« 頼もしいぜ、じぇりー | トップページ | またやっちまった »

2010年1月28日 (木)

猫 突発性膀胱炎

愛しの姫がブリスベンに戻って1週間近く経ちます。早いっすね。その間一気に夏が加速し、真冬の日本から帰ってきた姫は暑さでまいってますが、愛猫じぇりーは完全夏バテで食欲がなくなり一気に痩せました(泣)

ああ、僕ちゃんもういっぱいいっぱい(大泣)

いろんな意味でうわ~ん(激痛)

本人元気はあるので数日様子をみてたら昨日から姫が家で付き添ってることもあってガッツガッツ食べ始めてくれたのでとりあえず一安心。

ちなみに今回のタイトルのキーワード、昨年じぇりーが膀胱炎になったときに俺が頻繁に検索したワードです。同じ悩みをお持ちの方がこのキーワードで検索した場合、お力になれれば、と思い書いてます。

突発性膀胱炎は、猫ちゃんがストレスをうけて2~3日後に発症し、ストレスの原因を取り除いたりすることでさらに5日~7日で自然に治る、といわれています。うちのじぇりーはまさにこのパターンでしたが、年末年始に頻繁に起こるようになりました。

ストレスの原因と考えられるものをできるだけ取り除いても再び繰り返すので、生活習慣を見直すと、ドライフードが一つの原因かな、と目をつけました。ちなみにうちのジェリー、雄猫(去勢済)で今年の5月で11歳です。3歳のときに膀胱炎をわずらい、以後獣医さんの勧めでアイムスのLowPhのドライフードをその後の7年強与え続けてました。

昨年末の突発性膀胱炎と判明した時も、なんとか水を飲まそうといろいろ工夫しましたが膀胱炎の症状が中々消えないため、同じアイムスのLowPHの缶詰を与えたところ、前回19日に書いたブログの通り、無事ガツガツ食べてくれ、おしっこもでかいのが出る上に回数も激減し、効果はすぐ表れました。

ちなみに突発性膀胱炎が続いてたときは、1日14回前後のおしっこで、塊になるおしっこの大きさも小~中が主。一回のトイレに座ってる時間も長めでした。データーしっかり取りました。

缶詰のLowPhに変えてからは、1日3、4回のおしっこに戻り、さらに大のみです。ガッツポーズが続きます。

マジ、神の缶詰としてケース買いし、さらに1ケース注文しました。

猫ちゃんのストレスなどが原因と思われる突発性膀胱炎で悩んでる方で、ドライフードを与えてる方、ぜひ試してください。

ただ、問題が一つ。

いい感じで膀胱炎も治ったし、歯の健康のためもあってドライフードを平行してあげようと姫が一粒ずつ口までもっていくと、以前口にもしなかったのにパクっ、と食べてくれるのはこれまたガッツポーズ並に嬉しいんですが・・・

・・・

・・・

・・・

ドライフードの噛み方忘れてやがる(泣)

缶詰と同じように食べそうとするから噛めずに落としまくってます。”カリっ”、ていこうよ、”カリっ”、て。ああ、愛しのジェリーよ、こればっかりは自分で思い出してくれ。口の中の動き変えなきゃ。あと力加減ね。難しく考えないでさ、本能でいこう、本能で(泣)

« 頼もしいぜ、じぇりー | トップページ | またやっちまった »

「ペット」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ