« アバラいった | トップページ | Gozzに競技用マフラーぶちこんだ »

2012年8月28日 (火)

ガチで死にかけた

人生いろいろありますが、昨夜、これまでの人生の中で一番やばかった瞬間を体験しちゃいました(大泣)

友人でもありサッカー仲間でもある大ちゃんのサプライズパーティがValleyの居酒屋で昨夜開かれました。

月曜にね

いや、きついですよ。仕事の疲労がボディブローのように来始めたところに月曜からいきなり飲み会ですからね。しかも今年だけで何回サプライズに絡んでんねん、欧米かっ!、と思わずつっこみたくなります。

まあ、平日は仕事以外ではでかけない俺ですが、大ちゃんの誕生日(31の大人だけどな)とあれば、ちょっくら顔を出さないわけにはいきません。

睡眠不足も続いていたのですが、みんなで飲み始めるとテンションもあがり、別グループの方々との親睦、つまりつがれれば飲む、という流れで結構飲んじゃいました。

しかも元来人見知りなので、無意識に飲むことで緊張を和らげようとしちゃいました。

車をMoorookaの駅に停めてあったのでそこから運転することを考えると、途中から飲むのを抑え一次会でサクっときりあげて帰りました。

が、事件はその後起こりました。

田村ご夫婦に駅まで車で送ってもらい、そこから自分のGOZZ(Go's Jazz)に乗り換え運転したんですが、高速に入った瞬間にクルーズコントロールをONにし、速度を制限速度の90キロにロックしたんですよね。

そこからはハンドル操作のみになる上に11時過ぎで車が一台も走ってなく、なんとなく眠気に襲われました。

やばくなったら停めて寝よう、と思いながらまだがんばれるな、と運転を続けていると、

ドタドタドタドターーーーーーーーっ!!

という激しい音と同時にフロントガラスには異常な光景が

次々と雑木林をなぎ倒しており、フロントガラスにガンガンぶつかってきます。

反射的にハンドルを切って道路に戻ったのはいいが車が暫く安定せず、何が起こったのか整理できないままあっけにとられました。

そうです、一瞬居眠りをしてしまい、中央分離帯にある雑木林につっこんで目を覚まし、命からがら道路に復活してたんです。

ちなみに走行車線を走っていたので、90キロのまま追い越し車線をまたいでつっこんだと考えるとマジ恐ろしいです。

車道に戻ったとき前後には車がいなかったので巻き込まなくてホントよかったんですが、ガチで死ぬところでした。

暫くして中央分離帯はコンクリにかわるので、雑木林を走っているとき目の前がコンクリに変わってたら即死ですよね。もっといえば、つっこんだのが雑木林で助かったんですが、すでに分離帯がコンクリだったら大事故になってます。命が助かる保障はないです。

さらに恐ろしいのは走行車線から左側にそのまま流れてた場合。高速の出口をしきってる場所もあるんでそこにノーブレーキでつっこんだら即死。角度が悪ければ横転どころか空を舞う可能性もありました。

マジ猛省です。

待ってる愛猫がいるし、ガチで自分を責めました。

疲労+睡眠不足+アルコール

これだけの条件が重なって運転すれば、いくらアルコールが自分の許容範囲内でも自殺行為に近いです。今考えても眠くならないはずがない。

幸い誰も巻き込まず、車は傷だらけですが、自分を守ってくれました。不幸中の幸いで、もっと言えば神がかり的に自分は助けられた、生かされた、と感じました。

そんな幸運に感謝し、今後一切このようなことがないよう誓います。

ちなみに車は破損。自走はできるもののマフラーのパイプは完全に折れ、あちこちから異音が出ます。GOZZすまん。俺を守ってくれてありがとう・・。車の下に挟まってたエグイ枝の大きさと量がそのすごさを物語ってました。。

« アバラいった | トップページ | Gozzに競技用マフラーぶちこんだ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ