« 自分に麻酔かけた | トップページ | スカイプすげー »

2011年9月16日 (金)

真夜中の珍事

昨日の晩もいい感じで麻酔が効いたみたいになって10時前に眠りにつきました。金曜は遅めの出勤なので、まあたっぷり寝ようと思いながら肘枕で寝てる愛猫を見つめながら幸せに眠りに落ちたんですが、真夜中に

ぴっ

という音で起こされました。最初気のせいかな、と思ってたんですが、10秒おきぐらいに

ぴっ

って鳴るんですよね。しかも結構でかい。

寝ぼけてるので眠くなるんですがまた一定の間隔で

ぴっ

ってなるんですよね。この感じ、思い出したね。

スモークアラームの電池切れの音だね(泣)

電池交換してください、っていう警告のために

ぴっ

って鳴るんですが、いずれ電池がなくなったら鳴り止むかな、と思いがんばって寝ようと思うんですが、

ぴっ

と鳴るたんびに五感がどんどんさえてきます。この高音、すんげー不快指数を上げるように作られてます。

しかも確実に間隔狭くなってるし

加えて寝室が玄関の隣で、そこのアラームが鳴っているのでかなり響くわ気になって寝れないわ。ちなみに夜中の2時でした(泣)

仕方なく肘枕で寝てる愛猫をどかせて起きましたよ、ええ。

ただ、玄関の天井がすんげー高く、はしごがないと届かないんですが、なんかガレージに取りに行くのは面倒。

カウンター椅子に乗ってみましたが、くるくる回るので乗った瞬間曲芸みたいになって落ちそうになったので降りました。こんなんで死んだら痛すぎる。

そこで食卓の椅子を4つ並べてその上に脚立を置いてぎりぎり届く範囲でがんばってみたんですけどうまくカバーが外れずごちゃごちゃやってたら根元から外れちゃいました。天井の破片とか頭からかぶったね。

んでまだ天井からぶら下がってるこの本体のカバーをあけないことには電池が外せないので構造をみると横んとこに”ドライバーを差し込んで押し開けてください”みたいなことが英語でかかれてます。

ドライバーを探してまた登って差し込むとちょっと太すぎて入りません。細いマイナスドライバーを探したんですが、家の中には無かったのではさみを代用しますが危ねえ、危ねえ。指とか切りそうになります。

ってか完全に目覚めたよ(泣)

曲芸やった瞬間に覚めたけどさ、もう椅子運んだり何回もドライバー探したりさ、おまけになんとかカバーを外したけどさ、あの消しゴムみたいな電池を交換しようと家ん中探しましたけど在庫切れ発覚(泣)

こういうタイプのって家にないよね。忘れたころに必要になる典型的なサイズだよな。あのボタンのやつもそうだけど。仕方なくあきらめたんですが、よくできれるね。心臓ぬかれてもまだ

ぴっ

って鳴るね。そういう構造なのね。

寝室から一番遠い客間の布団の中にぶちんで部屋のドアを閉めたのは言うまでもありません。

危ない思いもしたせいか五感が冴えてきて、しばらく寝付けなかったのも言うまでもありません(大泣)

タイミング悪っ

« 自分に麻酔かけた | トップページ | スカイプすげー »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ