« ブリスベン、Ipswichの道路状況 | トップページ | ブリスベン、Ipswich、道路だいぶ開通 »

2011年1月14日 (金)

Translinkの洪水の影響に関する最新情報

Trankslink, のWebなどはこの辺に住んでいる皆さんならご存知だとは思いますが、このページに最新情報が載っています。タイトルか、リンクのどちらかをクリックしてください。

「クイーンズランド南東部のバス、電車などの洪水に関するUpdate」

http://www.translink.com.au/travel-information/service-updates/bulletin/1294949792

Cityは今だ停電が続いているのでオフィスは今日も閉めてますが(ビル自体が閉まってます)、週末なんとかIpswich HighwayのOxleyのあたりの通行止めが解除されたらMoorookaから電車に乗ってCityへいけそうです。

水はひいてきてますが、水の下に沈んでいた町や家が浮き彫りになってきたので被害状況がさらに生生しく映像で伝わってきます。

そんな中、12月末のブログに書いたガレージの天井の落下の件で進展がありました。

あんときはかなり凹んでました。築2年で天井がおちんのかよ、みたいな思いとか年末なので誰にも連絡がとれないもどかしさとかね。12月に続いた大雨による浸水が原因でしたが、年があけてビルダーとずっとやりとりをしていました。

当初、家が完成してから12ヶ月以上経っているからあなたが入っている家の保険で直して、と言われ完全に頭にきて責任者にかわってもらって直接交渉。1週間かかってやっと、

「ならとりあえず人を送るけど、もし建物の欠陥でなければ我々の責任ではありません」

と1歩前進。人が来ればこっちのもんで被害状況とその原因を目の当たりにすればこれが単なる事故でないことがわかります。にしてもここまでのプロセスが結構ストレスで、写真も撮って送っているのに何故すぐ納得してくれないかフラストレーションがたまっていました。

そん中やっと、今週の火曜日の朝に連絡があり、

「では木曜日の午前中に人を手配したので必ず家にいてください」

と連絡をもらい、木曜日に休みをとろうと考えている直後に洪水警報(泣)続いて避難勧告(大泣)

ドタバタで時が過ぎていくのはご想像にお任せしますが、昨日の朝、混沌した状況の中で電話がなって、

「Bobだけど、そこの地域は平気か?」

と連絡があり、Bobっていう友達いたっけな?と思いながらも

「心配してくれてありがとう、このエリアはドライだよ」

と伝え、たしかにGoodnaが水没しているので皆心配してくれているんだなあ、と思いながらもBobって誰だ?と探っていると、1年前のInspectionで来てくれたビルダーの人だったことが判明。

Loganから有料道路→Springfield Lakes経由がドライということを調べてくれて、昨日の朝、アポ通り来てくれました。

人に会ったのが久しぶりな感じがしたので嬉しかった上に、普段怠け物のイメージがあるオージーですが、やるときはやってくれます。

Inspectionを終えて、「これは弊社で直します。でもこういう状況だから人の手配などでかなり時間はかかります」と言われ、当然の結果ですがすんごく感動しました。

お互い洪水状況の情報交換をし、命があることに感謝し、わざわざ調べてここまで来てくれたことに感動し、たっぷりとお礼を言いました。

年末の豪雨で、雨が玄関の正面からほど垂直に降ったときがあったんですが、その時に想定外の状況で水が入り込んだようです。

たしかに今までの豪雨でこんなことはなかったし。

そしたら今朝、7時ごろ玄関が鳴ってたたき起こされ、いきなりしらないおじさんが立ってました。

「屋根の穴をふさぐよう昨日連絡があり、緊急で直しにきました」

とのこと。昨日の今日で来てくれたことにまた感動しました。しかも今こんな状況なのに。

もちろん天井は破壊されたままですが、とりあえずさらなる浸水を防ぐための措置を至急行なってくれたことになります。

年末、マジでGOPRAをガレージで寝かせておくか熟考しましたけど、俺なりに調べてガレージのシャッターとかさらなる被害を食い止める一時的な措置をほどこし絶対大丈夫と判断したのでGozz共々、ガレージで寝ててもらってました。

この間かなり不安はあったし、洪水のことがいきなりあって天井の落下どころではない被害状況をTVでみながら半ば自分のことは諦めていましたが、人の温かみに触れることができました。

にしても通常はこの構造で浸水することはありえない、ということ。たしかに同意。それぐらい激しい横殴りの雨が数日続いた、ということの証明で、結果的に12月から降り続けた雨とあいまって今回の洪水を招いてしまった、ということになります。

あらためて今回続いた豪雨が尋常でないことを語っています。

幸いブリスベンは火曜日の夜から比較的晴れが続いていて、1974年の水位をかろうじて下回った、ということになりました。もし雨が水曜日も木曜日も降り続いていたら、と思うとおそろくなります。

では皆さん、水が引いた今も緊急以外は外出せず、水に入らないようにしましょう。細菌とかマジでやばいです。

« ブリスベン、Ipswichの道路状況 | トップページ | ブリスベン、Ipswich、道路だいぶ開通 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ