« メロディーが与えてくれるもの | トップページ | おかえり »

2011年4月19日 (火)

消費税増税案に物申す!

消費税の引き上げって本来経済がかなり上向きの時にやって、福祉とかそういうためにあてていくもんだと思います。

消費税って一律だから、所得のない人、低い人、かなりお金持ちの人、所得の高い人が、消費をする段階で同じように搾取されますよね。

今回の復興に向けて、日本経済へのダメージを最小限に止めながらやっていかないといけないのに消費税上げてどうすんの?と言いたくなります。

しかも3%上げれば、消費税からの税収入が3%上がる、というものではないですよね。もし消費が冷え込めば、税収入は減りますし、さらに経済が悪化すれば全く効果がないってことにもなりますよね。単に失業者を増やし、犯罪件数が増えるだけかもしれません。

それに、まさか被災地、被災者から取るわけではないと思いますが、じゃあ、どうやって被災地、被災者を定義づけていくのか、ってのが難しいと思います。ってか今の政権でそんな定義づけは無理でしょうね。すると被災者も消費税を負担するはめになるかもしれません。

じゃあ、復興のための税金収入を上げるためには、

1:どうやったら無駄を省けるか

2:負担増に耐えられる体力がある企業、所得層はどこか

ってことじゃないですかね。

ちなみに1であれば、例えばですが、国会議員の定数削減、復興以外の公共事業のコストの見直しとか、どうやって税金の支出を抑えていくか、ってことですよね。例えば公務員が使っているコピーの紙1枚にしたって、どうやってコストを削減していくかっていうことで支出はかわりますよね。民間の企業とかって実際そうやって日夜生き延びてますから。まあ、あとは脱税への検挙を強化するとか(そういえば前総理は脱税してましたね)、ことも手当てを不正に受け取ってる外国人とかの摘発とか、兎に角、年金も含めて税金の不正受給の撲滅を達成するぐらい徹底的にやっていいと思います。

んで2に関しては言えば、ある一定の利益や利益率を維持できてる企業への増税(もっと言えば、今回の震災によって勝ち組に回った企業は必ずあります)、そしてもともと高所得層は高い税金を払っていますが、かれらにさらに所得税を課税したところで、明日の衣食住に困るとは思いません。

経済が悪化し、失業率も増えると最低限の衣食住を確保するのも大変な方々が急増すると思います。消費税の増税はそのさらなる引き金にもなりますし、消費を抑えようとする動きにどんどんなるので税収入自体の見込みが外れると思いますよ。

復興のため、という名目で間違った舵取りをすれば、国民は飢えます。

ちなみにここオーストラリアの消費税は10%です。生活していて、特に高いとは思いません。その分、福祉などで還元されている、と体感できる部分もあるからかもしれません。

日本も高齢化社会ですし、5%より引き上げてもいいとは思いますが、タイミングは非常に大事で、今は最も上げてはいけないタイミングだと俺は思います。

今、国民は少しでも復興の手助けをしたい、と思っているので消費税の引き上げには声を大にして反対する国民は少ないのかもしれません。むしろ、仕方ない、と受け入れようとする風潮にあるのかもしれません。

しかし、それは危険です。たしかに手助けの精神は必要です。でも消費税は”手助けが出来る少し余裕のある人”だけではなく、”手助けが必要な人”にも圧し掛かります。手助けが必要な人は被災者だけでなく、日本中のいたるところにいます。職のない人、事情があって働けない人、会社の経営が思わしくない人等々。

国民目線っていうのはこういう人達の目線にも立たないと、正しい政策は出来ませんよ。

このタイミングで3年間も消費税を引き上げれば、弱者は耐えられません。お金のある人、ところから税金をもらいましょう。

« メロディーが与えてくれるもの | トップページ | おかえり »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ