« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月 2日 (火)

パプアニューギニアのタクシー

前回そういえば血液検査をしに行ったとこまで書いて忘れてましたw

またまたパプアニューギニアに出張に行ってたこともあって、来院が伸び伸びになってたんですが、5月に入って確認しにいったら

コレステロール値が高い

という結果でした。他は大丈夫だったようなので結構飲んでても大丈夫なもんだなと、とりあえず一安心しました。

にしても40超えてからというもの、たしかに腹まわりはやばくなっていく一方・・・。ゴルフ始めたとはいえ、ゴルフやってる人って結構太ってるよね(泣)

とは言え、できることから始めようと思い、仮にカートを使ってても荷物置きぐらいに考えてなるべくコースを歩くようにとかしてます。

あ、全然話変わるんですけど、パプアニューギニアの出張、ポートモレスビーの滞在なんですが、危険が多いので(大泣)、基本ホテルから出歩くこともないし、出るときは必ず送迎車なんですよね。

ところが前回の出張、中学までその国で育ったいわゆる地元民と一緒だったんで、初めて外出する機会がありました。

ちなみにパプアニューギニアのタクシー、基本ボコボコに凹んでたり、フロントガラス割れてたり(泣)、バンパーやミラーが無かったり、地元の人しか乗れないような代物なんですよね。何回か襲われた感、ハンパないんですよね(泣)

そんな前回、その地元出身のスタッフが、中学ん時の連れと飲みに行くことになったんで、俺も誘わました。ま、こんなことでもないと外出できないんで、一緒にいくことにしました。

その連れがホテルまでタクシーで来たんですが、やっぱりボコボコに凹んでるんですよね(泣)

ま、近くショッピングセンターにあるバーに行くことになったんですが、モールの駐車場の入り口の警備のすごいこと。

んでショッピングセンターの建物の入り口には空港にあるのと同じセキュリティーセンサーが(大泣)

そんなにやベーのかよ

ショッピングセンターん中入るとまあまあ小奇麗なんですが、ドーナツ屋さんの前にもセキュリティーが立ってたり、なんかやっぱオーストラリアとかにはない緊張感がありました。

ま、そん中気持ちよく飲んでショッピングセンターを後にし、タクシーに乗り込んだですが、フロントガラスめちゃくちゃに割れてて(大泣)、よく運転できるな、ってなぐらいな視界の狭さでしたがなんとか無事ホテルまで戻って来れました。やっぱ地元の人間と行動すると安心ですね・・・。

ちなみにホテルに入るときゲートがあって3人の門番がいるんですけど、開け閉めの合間をくぐって一人の男が走って入ってきたと思ったら4人組の男がさらに追いかけてて、ホテルのロビーでつかまえて俺らの目の前で殴り合いが始まりました(大泣)

ホテルのスタッフが数人がかりで外に出したんですが、門番のやつらってただ門を開けたり閉めたりするだけかよ。あいつら普通にそいつら通してましたからね。ケンカもただ見てましたからね・・w

門番が全く当てにならないことが判明した事件でした(苦笑)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ