« 贅沢な二元中継 | トップページ | またしても人生初挑戦したぜ »

2011年8月12日 (金)

赤座布団

えっとさすがに体に限界が来て、昨日しんどかったので早退して、今日は休みをとって家から仕事しました。寒かったんで、こたつにずっと潜りこんでメールチェックしたり仕事の電話とかしてました。さらに母親が送ってきた「志ほ万」っていうお饅頭と、日本茶飲んでますからね、完全に日本です、俺の部屋。

そんな中、明日は土曜日ですが仕事にいかないといけないので昼寝したりしてなんとか体力を戻しつつあります。

最近、高3の同級生とFBで繋がったこともあり、なんかふと思い出したんですが、高校って進学高だったんですけど俺めっちゃ成績が悪くて、赤点を高2と高3の時にとったんですよね。3回目でアウトだった記憶があるのでリーチだったはずです。

ちなみに教科は世界史と日本史。

いずれもテストの後、親切な先生方が補講とかしてくれて、なんとか赤点にならないように追試験までしてくれたんですが、それでもおそまつな結果だったので、赤座布団と言われた、「3」という数字の下に赤い線が通信簿についてたのを覚えてます。多分この赤座布団って学年で1年に1人出るか出ないかって話だったような気がします。2年連続で俺かよ。

先生も自分の生徒から赤座布団を出したくないので一生懸命おしえてくれていたんですが、あまりに俺が出来ないので

「なんでお前は勉強しないんだ?」

ってそれぞれの先生に同じように聞かれた覚えがあります。

なのでぞれぞれの先生にこういったのをはっきりと思えてます。

「俺、過去に興味ないんで」

歴史から学ぶとこは多いぞ、とかうんちく言われてもね。年号とか名前とか覚えても意味ないっしょ。

いまでこそ歴史もんの本とか映画とか好きですけど、やっぱストーリーじゃないとね。なんか世界史とか日本史のテストって暗記が多いじゃないですか。

なんで俺がこいつらのことを覚えなきゃいけないんだよ・・・しかも当時の本人に聞いたら「そこ、微妙に違います」って内容ばっかだろ。

っていうのが根本的にあったのでやる気が起こらなかったのよね。年数とかどうでもいいじゃないですか。どういう因果関係で歴史が動いたのか、とかそういうのは興味が沸きますけどね。だいたいね、歴史って残ってる書物を書いた人の主観によるしさ、本当のところわからないじゃないですか。

と、いうようなことは歴史の先生には通じるはずもなく、

さらっと赤い線引かれました(泣)

« 贅沢な二元中継 | トップページ | またしても人生初挑戦したぜ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ