« 自分の身は自分で守ろう! | トップページ | メロディーが与えてくれるもの »

2011年4月13日 (水)

日本人としての誇り

「われわれは日本に騙されていた」

悲しいですが、こんな見出しがオーストラリアを含め、海外で見られます。

これはもちろん原発をレベル7に上げたことに対する反応ですが、当初から日本政府により原発に関する重要な真実が隠蔽されてきた、という内容で書かれています。

つまり、日本人はもう信用できない、ともとれます。

悲しいですが、今の政府が国の看板しょってるわけですが、その自覚が足りないので、世界から、あたかも日本人すべてが隠蔽体質にあるかのような見られ方をしている、ということも当然気づかないでしょう。

海外にいる俺に出来ること、それは日本人として誇りも持って生きること。そして日本人の代表として気合入れて舐められないように”社会”という戦場で戦い続けること。

そういう日本人が海外では沢山います。

これからさらに一層の気合を入れて、日本人としての誇りを持って、ここオーストラリアという地で母国を想いながらがんばり続けます。

傷つけられたプライドは、実力と行動で取り返すしかありません。

« 自分の身は自分で守ろう! | トップページ | メロディーが与えてくれるもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ