストレスの最大の原因が取り除けてよかったです。

影で支えてくれた姫の友人を始めとする皆様、ほんとにありがとうございました。

これからもよろしくね!

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

ここんとこカラー違うね♪と思った方は両方ともぽちぽちっと押してくださいね。

素だね、素♪

ある意味ほんとに日記っぽいね

<以下は広告>

2006年9月13日 (水)

俺は9・11をこう見る

最初の挨拶で暫く考えて何も思いつかなかったGOです、皆さんこんにちは♪

いやあ、このブログってこれぐらい思いついたまま書けるからいいんですよね。

ほとんど話しかけてます、画面に(泣)

それにくらべ以前ちょこっと書いた外伝(リンクとか貼らないので隠れメニューです♪)や、日本インターネット新聞への投稿は頭使うし、時間もかかります。

ちなみに新聞の方は今でも月2回ペースぐらいで投稿してます。

最近投稿したネタは

「9.11報道のあり方を考える」というテーマです。

http://www.janjan.jp/media/0609/0609121051/1.php

・・・

・・・

今リンク貼りましたけど、

ほとんどの人が読まないはずなので(泣)、

簡単に解説しときます。(しかもがんばって書いたけど誤字とか多いしね、痛いね(泣))

一言でまとめると

・・・

・・・

・・・

・・・

俺はアメリカが大嫌い

ということをまわりくどく書いてます。

FBIとかCTUに監視されたくないしねw(されるかっ)

ちなみに映画やドラマ、音楽は大好きです。

なんやねん、というつっこみは覚悟の上です。

例えば、以前3月27日のGOPRA!で触れた「24」、ほんまにドストライクです。

しかし「24」をみるたびに、9.11のテロも実行犯はアルカイダであれ誰であれ、

黒幕はアメリカ人ではないか

と俺は思います。

戦争が起こることによって得をする、儲かるやつは一杯いますからね。アメリカの企業家や政府関連筋による自作自演であるという説もありますが、俺は一票入れますね。

だって軍隊のトップなんか戦争したくてウズウズしてますよ。なんかないと予算削られるしね。最新技術をふんだんに使った戦術や、訓練の成果を試したくないわけがないんですよね。

わかりやすく言えばいつもサッカーで練習してて、新しい技を覚えたり、フォーメーションを練習したら試合したいですよね。自信があれば大きな大会で実力を試したくなるじゃないですか、普通。

そこに武器を売り込む人達がいるわけですから、

戦争=広告

になるわけですよ。彼らは儲かればいいのでどこにでも売り込みますよ。結果的にアメリカの敵の手に渡っても儲かってればいいですからこいつらは。

もっと言えばブッシュも知ってたね

・・・

・・・

・・・

・・・

ほんとに監視されるかも♪

・・・

・・・

ってか、かかってこいっ、こわないんじゃアメリカなんぞっ

・・・

・・・

・・・

オーストラリアにいるしね、なんかここ安全な気がするしw

結局報道だけでは真実はわかりません。陰謀が絡んでくると、どうにでも捏造できるし、本当のことは誰にもわかりません。

・・・

・・・

・・・

ジャック・バウワーとジェームズ・ボンド以外はねw

俺はOO7シリーズのフリークでもあり、こういったスパイもの、陰謀ものが大好きなんですが、なまじっかこれらのストーリーはフィクションではないと思います。

アメリカなんて

ダブルスタンダードの象徴

のような国で、世界を平和にしようなんて絶対思ってないですから、どんなことでもやりかねません。

・・・

・・・

・・・

おらぁ、かかってこんかいっFBIっ!(ベースボールゲームで勝負やっ)

これで暫くして俺が音信普通になったら、”やつら”の陰謀です。

女友達Sさんに山に連れて行かれたって可能性もあるけどね♪

追伸)誤解のないようにしておきますと、9.11で犠牲になった多くの方々には本当にご冥福をお祈りします。問題としているのはこの報復によってさらに多くの罪の無い犠牲者を出していること。本当の黒幕はアルカイダではなく、彼らを動かしているやつがいるのではないか。アメリカの報道を中心としたマスコミを信じてはいけない、という点です。

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

Banner_03_5

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

俺(私)もそう思う、と思った方は上の二つをぽちぽちっと押していって下さい。世界に向けてみんなで叫ぼうっ!

ー<以下は広告>-

2006年8月15日 (火)

オーストラリアのエレベーター

昨日1ヶ月ぶりにエレベーターに乗ったGOです、皆さんこんにちは。

日本なんかでは毎日乗ってましたから、不思議ですね、ここまでくると。

昨日なんて舞い上がって間違えて1階とか押しちゃいましたね。海外では”G”を押さないと地上に出れないのに♪

ブランク感じさせるねw

そういえば、

こっちのエレベーターはよく止まる

って聞いたことがあったんですが、

ほんとです

例えば、今の俺のオフィスのエレベーター2つあるんですが、ここ10ヶ月間、どっちかが壊れっぱなしで1個しか稼動してません。

日本ならすぐ直すのでしょうけど、今故障中の方、4ヶ月たった今も同じ状態です。それがオーストラリアです。

同じビルに語学学校があるのでピークになるとエレベーターの前に長蛇の列が出来ます。5分待ちなんてざらです。

こっちはサイクリング用の自転車で通勤する人も多いので、その中にそういう奴がいるとそいつとチャリで

半分以上のスペース

が占領されますから、急いでる時は分解しろっ、っていいたくなります。

さて、ここからはもっとシリアスです。

2年ほど前に俺の身に起こった実話です。

当時飲食系の仕事をしていた俺は、10階にあるオフィスを出て、すぐに工場へいかないといけませんでした。ところが、エレベーターが下まで行った瞬間、

ガタンっ

って鈍い揺れ方がして止まりました(泣)

・・・

・・・

もちろん開きません(泣)

俺一人しか乗ってなかったんですが、いろいろボタンを押してもダメなので、備え付けの緊急ボタンを押しました。すると電話みたいのがかかって女性の方が出ました。

職員「どうしました」

俺「とじ込められました(泣)」

職員「わかりました。今すぐテクニシャンを向かわせます」

英語なんでテクニシャンに違和感はなかったんですが、今のように日本語と組み合わせるとなんか卑猥ですね。

なんかされそうです♪

ケータイが幸い通じたので、とりあえず急ぎの仕事ということもあって工場長に電話し、事情を話すと

工場長「あ~、閉じ込められましたかぁ~。わかりました、先ほどの件は私の方でなんとかします。私も2年前に閉じ込められましたが1時間以上出れなかったですから」

俺「え♪」

聞き返した時には電話は切れ、疑問と静寂のみ残りました。

社長にも連絡すると

社長「おー、そうか、俺も閉じ込められたぞ。災難だな」

俺「ええ、さっき工場長のKさんも言ってました」

社長「お前当分そこから出れないから、こっちはなんとかまわしとくわ」

俺「え♪」

聞き返した時には電話が切れ再び訪れる疑問と静寂。

オフィスも心配するだろうからオフィスマネージャーにも連絡し、

俺「今、目の前のエレベーターで閉じ込められたから、もし俺宛に電話がかかってきたらよろしく」

オフィスマネージャー「あらら、大変。わかったわ、当分出られないけどがんばってね」

俺「え♪」

・・・

・・・

・・・

不安になった俺は再度緊急ボタンを押すと

職員「どうしました」

俺「いや、もう15分くらい経ってるのでいつくるのかな、と思いまして・・・」

職員「テクニシャンには連絡しました。たぶんそっちに向かってますよ」

俺「どれぐらいかかりますか?重要な仕事があるんですが」

職員「あなたが繋がってるこの電話はシドニーよ。私にはわからないわ。でも連絡はしたから確実に向かってるはずよ。」

・・・

・・・

・・・

でた、無責任オージー(泣)

I don’t know と No worries

ですべてを済まそうとする風土。

普通にそこから1時間経ちました(泣)

緊急ボタンを押すと

職員「どうかしましたか」

俺「いや、まだこないんですけど・・・」

職員「もう少し待ってください。ガチャッ」

・・・

・・・

・・・

切った?

回線切った、今?

切ったよね、切ったよ、今!!!

ありえん、こいつらまじで(泣)

そこからさらに待つこと15分、突然ドアが開きました。

俺の中では開いた瞬間、テクニシャンの皆様とかそこに居合わせた人達に心配されるとのかと思いましたが、

誰もいませんでしたw

普通にエレベーターから降りてます、俺w

カメラとかついてたら、キョロキョロしてる俺、

結構笑えたと思います。

ドッキリにあったのかと思いたいぐらい、わけわかんなかったです。

合計で1時間半待って、普通?、みたいなw

そっちが一番驚きましたよ、ホントw

その後オフィスに電話しても社長に電話しても誰も心配してくれませんでしたね(泣)

日常なの(泣)

ふつうなの?(泣)

渋滞にはまったみたいな感じ?(泣)

エレベーターで人生とかとかについてた俺はなんだったんだろう・・・。なんかタイムマシンみたいのに乗って、どこかに行ってた様な気分でした。

この話を後日オージーの友達にしたら

よくあることだよ

だって(泣)

そうなの?

笑い話のつもりで話したのに、またしてもふつう?

・・・

・・・

というわけで、皆さん、オーストラリアのエレベーターに乗るときは

本を持参しましょう♪

余談ですが、俺は一人で閉じ込められたんですが、ぎゅうぎゅうだったらきついですよね。酸素的に苦しいですよね。

そうなると、

お前さっきから吸い過ぎやぞ

とかケンカになるんですかね。

ちなみにそれ以降、きれいな女性と二人っきりでエレベーターにのるたびに

止まれっ!!

って心の中で叫んでたことは言うまでもありませんw

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

Banner_03_5

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

いつもGOPRA!をご愛読頂きありがとうございます。このまま閉じる前にそれぞれをぽちっと押していただくと、ランキングに反映されます。1読につき毎回ワンクリックずつよろしくです♪

2006年8月11日 (金)

もしもし?

在宅勤務で仕事メール、ブログ、Mixiとネットフル活用なのに未だにダイアルアップ接続のGOです、皆さんこんにちは(泣)

先日在宅勤務に変わったとき、ブロードバンド(ADSLみたいやつ)の契約をしようと思ったんですがテルストラ(日本のNTTみたいなやつ)から連絡があって

あんたんとこは田舎すぎて繋げない

だって(大泣)

いや、そんな直接的な表現はしてないですよ。でも要はそういうことです(泣)

んで、今のままだと時間がかかるばかりか、外線が入るたびにネットが切れます。

特にセールス系の電話が昼間に2、3回かかってくることもあるので接続料も馬鹿になりません。

今日もつないで20分もしないうちに

”ハーイ、おめでとうっございま~す”(全部英語です、もち)

とわけわからんセールスの電話で接続が切れてしまい、なんとかそうならないようにセッティングできないかと慣れないPCを弄りまくってたところ、

・・・

・・・

・・・

ネットにさえ繋げなくなっちゃった(大泣)

いやあん、何しちゃったの俺???

なんか変なことしちゃったのかな???ユーザーネームもパスワードも変えてないのに、

ユーザーネームかパスワードが違います

だって(大泣)

早速テルストラに電話してあれやこれや事情を話したら、向こうでパスワードを再設定してくれて無事接続再開!!

今の俺からネットを奪ったら

社会との接点”0”(泣っ)

危なかったね、俺♪

ちなみにこれ書いてるとき、また電話がかかってきて接続が切れました。

・・・

”ハロー?あなたは マイーダさんのお宅ですかあ??”

・・・

”・・・違います”

といって速攻切りました。

言いたいことはわかりますが、

知人は必ずGOと言います。

ちなみに俺、こっちの仲のいいオージーからは

”もしもし?GO?”

ってかかってきます。

”もしもし”はオージーうけがいいようで、みんな早速使ってくれます。

ちなみに一人だけ

”むしむし?”

って訛ってるやつがいます。

オージー英語は訛ってますが、ここまで訛んなくてもw

さりげなく”へーイ、もしもし、How r ya?”

って返すんですけど、直りません。

先日たまたまメールでも”Mushi、 Mushi Go-san”って送られてきたので”Moshi、Moshi”と頭に書いて返信し、間接的に訂正したつもりですが、相変わらず”むしむし”言ってます。

ははっ、

こまったね♪

・・・

・・・

・・・

・・・

ほんっと、どうでもいい話になっちゃったね(泣)

~GOPRA!からのお知らせ~

GOPRA!外伝も読んでくださってる皆様へ。

忙しくて最近アップしてませんが、週末どっかで書きます。

今すんげーとこでとまってますが、続きがかけないからでは無く、単に小説風に書く時間が取れないだけですw

Banner_03_5

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。気になる方は、ぽちっと押したらランキングが出ます

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ