« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月24日 (金)

シュールな体験

ちなみにこないだみた夢なんですが、すげー怖かったんですがなんかシュールだったんですごく記憶に残ったんですよね。

ほんとどうでもいい話ですがw

なんか嫁と一緒にどこかのオージーのホームパーティみたいなのに呼ばれて知らない人たちと団欒してたんですよね。

ま、でもよくわかんない人たちだったんで、さあ帰ろうか、ってな感じになったんですが、すごくまわりが親切にしてくれて、なんか気がついたらひきとめられるような感じになってまだ飲んでたんですよね。

そうしたら、だんだん夜もふけてきたかな、と思ったときに事態が急変。

いきなり変な雰囲気になったかと思ったらさっきまですごくいい人たちだったのに、いきなりバンパイヤになって俺達におそいかかってきたんですよね。なんか俺らみたいな一般人も他にいたみたいで、悲鳴を上げながら逃げまどう人たちとかで、いきなりすげー地獄絵図と化したんですよね。

とりあえず嫁を守ろうと必死に逃げながら戦っているときに、

そういやこいつらって十字架に弱いんじゃなかったっけ?

ってふと思って、そしたら白い棒が2本あったんでそれを十字にかざしたんですよね。

するとやっぱバンパイヤってひるむんですね!効果てきめんでした。

急にあいつら怖がり始めて後ずさりを始めたんで、逆にこっちからどんどん十字をかざしながら追い詰めていくと、やつらいきなり溶けるようにやられていくので(それもかなり気持ち悪かったんですがw)どんどん倒していったんですよね。

もうこうなると夢の世界なんでバンパイヤと戦っているというより途中からゾンビが敵になってるんですよね。

そのゾンビを溶かしまくってやっと全滅させて嫁に

「マジやばかったな、早くここから出るぞ!!」

って彼女の腕をつかんで逃げようとした瞬間嫁にガブッって思いっきり首をかまれて

うわっ、嫁すでにバンパイヤ(=ゾンビ)にやられてたんかいっ、ってつっこむ間もないぐらい一瞬のことでショックだったんですが、

愛する嫁がゾンビになっちゃんだったら俺も食われるしかないな、とかなんかすげーシュールな気持ちになって、噛まれても意外に痛くないもんだな、ああこれでどんどん意識がなくなるのかな、とか思いながら、嫁の思うままに噛ませてやりました。

んで目が覚めて一瞬混乱したんですが夢だったんだ、とほっとしたんですよね。

痛くないはずだ、夢だもの。

いや、ほんとどーでもいい話です。

なんかタランティーノの映画、「フロム・ダスク・ティルドーン」のような急な展開で、途中からはバイオハザードそのものだったんですよね。両方が混ざった感じなんですが、夢の中でもガチで怖かったですよ。ほんとこんなとこでやられてたまるかっていう気持ちで一杯でしたよ。逃げても逃げてもおいかけてくるし、他の人は食われてるし。

十字架マジ使えました。棒が2本あったらいけます。みんなも焦らず代用できるものを探してね。

そういえば最近ちょくちょく「ゴルフいきたい」って言うたびに嫁から頭とか首とか噛みつかれたんでそれが夢に出てきたんだと思いますが、嫁がやられたんだったら俺もゾンビになるしかないというシュールな愛情を体験できました(苦笑)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ