« 原発放射能漏れ、各個人で対策は今からやっておく必要あり | トップページ | 3つのプレートと余震の関連性 »

2011年3月15日 (火)

想定外を想定する

人間の心理として、例えば東電や政府の見解として、想定内になんとか収めたい、と思うのは当然だと思います。

ところが少しづつ確実に”想定外”のことが起こりつつあります。

直前にパニックにならないために、この想定外、という状況下を覚悟して準備、対策をしておくことはすごく大切だと思います。

今回の災害に限らず、例えば出張先や旅行先のホテルで必ず非常口を意識的に確認し、火事などがあったときの脱出経路をイメージしておくとか、高速道路を走っている時に「あのトラックのタイヤがパンクするかもしれない」と警戒しながら追い越しをかけるか、などなどちょっとした「かもしれない」感覚は日ごろから大事だと思います。

そのことによって事故を回避できたり、比較的落ち着いて対応できたりします。

今、一番を気をつけなければいけないのは;

1:大規模地震(余震)

2:原発の事故の悪化

だと思うんですが、日曜日のブログで放射能に対する対策は書きましたが、もし原発で今度さらに”想定外”のことが起こり、大量の放射能が放射され、風向きが自分達の方向に向いていたとした場合、例えば上空で10メートル/秒の風が吹いていたとすると、

1秒=10メートル

1分=600メートル

1時間=36キロ

となり、例えば300キロ離れたところに住んでいても

約8時間ちょっと

で到達することになります。実際地上レベルの風速は3~5m/秒だと思いますけど、上空はもっと早いですよね。

仮に放射能が来ることがわかって、家でしっかり対策をしていても、そこに

直下型の地震

がくるかもしれません。こう考えると、放射能の危険性を承知で外に避難しないといけないかもしれません。そのときになって、長袖の服や帽子を探したり、マスクをひっぱりだしてもパニックになってますからそう簡単には見つかりません。

でもある程度、最悪な状態をイメージするだけでそれに備えて「こうしておこう」「これをここにおいておこう」とか考えて、そのように準備もできると思います。

災害のときはこれぐらい考えてもOKだと思います。

余震が減ってきたから、という根拠で大規模地震の確率を下げた情報を見ましたが、正直そんな予想は全くあてにならないと思います。

あくまでもいつまたでかいのがきてもおかしくはなく、内陸で起こっていることも考えると、この地盤の不安定さが他の要因を誘発することもあると思うので警戒は絶対必要です。

« 原発放射能漏れ、各個人で対策は今からやっておく必要あり | トップページ | 3つのプレートと余震の関連性 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ