« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月17日 (月)

お知らせ

ちなみに前回のブログをアップした日の夕方帰宅すると、新食感カレーは冷凍庫で眠らされてました。しばしの冬眠に入った形ですが、復活した時のことを想像するのはやめました。むしろ復活の時、もしたまたま忘れていれば一気に食べれる可能性もあります。

それからお知らせですが、明日から床引きのため2週間会社を休みます。

にしても明日家の完成予定ですが、週末から降り続く雨のため、ちょっと心配です。

だって土曜日の時点で塗装が終わってませんでしたから(泣)

ま、いいです。家ん中が出来てればOKですし、だいいち住み始めるのは来週の中ごろです。

にしてもやはり土壇場でバタバタしてます。まず、3ヶ月も前に注文したバンブーの床が、色もサイズも注文したものとは違って、今朝他の支店から取り寄せることでなんとか水曜のデリバリーには間に合いそうです。もう一つ、玄関に引く予定だった違うカラーのバンブーは、6~8週間取り寄せにかかるということで、

玄関、床無しで年越し決定(大泣)

なんのために3ヶ月前にオーダーしたんだか。

加えて家の方も、ガスメーターが今の時点でまだついてないので、これも微妙な問題。なんといっても昨日の嵐で結構人が出払っているでしょうし、明日の午後までに間に合うかは疑問。

休み前から不安だらけです(泣

ちなみに、GOPRA、まだ入院中です(大泣)

なんか泣いてばかりですが、9月10日にマフラーから黒煙を吹いてから早くも2ヶ月、ECUの交換により、なんとか今週中には退院できそうですが、完全復活なるかは微妙。

その間、ホンダのJazz(日本名FIT)を購入したことで、新しい家族が増えました。

勢いあまって購入した007仕様のナンバープレートが活きた形になりました。

にしてもこの車、コンパクトカーの中では歴史に残る名車だと思います。車内空間の広さ、荷台の広さは半端じゃないです。おかげで今回家関係で必要なものは、ほとんどこの車で運べます。

これ以上ひっぱるとJazzのレビューみたいになるのでこの辺で・・・。

そういえばまだ9月の帰国編も完全にアップできないので休みから戻ったらがんばって年内にアップします。この間になんか新しいネタがでそうな匂いはぷんぷんしますが・・。

ではまた!

2008年11月14日 (金)

新食感

今週に入って、さらにいっぱい、いっぱいです(大泣)

ストレスが”仕事”から”家の建築”に移ったものの、今週は朝6時起きで土地まで家の進行具合をチェックし、朝の通勤渋滞に巻き込まれながらアパートに帰宅、急いで会社に出勤。しっかり水曜日の夜の野球の練習は参加し、昨日もクライアントのイベントに招かれ遅くまで仕事。くったくったのいっぱい、いっぱいです。

ま、来週火曜日から2週間休みに入りますが、すでに床引きモードがOnになりつつあるのでHoliday気分には到底なれません。

そんな中、家事はほとんど愛しの姫がやってくれてます。ありがたいですね。キッチンにも全く立ってません、月曜以降。

そんな中、水曜日には愛する姫がカレーを作ってくれました。肉が入ってなかった、というささいな点を除いてすごくおいしかったです、しかも帰宅したら用意されてましたから。うれしいですよね、仕事から帰ってきてご飯が出来てると。幸せです。

そんな中、キッチンを姫にまかせっきりにした俺が悪いのですが、今朝鍋に残ってるカレーを見て姫が一言、

・・・

・・・

「なんか粘ってる・・・。」

一瞬耳を疑いましたがたしかに糸引いてます、確実に。

カレーは寝かしたほうがおいしいのですが、寝かせすぎたね。

睡眠のとりすぎでぐったりなってます、逆に。

寝かすと味が回ってコクがでますが、その上粘りも出ちゃってます。

ちょっと凹み気味の姫の横で「大丈夫、まだ食えるよ」といってランチBOXに詰めて先ほどオフィスで食べました。

自分でも、粘るカレーをみたのが人生初だったのですが、レンジでチンしたら大丈夫だろうと思ってたら、粘りは消えてません。

粘るね

普通にあったまっただけです。粘りごとあったまりました。

そういえば火曜日だったか、納豆をランチに持っていってオフィスの裏の狭いキッチンで食べてたら、たまたまドアを開けたインド人スタッフは、その匂いとその粘りに殺人現場でもみたかのように慄いてました。

あまりに引いてたので後で納豆という食べ物を説明すると、強引に納得した感じでしたが、日本食に強烈なイメージを持ったのは言うまでもありません。

そんな今日、粘るカレーを必死で食べてると、また同じインド人スタッフが入ってきました。粘るカレーを見て一瞬ぎょっとしてましたが、特に質疑応答もなく、コップを持って出て行ったので、確実に納豆の流れで理解しようと努めたに違いありません。まさにナットク。

インドはカレーの国です。確実に日本のカレーのイメージが誤った形で伝わりました。もっと言えば、日本食=粘る、と思ってるでしょうね。

ところで粘るカレーは完食しましたが、味の方は普通です。

ただ、新食感です。

いっそ、オクラとかぶち込めたら、オクラのせいで粘ってる、と視覚をごまかすこともできるんでしょうけど、具は人参、たまねぎ、じゃがいもと至ってシンプルで

全く粘りそうなものなし

むしろこの食材のうちの一つが原因で粘ってるんじゃないか、そうしたらそれはそれでやばいんじゃないかという想像をかき消しながら、つまり自分と戦いながら食べきりました。

たしかに今夏ですし、2日間出しっぱなしはヤバイですが、愛する姫ががんばってつくってくれたと思うとおいしく食べれました。ただ、いつもの量でいつもの3倍ぐらいお腹いっぱいになった感じですがw

えっとちなみに朝、鍋にまだ残ってた(粘ってた)カレーをでかいタッパーに詰めたのでまだ確実に6人前はいけます。ご飯より、うどんとか、スープもんの方がいいんじゃないか、と思いました。すこしは粘りがとれるかと。

2008年11月11日 (火)

11月18日

皆さんご無沙汰してます。

先日アップした疑惑の件ですが、証拠不十分で立件できず起訴等は見送られました。なので通常通りの業務に戻ってます。集団性格に若干の歪みが出てますが、時間が解決するでしょう。ま、吊るし上げたのは俺ですから、戦後処理も当然俺の仕事っす。あらためてマネジメントの奥深さを勉強できたと思いましょう。

そう思わないとやってられません(泣)

さて、もうこの件はMoveOnしております。なにせ新たなイベントが・・・。懲りもせず、また家を建ててることは以前も書きましたが、いよいよ18日に完成し、鍵を渡してもらえることになりました。まさにキーポイント

それにあわせて早速2週間休みを取りました、床ひくために。

思えば6年前、家を建てながら、 

”こんなきついことは2度とやるかっ”

と心に刻み、さらに当時働いてた会社が運悪く倒産し、金が無くなったことから床を自分でひき始めましたが、ヘルニアを患い、ここでも、

”2度とやらねえ”

と心の中で叫んでから丁度6年後、まさに同じことをやるとはね。当時もバンブーFloorをひきましたが、竹が繊細なのでかなり時間もかかり腰も痛かったので拷問でしたがまた今回バンブー選んでます、懲りずに(泣)

やっぱ落ち着くのよね、竹って。しかも今は腰の痛みもないから当時のあの苦労を忘れてるぜGOちゃん。

ってか業者に頼んでもいいんですが、これまた70万ぐらいかかるのですよ、工賃が。70万あったら庭を造れるのでまた自分でやることに。今回は愛しの姫もいるし。猫の手もかりたいですが、ジェリーには無理です。肉球に糊がついちゃうしね。

しかしここまでくるまでの道のりの険しいこと。先週なんか、水曜日に会社早退して、姫と二人で大雨の中ブリックを300個ほど移動させました、ガレージに。

ほんとわざとらしいほど降りましたが、猛暑よりマシだったとは思います。それもこれも愛しの姫のサポートがあったからがんばれたね。

一人でやってたら痛すぎます、確実に。

ま、ということでまたしばらく腰痛に悩まされそうです・・。

2008年11月 4日 (火)

疑惑浮上

たまたま今朝、小室哲哉容疑者の記事をヤフーで見つけてびっくりしたと同時にふと思ったね。

そういや10年ぐらい前だったか長者番付のBest5で、当時のNOVAの社長が小室哲哉を抜いて上位にいました。当時の小室さんってめっちゃ稼いでるイメージありましたからうちの社長はもっと稼いだのか??と思いましたね。丁度NOVAが株式公開した年でしたからね。

うーん当時ベスト5に入ってた少なくとも二人が逮捕されるなんて、人生山あり谷ありですね。上には上がいるね。

さ、そんな俺にも先週ちょっとした事件がありました。このブログ、身内が主に読んでいるとは言え、一応誰でも読めるので慎重に言葉を選ぶつもりです。

ちなみに事件は未解決です(泣)

うちのオフィス、かなり異文化環境下にありまして、俺はそこを束ねる長なわけです。

日本人だけを束ねるのも大変だと思いますが、クロスカルチャーになるとかなり気を使います。特に、法律はここ、オーストラリアの制度の下にありますし。

事件は先週の月曜の朝10時前、ある一通のEメールから始まりました。メールは俺宛で、俺の部下の一人が不正を企てている、という内容でした。身内しかしらないような情報も書かれており、冗談ではないことは直感でわかりました。この送り主は、その不正の相手の会社で働いており、その社長と俺の部下が組んで、うちの機密データをX万ドルで売買しようとしている、という内容でした。

・・・

月曜の朝からいきなり濃いね(大泣)

「24」の影響を少なからずともうけている俺は、すぐにその場で周辺のスタッフのパスワードを変更させ、疑惑の本人のEメールアカウントや、データーアクセスなどを凍結。

まさにCTUのロックダウン状態。

その場では本人の処分を保留にし、後日連絡する、ということにして帰宅させました。

すぐにその場でジャック・バウワー並に尋問できたらすっきりするんでしょうけど、そこは会社の規定や規約にのっとって行動しなければいけません。

本社のITチームにも徹底的にハッキングなどを含めた不正アクセスを調べさせましたが、結果は大丈夫でした。言い換えればデータはまだ漏れてませんでした。

実はここが重要なポイントで、もちろんホッとしたのは言うまでもありません。

ただし、状況証拠以外の有力な手がかりがなく、どうやら真相は闇に葬られたまま、スタッフを現場に戻し、何もなかったこととして元の環境に戻さなくてはいけない環境になりました。

いやね、これ結構きついです、正直いって。白黒はっきりした状態ならまだしも、グレーの部分が多いまま封印するわけですからね。

警察とも直接話しをしましたが、例を使って言われたのが

「例えば銀行強盗計画のタレコミがあったとします。警察はチームを現場に配置させ、銀行側も襲撃に備えます。ところがもし、仮にこの強盗団がその情報通りの日付と時間に現れたとしても、彼らが何かを感知して、その行動を起こさなければ我々は逮捕できない。仮に銃などの武器を発見できたとしても、それは不法所持ならその範囲での告訴になる。強盗は立証できない」

ということでした。俺が理解しやすいように説明してくれたわけね。

なるほど未遂で終わって、さらに物的証拠がないと立件できない、ということね。

・・・

・・・

早い話お手上げね(大泣)

ま、多かれ少なかれ、今回の騒動によって誰かが何かを企んだにせよ、多分もうリスクを背負ってまで事を起こそうとは思わないでしょう。

ポジティブなGOちゃん、敢えて敵を身近に置くことで2次的な被害が防げるかも、と思ったりして。

しかし不思議なのがこのタレコミ主、実はこっちからも何度かメールを送っているのですが10月27日のたった一回のメール以降全く音沙汰がありません。

このメールが唯一のLeadなのは間違いないのですが、上記のような未遂の状況なので警察も踏み込めない状況。一体誰なんだこいつは???という疑問が頭から離れません。

内部調査によるとその先方の会社にこの人物は存在しない、ということ。ま、偽名を使っててもおかしくはないのでその点はどうでもいいのですが、返信がない、というのはフに落ちません。

マジで100通り以上のシナリオ、つまり可能性を考えましたがキリがありません。

この事件のおかげで体調を崩し、先週は頭がこのことで一杯でした。でもフル出勤しなければいけない悲しいsaga。

ま、取りあえず支店を元の雰囲気に戻さないといけません(泣)

ぶっちゃけスタッフのことは信頼してます。仮に何か誘惑があったとしてもそれはアプローチしてくる人間の方が問題で、人の弱みにつけこんでいる場合は特に汚いやり方です。今回も、内容からすると、もしこれが事実ならばですが、脅迫まがいのアプローチを受けていた、と俺は見ています。ま、あくまでも解釈の問題ですけどね。ま、単に動機が金がらみだけだとしても、そのプロセスを理解しようと勤めています。

そうでもしないとやってられません(大泣)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ