2007年2月19日 (月)

ああ、月曜日

じぇりーって猫背だな

なんてつくづく思う今日このごろです、皆さんこんばんは。

昨日は姫と半日ぐらい電話しててかなり充実してたね。あと20日だね、ちなみに。

さて、今日は筋肉痛をおして出勤。

いきなりインド人スタッフに

お時間頂けますか?

がおはようの挨拶がわりだったね(泣)

いやね、金曜日彼女にクウエート人の学生の面倒を任せたんですが

めっちゃ大変でした

っていう報告だったんですけど、延々と1時間以上w

しかもどうやら親が本国からついてきてたみたいで、大変だったみたいです。

クウエート支店のスタッフがヒンズー教だったらしく

宗教的差別を受けた

というクレームから始まり、うちのスタッフもヒンズー教なので、それがわかったとたん折り合いがつかなくなったそうな。

ちなみに学生はイスラム教。

延々と宗教対立の話から始まり、文化の違いやらなんやら聞かされました。

・・・

・・・

・・・

・・・

だから宗教は嫌いなんだよ(大泣)

ってかだから対立が起こるんだよね。

まあ、そこを俺が力説しても仕方ないですけど、どうやらこの支店をまとめていくのに

一筋縄ではいかない様子♪

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

いかないね。と思ったかた、上の二つぽちぽちっとお願いします!

<以下は広告>

2007年2月15日 (木)

マルチカルチャー下でのマネジメント

1日ぶりです、皆さんこんばんは。

昨日はバレンタインデーでしたね。そこのブログが空くと

なんか意味深

な感じもしますけど、昨日は帰宅後ずっと姫と電話で話してたのでブログを書く時間がなかったね。

ちなみに13日の夜中、つまり14日の0:00分に姫からバレンタインメールが届いていて

俺って幸せもんだなあ~♪

と思ったね。

痛みの極みだった過去3年間が嘘のようだね。

さて、今日会社に行ったら、インド人の女性社員が

「私、今日誕生日なんです」

とさらりとアピール。

支店責任者として当然何かプレゼントをあげるなり、ケーキを買うなりするべきなんです、銀行の残高は

28ドル

んでサイフの中は70ドル。。

ま、まあでも支店の士気を挙げるためなら・・・と思っていたとき

韓国人の男性社員が

「えっ、そうなんだあ、じゃあ俺たち同じ月だね誕生日」

なんていいやがる。

「(恐る恐る)君はいつなの?」

と聞くと

「10日です」

・・・

・・・

ってことは今日が15日だから、えっと、えっと

先週の土曜日ってことだから

過ぎてるね、うん。

しかもブリスベンに配属されたのは今週からだから

12日からだしね、俺たちのつきあい。

しかし、過ぎてるとはいってもたった5日だし

「残念だったね。すぎちゃったもんね。じゃ君はまた来年ね」

なんていったらせっかく築きあげている信頼関係が一気に膠着状態になりかねません。

もっとストレートにいえば

日韓関係にビビが入るといっても過言ではありません。

しかし一気に二人分ともなると

水だけ飲んで給料日まで迎える姿とかちらつきます、マジで。

そこで二人にお祝いの言葉をたっぷり述べた後、トイレに行くふりをしてオフィスを出て、ケータイからDirectorに電話。

「今日ですね、一人が誕生日でもう一人が10日だったんですよ。なんかケーキとか買ってお祝いをしておげようと思うんですけど、

支店予算で出せますか(泣)」

と単刀直入に切り出す俺。こういうとき英語は楽だね。まわりくどく言わなくていいからね。

すると言ってみるもんで

「一人20ドルまでならOK」

と言われ、心の中でガッツポーズ。

ただし、

「インド人のスタッフの方は、宗教上の理由で菜食主義な上、1日1食だからケーキはやめた方がいいよ」

なんてアドバイスをもらいました。

・・・

・・・

・・・

これだからマルチカルチャーな社員を持つと怖い。

ちなみにお酒もダメなので、

ケーキとビール

とか買ってたらお祝いどころか膠着状態。

ってか今度は日印関係にヒビが入ってたね。

結局二人にはそれぞれ商品券を買ってプレゼントしました。

みんなにも「支店予算だからね」って打ち明けときました。

そうじゃないと未だに経費の処理の仕方がわかんなくて聞かないといけないからね、インド人スタッフにw

異文化といえば、明日アラブの学生が数人大学見学にいくので、インド人のスタッフに任せていました。

彼女は今日誕生日なので特別に早く帰してあげたんですが、最後に

「明日よろしくね」

と声をかけたところ、

インド人スタッフ「もちろんよ。ところで彼らはすごくお金持ちなの。オーストラリアに来れる中東の人は召使だけで5、60人いたりするのよ。知ってました?」

なんて切り出したから、俺も韓国人スタッフも

俺+韓国人スタッフ「へえ~。。。すんげーなあ。でもたしかにそんな感じかもなあ」

なんて驚いていると

インド人スタッフ「そうなの。でね、その召使のほとんどはインド人なの」

俺+韓国人スタッフ「・・・・・・」

インド人スタッフ「私達はパスポートを取り上げられてそれで逃げられないようにされちゃうから一生奴隷みたいに仕えないといけないのよ」

俺+韓国人スタッフ「・・・・・・」

インド人スタッフ「まあ、私はそんな国の人達の面倒を明日みるわけだけど、私は平気よ。だからがんばるわ

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

俺「が、がんばってください(大泣)」

・・・

・・・

文化の違いってすごいですね。

ってか歴史勉強しないとね。

・・・

・・・

・・・

ってか毎日精神的にどっぷり疲れているのは言うまでもありません(泣)

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

勉強せいっと思ったかた、上の二つぽちぽちっとお願いします!

いや、ほんとそうだね。俺は日本、韓国人スタッフは韓国と中国。んでインド人スタッフはインドと中東を主に任せてましたが

そういうくくり方ってあさはかだとわかったね(大泣)

<以下は広告>

2007年2月11日 (日)

火の鳥

皆さん手塚治虫さんの「火の鳥」を読んだことがありますか?

俺は初めて読んだとき

すんげー奥が深い

と感嘆して、2回目に読んだ時も

やっぱり奥が深い

としみじみ感じました。

今回姫と日本に一時帰国した際、KazのPCでDVDを焼いてもらおうとレンタルビデオへ直行。5000円使いましたが半分は火の鳥のDVDです。

「黎明編」「復活編」「異形編」「太陽編」「未来編」すべて俺のためにそろっていたのですべて借りてコピーしました。

今さっき全部見終りましたが

ちきしょー奥が深いっ

って感じです、ほんと。

「現代編」は完成されることなく手塚治虫さんはお亡くなりになられましたが、彼のメッセージは未来編までにすべて語られているといえるでしょう。

何故俺が宮崎駿さんや松本零士さんを始め、この「火の鳥」の熱烈な心酔者かというと、

宗教観、人生観、哲学

が共感できるからに他なりません。

俺も宗教や政治、人生に思うところはありますが、漠然と自分の信念に基づいて生きてます。

「火の鳥」

はそんな抽象的な部分を具体的に表現し、また新しい解釈を発見させてくれるような作品です。

人は永遠の命を求めて火の鳥を捕まえようとする。

しかし命とはもともと永遠なのである・・・

・・・

テーマ壮大すぎ♪

最後の未来編は60億年という月日を生きた人間からみた生命というものの尊さの物語で終りますが、ホント戦争とかしてるアホどもに読ませたい。

各国のアホども、これ日本のアホ政治家も含めてですが、火の鳥を読んだことがある人ってどれだけいるんですかね。

少なくとも教科書や参考書で育ったエリートどもにはぜひ読んでもらいたい。

キリスト教をはじめ布教活動に躍起になっている様々な宗教ヤロウはこれをまず読んでから自分の宗教を見つめてもらいたい。

アメリカが中東に仕掛けた戦いの正しさがなんなのか、これを読んでもう一度考えてもらいたい。

出世欲や金欲しかない人間はまずこれを読め。

出世欲や金欲、本来政治家にはあってはならない気がするのですが、どうしても政治家とイコールなイメージが抜けきれません。

ちなみに火の鳥、NHKが全13話放映したそうですね。

世直しに一役かってくれるといいですけどね。

特に日本は外から観ていても病気ですからね、社会が。

そんな社会にしてしまったのは慣習や歴史、風土もありますけどやっぱリーダーだよね。

結局日本って社会は高度成長時代のリーダー像に引っ張られてるからね。

これは民間も政治も含めてだけどね。特に民間の利益主義はモラルを皆無にするからね。不正という点では民間も政治も同じだけどね。

民間の場合特に、利益を追求するのは当然のことだけど、それだけが目的になると不二家のような事件はあとを絶たないし、実際ほとんどの企業で同じようなモラルの逸脱は起こっていると思います。

それの極端な例が「時間」。もっとわかりやすく言うと「労働時間」。

俺からみたら賞味期限の切れた食材を使うのも、違法に長時間労働を正当化する今の会社、日本社会のモラルの低さは同罪だと思うけどね。

どこを削るかって話だけで、人件費削ればしわ寄せがきて結果的に1日朝から夜中まで働くことになる。

最近少しマシになったとおもいますけど、まだ残業に追われている人って多いとおもいますよ。少なくともここオーストラリアでの日本の企業は、そういう風土をここまでもちこんで正当化してるところは多いです、みてると。

なんか話脱線しましたけど、火の鳥、

ここまで話を広げてくれるほどの秀作。

ってか語りだしたら止まらんでしょ、これみた後。

いろいろ語りましたが、明日から新しい会社に移ってからはブリスベンでの初仕事。

労働時間に対する一抹の不安を感じる今日このごろです(泣)

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

そういうオチかいっと思ったかた、上の二つぽちぽちっとお願いします!

いや、火の鳥見終わったときにはそんなこと考えてなかったんだけどな・・・。ブログかいてたら急に明日仕事だぁ・・とか思っちゃってね♪

<以下は広告>

2006年12月 9日 (土)

ノストラダムス

肉体的疲労がピークにきてるGOです、皆さんこんにちは。

先週から内職してることもあって、目下休み無しっ!

平日も黙々とストラップを袋に詰める姿は

貧乏暇無し状態(泣っ)

今日なんて、一瞬落ちた瞬間があったねw

運転してたらヤバかったね。

そんな忙しい俺ですが、今日は本とか読んだね。

ノストラダムスの伝記だね。

彼と言えば”大予言”ってキーワードでしかしらなかったけどすごい人ですね。

もともとユダヤ人なんだけど時代背景からキリスト教に改宗させられながらも心はユダヤ教・・・。しかしそんなユダヤ教にもキリスト教にも疑問を持ち、自らが信じる神を崇め、というか自らを神と信じ、人のために全身全霊を尽くす。

元々ユダヤ人を守るために法律を学んだけど、友人の死をきっかけに医者を目指し、名医に。

数々の伝染病などの難病を治してきたが、他の人を助ける忙しさのあまり、同じころ伝染病に感染した愛する妻と子供を救えず、悲しみのどん底に打ち拉がれるノストラダムス33歳のころ。

・・・

・・・

・・・

・・・

すんげー人生だわ。

俺、大予言しかしらなかったけど、この人キリストよりすごいね。

所謂宗教とか布教してるアホどもとは違って、本気で病気を治すために土地を転々としてるね。

人に絶対宗教的なもんを押し付けないし、自分の予言に関しても、占い師や霊媒師みたいな呼ばれ方をするのを嫌ってる。

つまり、そういうやつらとは完全に1線を画してるね。

占星術とかもこの辺から生まれてるけど、彼のはまた違うね。

幼いころからキリスト教から差別を受けながらも必死で努力して手にいれた博士号。そしてそれを名ばかりでなく、多くの人を助けることに実践。

現在で使われている多くの治療法の一人者でもあります。

そして他の人を助ける余りに、自分の家族は救えなかった無念さ・・・。

・・・

・・・

・・・

感動したね。

表面的で支配的で排他的な宗教や、まやかしや商売目的の占いとかとはレベルが違うね、この人の信念と哲学。

予言をあてた人ってことぐらいしかしらなかった自分が恥ずかしいね。

久々に影響与えたね、俺の信念や哲学に♪

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

ノストラダムスの生涯を知ってたかたは上の二つともぽちぽちとお願いします。

いや、ほんとすごいっすね彼は。

自分が小さく思えたね。

<以下は広告>

2006年7月 7日 (金)

オーストラリアで禅の心

さっき書いた文章をアップする直前、間違ってキーを押し、全部消してしまったGOです、皆さんこんにちは(泣)

マジ、やる気なくしますよ、俺の30分はなんやったんか、と真っ白な画面に向かってつっこみましたよ。

Deleteの代わりにBackSpace押したらページが戻って、再度ページを戻したらセーブされてなかったからか全部いってもうた・・・。

ある意味こっちがDeleteやんか

何これ、コンピュータ、もっと言えばキーボード考えたやつ。

キーの場所も近ければ名前を紛らわしいっちゅうねん!

とまあ、八つ当たりしてみたものの、無くなった文章は戻りません。

まあ、丁度今日のお話はそんなような話です、はい。

1年ほど前、

禅ガーデンを造ろう!

と決意し、探しまくった末やっと見つけた美しい白い砂。トラック1杯分運んでもらい、3ヶ月かけて広げ、一面真っ白になりました。ためしにレイキをかけてみると、出るわ出るわ美しい曲線。まさにわび・さびを思い起こさせる、日本の美しい文化の集大成。思わず日本茶が飲みたくなりました。

満足感で一夜明け、会社から帰って再び見ると

・・・

・・・

・・・

あれ?

・・・

・・・

・・・

なんで消えてるの?(大泣)

しかもそこにはむなしく隣の猫ちゃんの足跡だけが残ってる・・・※じぇりーは家猫です

週末また線を引き、翌朝チェックすると

・・・

・・・

・・・

今にも消えそうだ(泣)

・・・

そうなんです、この白い砂、人工ビーチなどに使われる代物なんですが、軽いので風の影響で線がすぐ消えてしまうんです。

のりで固めるか・・・

とも一瞬思いましたが、40平方メートルもあるので無理。

そこで放心状態の俺は、しばらくここを放っておき、次の場所を着工。

訪れる友人達、オージーも日本人でさえも皆口を揃えて

でっかい砂場♪

子供いないのに遊び場つくったの?

なんですか、ここ?

と、禅のぜの字も出ず。

ぜんぜん駄目っ(大泣)

ああ、失敗・・・

ビーチバレーコートにしたらいいじゃないですか♪とRyohei。

ありがとうRyoheiちゃん、それもいいね、たしかに、はは・・・。

・・・

でも禅ガーデンなのよ、これ(大泣)

いいのさ・・・たしかに失敗したさ・・・

でも人間は失敗から学び、失敗を活かすのさっ

まさに禅ガーデンにみる俺の人生っ!!

よし、今こそ原点に戻って禅ガーデンを調べよう!! (最初からやれ、俺!(泣っ))

ふむふむ・・・

なるほど・・・

おおっ!・・・

よしよし・・・

GOちゃん、閃きました!!

名づけて

”残り雪と禅ガーデン”~冬の終わりを告げる編~

サブタイトルは余計だが、要は、白い砂も十分活かせる!!!!

一昨日またまたトラック1杯分の砂利を運んだ俺、早速着工。

4分の1を終え・・・

これなら禅とわかるだろう・・・

これで

ミステリーサークル??

とかいう奴がいたら宇宙人にさらってもらうしかねえ・・・

早速写真を撮ってここにアップしたいのは山々ですが・・・

・・・

・・・

・・・

俺デジカメ持ってねえじゃん(大泣)

もっといえば写真機自体ねえぞ。

たしかに俺はあまり写真をとらない・・・

でもこれは残したい・・・

・・・

・・・

よし、完成したらヤロウズとそのファミリー呼んで「禅ガーデン完成記念式典」やるぞっ!!!

みんなカメラ忘れないでね♪

あっ、もちろんデジカメね♪

ちなみに今回俺が調べた禅ガーデンの写真を参考までに載せます。(大仙院、竜安寺、龍源院)

Kyotogardenv02021_1 Kyotogardenv05021_2 Kyotogardenv09911 美しい・・・まさに日本の美

2006年5月 7日 (日)

チラリズム教のお話

週末なのにこんなにPCの前に座っているのはマジ初めてのGOです、皆さんこんにちは。

ありえないっすね、仕事で毎日PC向かってますからね、ブログ始めるまでは週末PC見るのも嫌でしたよ。

まあ、プロ野球のシーズンに入ったらつけっぱなしにはしますが、座りっぱなしってことはなかったですね。

しかも俺、昨日と今日普通に5時間程度、景観造りの時間に費やしてます。今日もシンナーでクラクラっすよ。

その上チラリズム教※1に入信し、他のサイトに登録までしてます。

さらにチラリズム教の教祖サマ※2の日記を読むためだけに入信したはずなのに、

GOPRA!”外伝”※3なんて日記も始めてます(泣)

これ一つでもまわんないのに何やってんだ、俺※4

マジ、パソコンが趣味に全面的に入れ替わってます。この2日間。

こんなにいろいろやって、この週末何を犠牲したかというと

ゲームです、はい

パソコン、ゲーム・・まあ大きく分けたら同じジャンルだし・・

しかし、ゲームの時間も貴重です。今日は夕方からRyoheiん家に招待されてますが、家にあるPS用のカラオケとダンスレボリューション、しかもマットコントローラー持参でいきます。

結局ゲームもするんかいっっ

ほんとは、この週末に野球のアレンジチームつくって、今夜持っていこうと思ってたんだけどね・・・

それで対戦しようって前Ryoheiと話してたし・・・

・・・

・・・

・・・

ってかもはや小学生同士の世界

そんなわけで恋の「ラリー編」、明日に持ち越し決定!!

以下※1~4の注釈

※1・・・チラリズムによって相手に妄想を掻き立たせる。取り付かれた信者はもう一つの人生を一晩かけて描くことになる。

※2・・・先日ある方に、ある招待を受け、あるHPに。チラリズム教だとは知らずにアクセス。そこには教祖サマのお写真が。しかも、篠山紀信でも取れない抜群のカメラワークかつ色合い、そして構成。”もっと写真を見る”と書かれた場所をクリックすると、エロサイトばりに現れる”入信申し込み”の画面。すでに妄想を描き始めていたこともあり、チラリズム教に入信。

でもやっぱり写真はすべてチラリズムだったけどね

そりゃそうよ、チラリズム教なんだからと一人静かにつっこむ。入信したら最後、生活リズム壊れること間違いなし。

※3・・・”GOPRA!”に書けない様な硬派な内容や全く笑えないような話をここで掲載。ってか1回目から”GOPRA!”との区別全くなし(泣)外伝の日記の更新は不規則な予定。無理です、同時に書くの

※4・・・ココログ開始んときに続き、再び”何やってんだ、俺”。またもや無料登録という言葉に魂を売っている。

2006年4月17日 (月)

「3人のレンガ職人」

3人のレンガ職人がいました。

旅人が町を通りかかった時、レンガ職人に話しかけました。

一人目のレンガ職人に

「何をやってるんですか?」と聞くと

「みればわかるだろ、レンガを積んでいるんだ」

と答えました。

二人目のレンガ職人に

「何をやってるんですか?」と聞くと

「壁をつくってるんだ。1時間で5ドルももらえるんだぜ」

と答えました。

三人目のレンガ職人に

「何をやってるんですか?」と聞くと

「今つくっている壁は、素敵な大聖堂の一部になるんだ。俺はそんな立派な建物の壁を任されて造っているんだ」

と答えたそうです。

これも日本時代、兵隊のように働いていた会社の研修で聞かされ”68へえ”ぐらいありましたね。

一人目は目の前の仕事をただ淡々とこなすだけ、二人目はお金のため、三人目はもっと大きなところに目標も持ってその仕事に取り組んでいる、というものでもちろん三人目のレンガ職人みたいになりましょう、という締めくくりです。

この話、実は続きがあって、その後、一人目のレンガ職人は不平不満を言いながらその仕事を続け、二人目はもっと高給取りの仕事へ移り、三人目は現場責任者になって他のレンガ職人の育成をする立場になったとか。

ただ、パラダイム思考ジョハリーの窓ほど刺さらなかったのは、会社がどんな仕事でもやりがいを持って働け、というのが見え見えだったのと、俺の場合、人生の目標を別においていたため、”その達成のために、つまり金のために働いて何が悪い”と感じたからです。

つまり、俺には俺のレンガ哲学がある、都合よく会社には振り回されないぞ、と思いました。※レンガ哲学と言うのもがあるのかは知りませんが・・・

自己目標の実現においてこの会社はプロセスであり、人生のすべてではないという解釈です。

一方で働いている時は勉強だと思って、その仕事の中にやりがいを見つけ働くようにしました。なので職場では三人目のレンガ職人になりきってましたね、実は。なのでこのお話が全く無意味なわけではなかったのです。

でも見せかけだったけどね

つまりレンガを積む意味とかを美しく語り、後輩に仕事の目的を諭しながら、自分はKazと仕事中に焼き鳥屋(いせや)に入り浸るとか、支店周りの振りしてKazと登戸のホームで3時間ビール飲むとか、レンガをほとんど積まずに6年働きましたね。

なので6年かかっても壁すら出来上がらずに会社辞めちゃいましたね、結果的に。

明日は「一人目のレンガ職人の気持ち」をお送りします(たぶん)

2006年4月15日 (土)

日本代表

昨日からイースターの4連休がスタートしました。

家の景観造りに精を出していると、四方八方のご近所さんと会います。

「ハーイ、GO。ゲンキ~??」 (もち英語です)

「まあ、ぼちぼちやってますよ、どうですかそちらは?」 もち英語です)

「ええ、こっちもぼちぼちやってるわ。連休はどこかいくの?」 (英語です、以下省略)

「いや、ずっと引きこもるよ、いつもみたいに」

「相変わらずね~、だってじぇりーちゃんがいるもんねえ、心配よねえ」

「ええ・・・。ところで皆さんはご家族でどこかいかれるんですか」

(以後30分立ち話)

オーストラリアでは話が長い・・・・。

とにかく1回つかまると30分です。

昨日なんて夕方芝刈りをしようと思ってたら、又別のご近所に会って30分

開放された後、芝刈り始めて5分ぐらいで日が落ち、10分後には真っ暗。

全く見えない芝を刈ってる姿は「日本人は夜も目がみえる」と噂されててもおかしくありません。

にしても昨日だけで4組のご近所さんとコミュニケーションをとったのですが、連休なので上記のおきまりの挨拶のあと、みな必ず

「かわいいじぇりーちゃんがいるもんね、GOには」

と口をそろえていいます。

確かに普段ご近所さんとの会話にじぇりーのことは出てくるとは思いますが、中にはじぇりーを見たこともなければ知らない人までそう言います。(じぇりーは家猫で外に出さないので)

その人達から口をそろえて、

「あんだけかわいがってたら、たしかにどこもいけないわよねえw」

と言われる度に

・・・

・・・

・・・

・・・

俺とじぇりーの会話、盗み聞きしてやがる

とわかります。

今日も少しづつしかし確実に

「猫と会話のできる日本人」

としてのアイデンティティが確立しつつあります。

近所の家に遊びに来た家族とも

「隣の日本人、普通に猫と会話している」

となり、そこから噂が広がって。

「猫と会話ができる日本人」

「日本人は猫と会話できる」

変形していく可能性があります。(噂話はほとんどこうなります)

皆さんがオーストラリア、特にブリスベンエリアに旅行にきて、知り合ったオージーに

「へえ、君日本人なんだあ・・・。猫と会話ができるって本当?

と聞かれたら、発端は俺ん家ですw

2006年4月 5日 (水)

イースター(復活祭)

オーストラリアに来てもうすぐ4年、未だにこの国の祝日を把握してないGOです、皆さんこんにちは。

つい先日、同僚の女の子から、

「GOさんは来週の4連休なんかされるんですか??」

と聞かれ、

「4連休あんの?」とちょっとびっくり。

日本向けに仕事をしているので日本のカレンダーは手元にあるのですが、オーストラリアの祝日が書かれてないので、クリスマス以外はいつも直前に知るはめになります。

もっとも予定が入ってない証拠だけどね(涙)

質問に対しては「4連休もあるんならフェンス仕上げちゃおうかなあ・・」と答えたものの、この同僚の日本人の女の子は、自分に予定が入っていて、聞いて欲しいために俺にふった可能性はあります。

なのでここで

「MKっちはなんか予定入ってるんですか?」

と聞かなきゃ失礼だ。

だいたい、この西洋の文化では、”週末どうだった?”とか”仕事どう”という会話のきっかけの後必ず”そっちはどうよ?”(もち英語だが)みたいなお決まりの社交辞令があり、相手に話題をふるのを忘れてはいけません。一種の礼儀みたいなものです。

このMKっちも、日本人とは言え、オージーのフィアンセがいるし、かれこれ10年もオーストラリアに住んでいるので感覚はオージーです。

なので当然、聞かれたら、聞き返す、そうやって本来相手が話そうと思った話題へと話が広がっていくのです。

なので早速、

「MKっちはなんか予定入ってるんですか?」

と聞き返したところ

「特になにも」

・・・

・・・

・・・

・・・

会話終了・・・

・・・

・・・

MKっち、やっぱり日本人

さて、ところでこのイースター、結構つっこみどころがあります。

だって毎年休みの日が違うんだもん。

月末のときもあれば今年みたいに月中もある。もともと日本人になじみのない祝日だし、俺、無宗教だから、なんでころころ変わるかも知りません。

聞けば、お月様の具合によって変わるそうな・・・。

キリスト教の方が多いオーストラリアに住んでるんだからこれを気に知っておこう。

調べると、

ーーーーーーーーイースター(復活祭)ーーーーーーーーーーー

春分の日後最初の満月の、次の日曜日です。復活祭前日までを受難節といいます。受難節は、キリスト40日間の断食祈祷にちなみ、日曜日を除く40日(40日+日曜日6回=46日間)で、受難最初の日を灰の水曜日といい、額に灰で十字架模様を描いたりする習慣があり、罪を悔います。

例えば2006年は
春分の日 3月21日(月)
春分の日後最初の満月 4月14日(金)

復活祭 4月16日(日)
復活祭前日までが受難節。ここから逆算し
灰の水曜日 3月1日(水)
聖金曜日(キリスト受難日)4月14日(金)


ちなみに2007年は

春分の日 3月21日(水)
春分の日後最初の満月 4月2日(月)
復活祭 4月8日(日)

復活祭前日までが受難節。ここから逆算し
灰の水曜日  2月21日(水)
聖金曜日(キリスト受難日)4月6日(金)


復活祭の日は早起きし、良い服を着て、子供たちには、ウサギが様々な絵が描かれた
を持ってきてくれます。
キリスト教国ではこの時期が近づくとあちこちのお店で、ウサギの人形と色鮮やかにぬられた卵が売られます。
しかしキリストの復活とウサギや卵がどのように関係があるのでしょうか。

ゲルマンのEostreあるいは各地に同様なAstarte / Ischtar / Inannaなどの名を持った類型がある( さかのぼればギリシャのアフロディーテ、ローマのビーナス)、豊穣の女神(春の女神)との関係に触れなければならないでしょう。
これらの多くが
ウサギや卵と共に描かれています
Eostreは月のウサギを伴いこのウサギが良い子に卵をもたらします。
また卵は神話的な意味において、宇宙の根源とも言われています。宇宙は卵から生まれ、殻の上半分が天になり、下の部分が地になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・

・・・

・・・

全然わかんねえ・・・

まあ、とりあえず祝日で4連休かあ。

イースターを調べる前に、MKっちが

「そういえばカレンダーに書いておこうっと♪」

といいながら祝日を書いていたので、横にいって自分のカレンダーに書き写すと、

「なんだか私カンニングされてるみたいですね♪」

といわれ、幼いころの苦い思い出にトリップ

小学生のころ、たしか2か3年生のころカンニングをして、先生に職員室に呼び出され、しかられたことがあります。

職員室に行くまで何も思い当るふしがなく、なんで呼び出されたのかわからないままでした。

先生のところにいくなり差し出されたのは、漢字の小テストの答案でした。

「これは君のだろう?」

やさしく問いかける先生。

確かに、見覚えのある字だ。

紛れもなく俺のきたない字だった。

ところが腑に落ちない点がある。

なんで名前のところに「竹内加奈子」って俺の字で書いてあるんだ?

不思議だ・・・。

・・・

・・・

・・・

先生「お前、となりの子の答案書き写したろ、答えどころか名前まで丸写ししやがったな。あきれたよ、先生は」

・・・

・・・

・・・

・・・

ああ・・・あきれたよ、俺も・・・。

自分の名前ぐらい自分で書こうよ、GOちゃん。

いくらなんでも最初からやる気なさすぎだろ、小学生の俺。

・・・

・・・

それからというもの、テストの時は集中してまず自分の名前をかく習慣がつきました。(当たり前ですが

ああ懐かしかった・・・ちなみに女の子の名前は仮名です。覚えてません、でも苗字はあってたかな・・。

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ