« ソムリエ | トップページ | 11月18日 »

2008年11月 4日 (火)

疑惑浮上

たまたま今朝、小室哲哉容疑者の記事をヤフーで見つけてびっくりしたと同時にふと思ったね。

そういや10年ぐらい前だったか長者番付のBest5で、当時のNOVAの社長が小室哲哉を抜いて上位にいました。当時の小室さんってめっちゃ稼いでるイメージありましたからうちの社長はもっと稼いだのか??と思いましたね。丁度NOVAが株式公開した年でしたからね。

うーん当時ベスト5に入ってた少なくとも二人が逮捕されるなんて、人生山あり谷ありですね。上には上がいるね。

さ、そんな俺にも先週ちょっとした事件がありました。このブログ、身内が主に読んでいるとは言え、一応誰でも読めるので慎重に言葉を選ぶつもりです。

ちなみに事件は未解決です(泣)

うちのオフィス、かなり異文化環境下にありまして、俺はそこを束ねる長なわけです。

日本人だけを束ねるのも大変だと思いますが、クロスカルチャーになるとかなり気を使います。特に、法律はここ、オーストラリアの制度の下にありますし。

事件は先週の月曜の朝10時前、ある一通のEメールから始まりました。メールは俺宛で、俺の部下の一人が不正を企てている、という内容でした。身内しかしらないような情報も書かれており、冗談ではないことは直感でわかりました。この送り主は、その不正の相手の会社で働いており、その社長と俺の部下が組んで、うちの機密データをX万ドルで売買しようとしている、という内容でした。

・・・

月曜の朝からいきなり濃いね(大泣)

「24」の影響を少なからずともうけている俺は、すぐにその場で周辺のスタッフのパスワードを変更させ、疑惑の本人のEメールアカウントや、データーアクセスなどを凍結。

まさにCTUのロックダウン状態。

その場では本人の処分を保留にし、後日連絡する、ということにして帰宅させました。

すぐにその場でジャック・バウワー並に尋問できたらすっきりするんでしょうけど、そこは会社の規定や規約にのっとって行動しなければいけません。

本社のITチームにも徹底的にハッキングなどを含めた不正アクセスを調べさせましたが、結果は大丈夫でした。言い換えればデータはまだ漏れてませんでした。

実はここが重要なポイントで、もちろんホッとしたのは言うまでもありません。

ただし、状況証拠以外の有力な手がかりがなく、どうやら真相は闇に葬られたまま、スタッフを現場に戻し、何もなかったこととして元の環境に戻さなくてはいけない環境になりました。

いやね、これ結構きついです、正直いって。白黒はっきりした状態ならまだしも、グレーの部分が多いまま封印するわけですからね。

警察とも直接話しをしましたが、例を使って言われたのが

「例えば銀行強盗計画のタレコミがあったとします。警察はチームを現場に配置させ、銀行側も襲撃に備えます。ところがもし、仮にこの強盗団がその情報通りの日付と時間に現れたとしても、彼らが何かを感知して、その行動を起こさなければ我々は逮捕できない。仮に銃などの武器を発見できたとしても、それは不法所持ならその範囲での告訴になる。強盗は立証できない」

ということでした。俺が理解しやすいように説明してくれたわけね。

なるほど未遂で終わって、さらに物的証拠がないと立件できない、ということね。

・・・

・・・

早い話お手上げね(大泣)

ま、多かれ少なかれ、今回の騒動によって誰かが何かを企んだにせよ、多分もうリスクを背負ってまで事を起こそうとは思わないでしょう。

ポジティブなGOちゃん、敢えて敵を身近に置くことで2次的な被害が防げるかも、と思ったりして。

しかし不思議なのがこのタレコミ主、実はこっちからも何度かメールを送っているのですが10月27日のたった一回のメール以降全く音沙汰がありません。

このメールが唯一のLeadなのは間違いないのですが、上記のような未遂の状況なので警察も踏み込めない状況。一体誰なんだこいつは???という疑問が頭から離れません。

内部調査によるとその先方の会社にこの人物は存在しない、ということ。ま、偽名を使っててもおかしくはないのでその点はどうでもいいのですが、返信がない、というのはフに落ちません。

マジで100通り以上のシナリオ、つまり可能性を考えましたがキリがありません。

この事件のおかげで体調を崩し、先週は頭がこのことで一杯でした。でもフル出勤しなければいけない悲しいsaga。

ま、取りあえず支店を元の雰囲気に戻さないといけません(泣)

ぶっちゃけスタッフのことは信頼してます。仮に何か誘惑があったとしてもそれはアプローチしてくる人間の方が問題で、人の弱みにつけこんでいる場合は特に汚いやり方です。今回も、内容からすると、もしこれが事実ならばですが、脅迫まがいのアプローチを受けていた、と俺は見ています。ま、あくまでも解釈の問題ですけどね。ま、単に動機が金がらみだけだとしても、そのプロセスを理解しようと勤めています。

そうでもしないとやってられません(大泣)

« ソムリエ | トップページ | 11月18日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ