« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月29日 (水)

時系列に見る矛盾点

愛しの姫の父君がマニラに戻られてから早2週間ちょっとが経ちました。

そういえば丁度ブリスベンに来られた初日、つまり3週間ほど前ですが、姫の大学が終わるのが遅かったので、仕事を終えた後父上と二人で先に家に帰りました。

家に着くなり、「広い家ですね~」と関心してくださったお父様、狭いワンルームで生活していた状態だったら別の印象を与えたに違いありません。だいたい”ワンルーム”って聞こえも悪いですよね、一人暮らしならまだしも。 ”俺の大事な娘と同じ部屋で寝てるのかっ”という思いは全世界のお父様共通のメッセージだと思います。

そういう意味では幸い昨年の暮れから新築に移り、寝室も4部屋あるし玄関に入った広い間取りの印象も含めて安心感があったに違いありません。

姫との寝室は玄関入ってすぐ右のところにあるのですが、当然そこはスルーし、キッチン、ダイニングなどを通ってお客様の部屋にご案内します。廊下に出ると他にも2部屋あり、まだ床も引いてないし物置状態なので軽く見せて、お父様が泊まられる部屋へご案内するとすごく気に入っていただけました。がんばって直前まで床貼ってたかいがありますね。

んで姫を迎えに行くまで時間があるので父上とリビングでまったりしていると、

「ところでGOさんはどこで寝てるんですか?」

と聞かれたのであそこの部屋です、と玄関の方を軽く指す程度で説明しました。

するとお父様の頭の中で

この家=4ベットルーム(A)

自分の寝る部屋=(B)

まだ物置き状態の2部屋=(C)

つまり、A-B-C、すなわち4-1-2=1部屋

となるわけで、その1部屋は先ほどの会話からして俺が寝ている部屋になるわけで、自分の娘が普段お客様の部屋で寝てない限り、俺と一緒の部屋で寝ているという事実をあらためてつきつけられた、という瞬間でもあるように感じました。

その証拠に会話がストップ

ま、なんとか話をづらし、姫を駅まで迎えにいく時間になったとき玄関の横の部屋をじぃーっとみつめて固まる男性が1人。

じぇりーが出入りするためドアは開けてるので薄暗く中は見えるのですが、かえって見せた方が無難と判断し、

「どうぞ、見てください」

と電気をつけたところ、そういえばピンクっぽい電飾だったね(大泣)

痛恨の判断ミス

寝室といってもコタツやテレビもあるし、シャワーやトイレもあるのでちょっとした広い空間を伝えようとしたのですが、ピンクというか赤っぽい電飾の下で会話する父上と俺の空気はかなり微妙。いっそ薄暗いままの方がポジティブな微妙さだったに違いない。

「あ、もう出ないといけませんね」

と巻きで玄関に戻ったのは言うまでもありません。

それからというもの、出かけるたびに玄関の横の部屋を

じぃ~

と見つめるお父様の姿があったのも言うまでもなく、そんなことを全く知らない姫は普通にしてましたけどね。ま、2年も一緒に住んでることは父上も承知、というか公認なので今さらではあるのですが、部屋を目の当たりにするとそりゃ微妙だね。

駄目押しで、姫が撮ったケータイのデジカメの写真を大画面テレビで再生して観てるとき、ベットで一緒に姫とじぇりーが寝てる愛苦しい姿が。でも同じベットで同様にじぇりーと写ってる俺の姿あり、パンツでコタツに座ってテレビ見てる姿あり、一緒に住みだしたのは2年前のはずなのに、それ以上前から家のソファーやダイニングでくつろいでるお互いの姿ありで、時系列を計算したら疑問だらけのスライドショー。

ああ、写真の下に日付でるのね

性能いいね(大泣)

2009年4月17日 (金)

文化を理解しよう

我がオフィスは国際色豊かなのは今さら言うことではないのですが、スタッフのバランスもさるながら、このお店にこられる方々も超多国籍です。

日々、世の中では様々な問題が絶えないですよね。例えば先日の北朝鮮のミサイル問題をはじめ、中国のチベット問題、インドとパキスタン、そして中東の自爆テロを始め絶えない内戦・・・。

そんな中、うちのオフィスでも日中韓の問題が世の中で浮き彫りになるために、そりゃ微妙。支店のリーダーとして気を使います。パキスタンの学生が来店したときもそりゃなんとなくみんな気を使ったりします。

そんな中、中東からの留学生が近年増えつつあります。中東と一言で言っても、UAEやサウジ、クエートの人々はお互いに微妙な対立意識があったりして、まさにアジアと一言で言っても日中韓を始め、みな違う民族であることに変わりなく、中東も例外ではありません。

但し、文化の違いと言うか、仕方ないとは思うのですが、ぜひ中東の方々に控えて欲しいことがあります。

オフィスで突然お祈りするのは止めてもらえますか(大泣)

いやね、”お祈りさせてください”、と一言いってくれればいいんです。みんな心構えができますから。それに敷物をおいてお祈りする場合も、みんな敷物を出した時点で”ああ、お祈りの時間なんだな”と心の準備ができるので問題ないのですが、背負ってたリュックサックを突然置いて

アラーjbnaya bna'jruttiiaycrtybrtrizジハードarundyyrtrx

とかいきなり始められるとオフィスの全員が固まります。

しかもつぶやき気味でね。

皆さんもよくご存知の自爆テロ。自爆の前に必ずお祈りするんですよね。24の見すぎかもしれませんが、事実なようです。それを知ってか、カウンターに座ってたインド人スタッフを始め、オフィスにいた数多くのインド人達のお客さん達がその場で凍りつきました。水を打ったように静かになりましたね。

意外と一歩も動けないものね、みんな

いや、俺も近くでその様子をみましたが、

マジでなんかやるかも

と思いましたよ、一瞬。

その様子に気がついたお祈りをした本人、10人近くが固まって彼を見つめていたので思わず

「な、何か?」

とつぶやきました。

みんな、取りあえず何事もなかったように動き始めましたが、インド人スタッフの1人が、

「いやね、いきなりリュック置いてお祈りしたからびっくりしたのよ」

とそれはまた間接的なような直接的なような説明をしたところ、

「ああ、すいません・・。でも僕の国ではいつでも感謝のお祈りをするんです。皆さんにとっての挨拶みたいなものです」

・・・

・・・

みな心で「違うって」とつっこんだに違いありません。挨拶ならハローぐらいにしてください。

ちなみにこの学生、オフィスを出る前に、感謝をこめてお祈りの言葉をつぶやいてましたが、絶対微妙だよ、君。すごく微妙なオーラが出てるって。

いや、文化の違いを理解するのは大変です(泣)

2009年4月14日 (火)

イースター明けました

イースター明けの出勤です。ちなみに姫君の父上、昨日マニラに帰られました、豪雨の中。

しかしすごかったね。記録的な雨が降りましたよ。家の前の坂を滝のように水が流れてましたから。天然のWaterfallで癒されました。

今回姫君の父上と同じ屋根の下で5日間暮らしましたが、やはり親子だなあ、と何度も感じる一面が。

例えば、

よく寝るね

ほんとよく寝る。木曜日の初日は夜中の2時半まで自宅のカウンターバーで飲んでたので、そりゃ金曜の朝はゆっくり起きてきて当然ですが、俺は8時半には起きました。ずっとゲームしてたけどね。

姫は10時半ぐらいに起床。んで父上は11時半になっても起きてこられないので、死んでるんちゃうか、と心配した姫が一応部屋をノック。無事生きてました。

その後の土・日・月も、ゆっくり起きる姫と同タイミングでご起床され、おはようございます、とリビングに来るタイミングは親子でドンピシャ。間違いない、同じ血流れてます。

今回のご滞在中は、どちらかというと姫と俺の生活に合わせてもらったので、買い物行ったり、家の作業を手伝ってもらったりしました。

土曜日の夕方、3人で土掘ったり埋めたりしてましたが、父上かなり無理をされてるご様子。案の定夜9時にご就寝され、朝はこれまた姫と同じで10時前に起きてこられました。

俺はこの間も1人で早朝から家の作業をしてたりゲームしたりしてとにかく体を動かしていたんですが、昨日の夜シャワーを浴びる前に体重をはかったら、

人生最もヘビーな状態タイ記録(大泣)

WHY?

なんで??

マジ?

そんなに食ったっけ?飲んだけど。でも動いてたし。

なんでMAXタイ記録なん??減っててもいいぐらいだよね?

こんなんじゃヘビー級まっしぐらですよ。

自分の体が理解できん(泣)

2009年4月 9日 (木)

父上ご到着

今朝姫の父上がブリスベン入りしました。ちなみにご到着時間が早朝だったので、

オプション1:カフェで時間を潰して頂く

オプション2:いつも8時ごろにくるインド人スタッフにオフィスに入れてもらいオフィス内で待って頂く

姫の学校が朝9時からなので、通常は8時半にはCity入りする俺らでしたが、なにせ姫の用意に時間がかかるのでそれ以上早めに家を出るのは難しいため、上記の様なオプションを提案をさせて頂きました。

前日オフィスを出るときにもこのインド人スタッフに念を押すため、

「明日、8時ごろオフィスに姫の父上が来るかもしれないからウロウロしてるアジア人を見たら声をかけてオフィスに入れてあげるように」とお願いしてました。ちなみに彼女はいつも8時前にはきます。

すると今朝、8時半すぎにオフィスに向かっているとき、父上がぽつんとバス停の椅子でお待ちではありませんか。

・・・

・・・

どうやらインド人スタッフ大幅に遅刻(大泣)

そりゃ8時ごろオフィスに電話したけど誰もでなかったよ。でもトイレかなんか行ってると思ったよ。連絡してね、遅れるなら。まじ頼むよ。社会人なんだからアータ。

しかもオプション2をご選択され、オプション1に移行せず頑なに固持されていたご様子(泣)

ま、そこはなんとか切り抜けましたがあと4日ありますからね、

ネタの匂い今からぷんぷんします♪(音符ね、音符

2009年4月 7日 (火)

文化の違い

まず、非常に個人的な連絡をこの場を借りてさせて頂きます。

愛しの姫が、以前お母様に「”ルパンVSコナン”録画して!!」と懇願していたのは記憶に新しいんですが、俺もルパンファンだし、コナン君も観てたので姫と二人でその話で盛り上がりました。ファンならではの期待感、というか、ま、姫と話広がったね。アニメ強いからね、俺も。

さっきこのブログ書く前に姫の4月3日付けのブログhttp://yaplog.jp/kokoro_haru/を読んだところ、

”ちゃんと親が録画をしてくれたので”

というくだりがあったので「よし!」とガッツポーズを心でとった俺でしたが、その続きに

帰国時の楽しみになりました♪

って、おい、俺見れないの?(大泣)

あんだけ盛り上がったじゃん、2人で(泣)よく母上から箱が届くけどその中に入ってたりしないわけ?(泣)姫の次の帰国っていつよ?

お願いだからお持ち帰り下さい、こちらまで(泣)

俺もみたいもん。

さて、話はガラっと変わります。

先日うちのオフィスのインド人スタッフからレストランディナーの招待を頂きました。今月末に、インドで結婚するんですが、ブリスベンにいる会社の同僚や友人を招待して出発前のお祝いをする、というもの。ちなみにデイナーは先週の土曜日の話です。

ちなみにうちのオフィスにはフルタイム5人、パート一人、カジュアル3人で

インド人3人、韓国人3人、中国人1人、んで俺と姫の日本人2人です。

自分で言うのもなんですが、この国籍バランスの中でよくやってます(苦笑)

さて、昨年インド人スタッフをめぐってはすったもんだがありましたが、今ではすべて水に流し、チーム一丸となって日々精進してます。

そんな中、スタッフの1人が結婚する、という朗報に加え、みんなで祝おう、みたいな機会なので、もちろん快諾して、姫と出席する旨、すぐに返事しました。

実はこのスタッフこそ、すったもんだがあった張本人なので、政治的観点からみてもこのパーティに参加してこそヤフーのニュースにも

GO,一部スタッフとの関係完全修復へ

みたいにのるぐらい大きな起点の一つとなります。節目みたいなもんね。コメント荒れそうだけどね、実際ホントにニュースに載ったら。

コメント1位:auoxxxさん。「GOってなんか腹黒いイメージあるよね。”そう思う8635点””そう思わない56点”」みたいに。きっと、一生懸命”そう思わない”を押してる自分がいそうだぜ。56回連打した時点で指つってそうだけどね。そういう状態だね、さっきのは。

さて、大事なポイントですから文化の違いなどで失礼がないようにしっかり準備しておかないといけません。

幸いうちにはさらにインド人スタッフがさらに2人もいるので”プレゼントはどんなものがいいのか””服装は避けたほうがいい色などあるか?”など事前に情報収集しました。

ちなみに3人のインド人スタッフは兄弟のようにつるんでいるので情報は確実です。

服装は本人にも聞いたのですが、フォーマル、とのこと。プレゼントは高いものである必要はなく、二人が使えるもの、とのこと。なるほど、日本とさほど違わないですね。

ま、レストランということだし、ひょっとして結婚する二人が全額負担するかもしれないのでそれなりのプレゼントを差し上げるのが望ましいかな、と思い、姫と二人で手に入りにくい日本式のきゅうすとかのセットを選びました。

さて、先週の金曜日、オフィスを出る際、スタッフのみんなに

「じゃ、明日レストランでね!」

と声をかけると韓国人スタッフのJ君は

「あ、あの・・僕は息子を遊園地に連れて行く約束をしてて・・あ、あの誕生日なんです、息子の・・」

な、なるほど。たしかに招待状も1週間切ってたし、お子さんの誕生日なら仕方ないね。ちなみに中国人スタッフは休暇で帰国中なので、あらかじめ欠席は決まってました。あとの韓国人のカジュアルスタッフの女性2人には招待状も行ってないので

支店責任者である俺と、そのパートナーである姫、んでインド人スタッフの二人とそのそれぞれのパートナーで参加、と思い、そのインド人スタッフ2人に、

「んじゃ明日な」

と声をかけると

「あ、私は用事があっていけないの」

その奥にいたもう1人のインド人スタッフも

「私も用事があるの」

・・・

・・・

君ら普通に他人?

兄弟みたいにつるんでなかったっけ?あれ?おかしいな。みんないかないの??(大泣)

マジっすか?

いやね、そりゃここ日本じゃないから俺も義理だのなんだの押せないけどさ、出席しようよ、できるだけ。俺らだけ??マジ??

わかったよ、支店代表でいきますとも。ってか代表者だし。

ちなみに土曜の昼間に、「店に確認したらカジュアルな服装でもOKです!」と未来の新郎から連絡が。

そんなこといったって、どうせ彼らはインドの民族衣装みたいので着飾るだろうし、カジュアルな服装といっても失礼にあたるかもしれないので保守的にスーツでいきました。ネクタイもして。

そうしたら、時間通りにレストランにいくと未来の新郎新婦がお出迎え。

・・・

・・・

ってか君、ポロシャツのジーンズ??

奥様の方は民族衣装だけど。

あれ???ま、いいけど。ちなみに奥様の同僚の方々は一応スマートカジュアルでした。さすがに彼女の職場の責任者(オージー)は俺と同じスーツ。よかった、感覚が同じで。

にしても自分だけポロシャツとジーンズって浮いてるぞ、未来の新郎。

一緒にきてる君のお友達と同じでんがな。

ちなみに招待状の写真はレストラン風ですが、実際の場所はスポーツパブ。料理も飲み物もすべて自分達でオーダーしにいく方式です。夜用のフードコートです、いわば。

最初、みんななんか運ばれてくると思ってたからおなかグーグーいわせて座って待ってたね。

そしたら未来の新郎が

「おなかすいたね、さ、料理を頼みに行こう」

と立ち上がった時点で全員が、「やっぱり自分でオーダー制」ということを再確認。

ちなみにこの二人、みんなのためにガーリックトーストやらシャンパンやら多めに注文してもって来ました。なんとなく日本人気質な感じが伝わってきて好感が持てるんですが、

先に言おうね、みんなに。

普通にグラスでシャンパンオーダーしてきた人もいるし、自分でガーリックトーストを注文した人も1人や2人ではありません。

かぶりまくりだよ。

後手後手ですわ。

最後ガーリックトースト持て余してましたよ、各席で。

2009年4月 2日 (木)

4月1日の追い記事

自分で3月26日に書いたブログのタイトルを

お客さんさまのへや

と読んでしまったGOです、皆さんこんにちは。あんときは”お客さんよう”のつもりで書いたんですが我ながらわかりずらっ

さて、昨日の追い記事です。

まだ読んでない方はこちらのリンクをどうぞ

タイトル「エイプリルフール」

えっとですね、あの後また例の現場に戻ったんですよね。

ってかトイレ行っただけだけど。

そうしたらキレイになってました、あの鉄アレイ型うんこ。

しかしながら、少しずつ水の中で溶解されるような代物でもないので掃除のおじさんがなんとかしたに違いありません。このおじさん、この辺に毎日いるので顔もよく知ってますが、驚いただろうね、さすがに。砕いて流したのか、はたまた引き揚げて燃えるゴミとして出したのかは不明ですが、もっと言えば燃えるのかさえ不明。それこそ鉄のように益々固くなる可能性もありますね。

にしても世界基準のトイレで流れないうんこってどうよ?

どんだけでかいの生産してんの、しかも体内で、って話ですよね。かなりのお相撲さん体系だと想像しますけど、にしても肛門、損傷の可能性大ですよ。ま、そんなことはどうでもいいんですけどね。ただ、

規定以上のうんこはお持ち帰り下さい

とかにしないと掃除するほうはたまんないね。

もしくは、

入室前に少しおなかを下しましょう

とかね。本人の健康にもプラスですよ、きっと。怪我の防止に繋がります。

もちろん流れないうんこを防止するための注意書きですが、

出してみないとわかないとこがみそだよね

いけるかも、ってみんな思ってるはずだから。

2009年4月 1日 (水)

エイプリルフール

うちのオフィスって日本で言う一階店舗にあるんですが、店舗の中にトイレがないので共用なんですよね。たまに混んでたりすると、わざわざはしごしないといけない時もあります。

今朝、そのトイレに足を踏み入れ、大便用の個室が空いてたのでそこに入り、さらに閉じられた便座を挙げて用を足そうとしたところ、

うんこで詰まってました

マジかよ、と思いながら取りあえず流すと、

鉄アレイみたいなうんこがふさいでたね

早速エイプリルフールかよ、と願いながらも現実なのは確か。だってくさいもん。にしてもどこのどんな奴だよ、そんなうんこ出せるやつ。半端じゃねえだろ、人間から出たと思えないよ。マジ紙が詰まってたんじゃないですからね。

素でうんこがふさいでました

Purelyうんこだけでしたよ。紙はほとんど溶けてましたから。

もちろんそこを飛び出してはしごしたのは言うまでもありません。

さて、姫パパですが、明日の予定が1週間延びて来週の週末になりました。ちなみにオーストラリアは4月10日~13日までイースターホリディで連休なんですが、お父様が泊まられるのは、4月9日~13日。

完全に連休にかぶってます♪(音符にしとこ、音符に

今回の連休は、次のフェンスを入れるための作業を気合で終わらせようと思っていたので、お父様にも一汗流して頂きましょう。

ところで愛する姫に、一言いっておきます、忘れる前に。

あの冷蔵庫に貼ってある、

「オッサンtel番」

は、

「父上の連絡先」

ぐらいに書き直しておきましょう。

お父様みたらへこむぜ。オッサンはまずいだろ。ちょっとツボだけどさ。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ