« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月31日 (木)

二週間が経って

41年半生きてきた人生で最も悲しい出来事が起こってから二週間経ちました。

最初の2日これまで生きてきた中で一番泣きましたが、火葬のスイッチを自ら押してからは比較的泣いてません。特に天国のふもとにある虹の橋で愛猫ジェリーが幸せに過ごし、いつかくる俺自身の死を迎えるとき、再びそこで抱き合い、一緒に天国へいけると思うようにし、その間俺の流す涙で凍えるような雨の中でつらい思いを愛猫にさせてはなるまい、と思いきかせ、なんとかギリギリのところで踏ん張ってるかな。

それと、変にいないと思うより、自分の中に生き続ける感覚があっていいし、家のあちこちに見えるジェリーの愛くるしい姿を無理やり掻き消したりせず、むしろそこにジェリーの魂がこだまのようにあると思ってその姿を受け入れ、話しかけたり微笑みかえすことで、かえって楽になりました。

やっぱ現実を無理やり受け入れるようなことは精神的に無理なので一緒にいつもいる、と思うようにしてます。

ジェリーの爪や毛をお財布にいれて持ち歩いているせいか、外出時も一緒な感じっすね。
家猫なんでいろいろ見せてあげれてよかった、みたいな感じで。その方が気分が穏やかっす。

それと、自分の死とか、そんなことはあんま考えたことはなかったんですが、いつか死を迎えることがあっても、ジェリーに逢える、と思っているので体が死ぬことに対する恐れみたいのはないっすね。もち命は大事にしますけど。

何十年かして、このブログを読んでる仲間の中で俺が死んだとき立ち会うことがあったら、ジェリーの灰と俺の灰を一緒に墓に入れて欲しい。

なんてことも考えるとずいぶん楽かな。

兎に角愛猫にはまだ暫く虹の橋のふもとでのんびりしててもらうことになるけど、愛猫の分まで、これまで以上に自分の人生に悔いがないように精一杯頑張るか!

2013年1月29日 (火)

偶然なんだけどね

前回のブログで書いた、「雨降り地区」で愛猫じぇりーに寒い思いをさせては絶対ならぬ、と決意し、泣かないよう1週間がんばりました。

すると丁度我慢し始めてから1週間が経ったころ、2年前を思い起こさせるような大雨に見舞われました。道路の一部は閉鎖、公共機関に大幅な乱れも出ましたが、今日は天気が回復してるので無事会社にいきました。(その大雨も週末の3連休に集中しました)

単なる偶然ですけどすごく実感があります。向こうの世界で降らせなかった分、こっちに来たな、と。

3連休、そんな天気だったんで日曜の午後を除いて家でじっとしてましたが、いつも以上にじぇりーの魂を傍で感じました。家のどこを観ても、ぶひーっと眠そうな顔でこっちを見る愛くるしい姿が浮かび上がり、あらためていつも一緒にいるんだな、と感覚的にかわります。

なのでなんとか乗り越えれそうです、じぇりーのためにも。

2013年1月23日 (水)

虹の橋

昨日、友人の一人から「虹の橋」のお話を聞いていろいろさらに検索したところ、すごく共感できたのでここに共有します。

考え方、捉え方は人それぞれだと思いますけど、俺にとっては愛猫じぇりーの性格を考えるとすんごくしっくりくるんですよね。火葬のスイッチを自ら押した後、すっきりした気持ちになって今日までなんとか保ってますが、正直、結構ギリギリの線でがんばってる自分もいます。

そんな自分にとって、この「虹の橋」の第三部、”雨降り地区”のお話は結構ささって、(家猫の)じぇりーが雨に当たって寒い思いしたらかわいそうだな、と心底思えます。

じぇりーが幸せに、虹の橋で俺を待ってくれている、と思えたら愛くるしく思え、悲しみのつらさ以上に、これまで一緒に過ごしてきた思い出を大切にしよう、と思えるようにがんばれる自分がいます。

このお話の作者は不明なようで、なんかの宗教に帰依したお話でもないようです。もともとは英文で世界的に訳されているものらしいです。それを和訳したものを下にコピペしたので、もし同じようにペットを亡くして半端ない悲しみと戦っている方の助けに少しでもなれば、と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「虹の橋」

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
・・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。


「虹の橋のたもと」

天国とこの世を結ぶ橋がある。

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。
大切な動物達は、死ぬとその場所へ行くのです。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かいまるで春のようです。

歳をとって、からだが弱っていた者でも、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていた者は、元どおりの健康な姿になる。
そして一日中いっしょになって遊んだりしている。
だが、橋のそばにはみんなと様子が異なるものもいるのです。

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちです。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
とても悲しげに眺めているのです。

彼らには特別なだれかなどいない。
生きている間、そんな人間は誰一人現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらに誰かが立っているのに気づくのです
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。

生きている間、彼は動物と暮らしたことがなかった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのです。
そんな彼がポツンと立っていると 、愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろうとそっと近づいてくのです。

すると、なんと不思議な事が・・・・・・・・・。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こるのです。
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切な動物として。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになるのです。

そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れる事は無いのです 。


第三部 雨降り地区

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。



死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

亡くなった仔達は常に湖の鏡にて、残してきてしまった我らを優しく見守っていると思います。

<以上Yahoo!「知恵袋」より抜粋>

2013年1月22日 (火)

愛猫じぇりー逝く

しばしの高カロリー食が起爆剤のようになって、家中をパトロールできたり少し元気になったようにみえた愛猫じぇりーでしたが、16日の夜容体が急変し、日付けが変わった木曜日の17日、深夜2時前ごろだったか、永眠しました。

血液検査では現れない病と闘っていたのだと思います。少しでも他の飼い主さんのお役に立てれば、と思いましたが参考にならなかったかもしれません。

今まで俺自身、41年間生きてきて、一番、最もつらい出来事で、悲しくて悲しくてどうしようもなかったんですが、遺体に金曜日の夕方まで付き添って、火葬場まで自ら運んで最後の火葬のスイッチも押させて頂いたので、なんだか納得してそこから落ち着きました。

おそらく、去年の7月末にじぇりーの行方がわからなくなり、38時間後に無事見つかったとき、「もし、将来じぇりーに何かあっても、家で看取れるなら」と覚悟が決まったのと、じぇりーが俺が帰宅するのを待って深夜逝ってくれたこと、そして最後見送るまでの過程が自分の納得する方法だったこと、などから安堵感が生まれたのだと思います。

そもそも俺は宗教は信じてませんが、手塚治虫さんの「火の鳥」のような輪廻転生はあると思うので、また来世でじぇりーに逢えると確信してます。人の死だと49日っていうのをよく耳にしますが、7日間毎に試練を乗り越え、49日を過ぎて天国へいくという風に理解してます。そもそも人の場合だと生前に犯した罪などが関係してくると理解してますが、

愛猫じぇりーに犯した罪はない

のであまり試練的なものが待ってるとは思いたくないけど、ご飯と水だけは上げ続けたいと思います。高カロリー食余ってるんでがっつり栄養つけてもらいます。

ただ、愛猫じぇりーの性格を考えると、自分では動けずじっとしてそうな気がします。言い換えれば同じ場所で俺をじっと待ってる気がします。なので49日は節目の一つとして考え、自分の命が絶えるまではサポートしなきゃな、と思ってます。

時間の感覚はきっと違うので、自分にとってこの先何十年あろうが、愛猫はじっとそこで待ってるような気がします。そしてそこでじぇりーを抱いて、一緒に天国まで行く、そんなイメージです。

それとじぇりーの毛や爪を財布に入れて持ち歩いているせいか、外出してるときも一緒にいる気がします。魂がずっと自分と共にあるというか。

悲しい気持ちが完全になくなるまではまだまだ時間がかかると思いますが、じぇりーと出会えたこと、一緒に過ごせたこと、そしてこれからもずっと関わっていけることを幸せに思います。

命日は1月17日で”いいな”と読めます。がんばって日付けを超えてくれたので、愛猫の気持ちだと思って、毎年この日を迎える度に”いいな”と思える人生を送っていられるようにします。

2013年1月14日 (月)

愛猫、便秘になる

さて、愛猫じぇりーのUpdateです。

高カロリー食に切り替える前から若干便秘気味でしたが、いよいよ4日目を迎えたあたりから焦りが出ました。4日以上の便秘はじぇりーにとって初めてのことです。

そこから愛猫のお腹を「の」の字にマッサージをしたりツボを刺激したり、食事にティースプーン程度のExtra バージンオリーブオイルやオーガニックの豆乳を混ぜたりしましたが、すぐに効果はなく、なんと1週間が経ってしまいました。

そんな今朝、会社に行く前に動物病院に電話して相談したところ1週間の便秘は危険なので連れてくるよう言われ、朝9時20分に予約を入れました。

ちなみに高カロリー食を与えてから家をまたパトロールできるぐらいにまで体力は復活しました。体重に関しては2.7まで上がったものの(運動のせいか)また2.5まで下がり(泣)、今では2.6キロです。焦らずいきたいと思います。

9時15分になったのでじぇりーを捕まえようと家の中を探していたところ、珍しく客間に。

病院に連れて行くのはかわいそうですが、腸閉塞とかになったら大変なので泣く泣く抱きかかえようとしたところ、その横にコロっとした黒い”うんち”が

臭いも新鮮だったので明らかに直前にした感じです。うんちがやっと出た興奮に包まれつつ、すぐに病院で電話を入れ事情を伝え、キャンセルしました。

愛猫、よっぽど病院に行きたくなかったな

ちなみに他の場所にもうんちが落ちていたので、うんちの大捜索をしたところ、固いのが3個ほどありました。粗相をしたことは全く問題ではなく、兎に角うんちが出てよかったです。一杯褒めてあげましたが、ここでうんちをしたことを褒められたと思わないか若干心配っすw

高カロリー食だと繊維質がc/dに比べて少ないんでしょうね。これからも便秘には気をつけながらお腹のマッサージ等々していきたいと思います。体重はもっと増えることを期待してますが、焦ると愛猫に負担をかけそうなので、無理をしない範囲で強制給餌を続けたいと思います。

2013年1月10日 (木)

愛猫じぇりーの体重を増やすプロジェクト

今朝愛猫が玄関で「行かないで」アピールをし、真剣に会社を休もうかと思ったGOです、皆さんこんにちは。さすがに泣く泣くどいて頂いて出勤しましたけど(苦笑)

10012013

さて、ここ数日にかけて猫の体重を増やすためにいろいろ調べました。折角なんで出来る限り情報を共有します。基本的な考え方はどのペットでも一緒だと思います。

ちなみに前回の記事とかなり内容が重複しますが、もっと細かくいきます。

繰り返しになりますが、”食べる量”よりも”カロリーの摂取量”の方が大事だ、と痛感しました。

まず、犬・猫の1日あたりに必要なカロリー計算の方法として、このリンクを使いました。

http://www.npf.co.jp/cal/catcal.html

じぇりーはもうすぐ14歳で2日前までは2.5キロしかなかったので、1日に必要なのは150カロリーとなります。これはあくまで体重に対する目安ですが、増やそうと思ったらさらに高カロリーにしないと効果がありません。

じぇりーは膀胱炎を再発しないように、Hillsのc/dという特別療養食をドライフードメインで10年食べ続けてますが、これが缶詰タイプだと1缶あたり156gに対し、172カロリーなんですよね。ここ2ヶ月ぐらいはドライフードの食べる量も減り、缶詰も1日では食べきらなかったので体重が減るのは当然でした・・。

今回は体重を増やす、ということに重点を置くようお医者さんからもいわれ、Hillsであればa/dを薦められましたが、実は高栄糧食にもかかわらずカロリーそのものは一缶あたり166程度。つまりc/dとそんなにかわらないし、むしろ低いのでもっと食べさせないといけないってことになります。c/dに比べて柔らかいので食べさせやすいのが○です。

シリンジを使った強制給餌、という方法を取ってますが、水分で溶かさないといけないので量が増えて、中々3回にわけても上げきれないんですよね。強制、と言ってもじぇりーが嫌がったらやめてるので。

ちなみにロイヤルカナンの”犬猫用退院サポート”も高カロリーで、100gあたり113カロリーなので170gだと192カロリーになります。a/dもこの退院サポートのやつも水に溶けやすいのでシリンジでも食べさせやすいです。

なんとか1日1缶与え続けたところ、なんと昨日、体重が2.5から2.6になりました。ずっと減り続けていたので”初”の上昇です。

これまで”愛猫が自分で食べているから”と、様子を見ていましたが量が十分でないうえ必要なカロリーが取れてませんでした。

そんな中、じぇりーをよく知るお医者さんが、取り寄せてくれたもっとも高カロリーな缶詰が昨日の午後病院に届いたので会社を早退して取りに行ったのは言うまでもありません。ちなみに日本ではあまりなじみがないみたいですが、ユーカヌバの”犬猫用栄養アシスト”っていうやつで、なんと100gで197カロリー、一缶(170g)で334.9カロリーもあります。

言い換えればこれ1缶の半分程度でa/d1缶並みのカロリーが取れます。もちろん水に溶かしやすいのでシリンジで与えやすいです。昨日の夜から与えてますが、早速今朝、2.7キロまで体重が回復してました。

もちろん前提として血液検査で特に異常がないこと、というのがあります。他の病気があって、あげてはいけない成分もあるからです。

まだ足はふらついてますが、ゆっくり増えていくのを理想としても今月中に一つの段階として3.5キロぐらいまで体重が戻ってくれれば前の様に元気に家の中をパトロールしてくれるかもしれません。

”行かないで”のアピールにせよ、ここんとこずっと部屋でじっとしてた愛猫が部屋が出てる姿は頼もしいです。

2013年1月 8日 (火)

愛猫じぇりー ふんばりどころ

実は愛猫じぇりーの調子がここ1,2ヶ月ぐらいよくなくって仕事どころじゃないっす。

症状としては体重が4キロから2.5キロまで激減しちゃって歩くのもふらついたりしちゃってます。

左目の除去あたりから体重が少しづつ落ち始めてたんですが、11月末のあるときを境にご飯を食べなくなって、1日2、3回吐いたりしたので病院に連れて行ったところ、血液検査では特に異常が見られなかったんですよね。それはそれでグッドニュースではありました。

先生と話して回虫がお腹にいるかもしれない、ってことで処方薬を飲ませ、暫くして嘔吐は止まり、若干ですがご飯も食べ始めてくれました。ところが体重は減る一方で、ついに3キロを切ってしまったので、いろいろ自分でも調べたところ、一日に食べる量とカロリーが十分でない、ということで動物病院の先生が薦める高カロリー食を食べさせることにしました。

しかし、それでも食べる量が十分でないため、強制給餌という最終手段を取り、シリンジという注射器みたいなやつにペースト状の療養食を吸引して、じぇりーの口に入れる、という感じで1週間ぐらい上げ続けてます。

じぇりーは膀胱炎を患う可能性があるので基本的にはHillsのc/dという低カロリー食がメインでそれと併用させていたせいか、十分なカロリーが取れず、結果的に体重が増えていない、という判断。

先生曰く、今は体重UPを最優先に高カロリーのものを上げ続け、尿チェックの際に異変を感じたらすぐにサンプルを持っていく、ということにしました。

なので今日からは暫くHillsのa/dという「衰弱時・回復時」をターゲットした療養食を与えてみます。ちょっと前は、ロイヤルカナンの「退院サポート」っていう缶詰をあげてたんですが、すごくあげやすかったです。在庫切れでなくなっちゃったんでa/dを試してみます。

さらに高カロリーの缶詰があるとのことで、今日先生がオーダーしてくれたので今週中には届くと思います。

なんか心配でいろいろ検索してたらいろんな方のブログとかが参考になったんで、自分も少しでも同じような方の役に立てれば、と情報を共有していきたいと思います。

結構おれ自身凹んでますが、そういう心境を猫は敏感に察したりするわけで、なので家では普通に話しかけて、ポジティブな感じを保つようしてます。

同じように苦しんでる方、がんばりましょうね。ま、一番戦ってるのは猫自身なんでがんばってサポートしていきましょう。

2013年1月 2日 (水)

明けましておめでとうございます!

皆様明けましておめでとうです。

なんだかんだで新しい年が明けましたねぇ~。

2012年を振り返ると、はっちゃけた1年でしたが今年は落ち着いた1年にしたいっす。

今年も皆さんよろしくです!

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ