« 久々のボーイズ | トップページ | オープン »

2007年7月23日 (月)

クリスティーナ・アギレラは特別

最近白くなったね

と言われるようになって早2ヶ月、ほとんど紫外線浴びてないぜ、そういえば。

先週の土曜日クリスティーナ・アギレラのコンサートに行ってきました。

それにしても最後までチケット届かなかったね。

ここオーストラリアでは配達が遅れるとかそういうのは日常茶飯事。

しかし焦ったぜ、さすがに今回は。

コンサートの直前にLTV(Lost Ticket Voucher)なるものを知って、会場で受け取れるよう手配してましたが、この国のシステムは全く信用してない俺は

完璧武装。

インターネットで購入した時のクレジットカードは勿論、Eメールのやりとりからパスポートやらすべてを用意して、戦闘準備120%満タン。

ところが会場についたら10秒でチケットを受け取れて一安心。

やるな、たまには。

なら最初からしっかり届けろよ、俺ん家にw

だいたいからして、姫もクリスティーナ・アギレラが好きだということがわかったので愛する姫に喜んでもらおうと、

サプライズ

みたいな感じでチケットを手配したんですが、全然チケットがこないので

俺がサプライズ。

加えて、郵便局が間違えて配達した可能性もあると思ったので、当日会場に俺達の席のチケットを持っているやつが現れる可能性も考えました。

今はマンション暮らしなので別のユニットのやつらってことも考えられます。

どんなやつが現れても、俺はかわりのチケットも持っているし、購入した証拠もあるからもちろん強気です。

むしろ購入もしてないのに人のチケットで観に来るやつらなんで

絶対恥じかかしてやる

と結構身構えてました。

すると、女の子を3人ぐらい連れた母親が

そこは私達の席だと主張。

まさかこんな人たちが・・・・・

と頭を過ぎったのもつかのま、係員が間に入って

チケットを拝見させてください

と言ってきました。

フフフ・・・・

と心でささやきながらも子供達にはかわいそうだな、などと同情の余裕さえ見せる俺。

堂々と俺達のチケットを見せるとそれをチェックする係員。

勝ち誇ったように待つ俺。

不安そうに待つ子供達。

そこに係員が俺達に一言

「あなたたちの席は一つ後ろの席です」

だって(泣)

何間違えちゃってんの俺。

逆に恥かいてどうする

しかしね、何はともあれホント無事に観れてよかったです。

にしてもすんげー迫力でしたね、彼女のコンサート。全く飽きないです、観て聞いて。感動物でした。

一つ不可思議なのは会場に入るときセキュリティーチェックがあって、

ペットボトルの蓋

だけを取るようにいわれたこと。

周りを見ると、みんなペットボトルの蓋を取るように指示されてます。

持ちにくいたらありゃしない、ほんと。

姫も、「かえってこぼす人が多くてよごれるのにね」と同感。

会場を見回すと、すべての人のキャップが外れた状態。

それもすごいね。

”普段当たり前につかってる蓋に、感謝の気持ちを持ちましょうキャンペーン”

かと思ったぜ。

実際ありがたさがわかったね。

唯一ペットボトルの蓋をつけたまま許されていたのは

クリスティーナ・アギレラ

特別扱いされて当然だけど

ペットボトルの蓋がすんげー貴重に見えたのは俺だけではないはず♪

« 久々のボーイズ | トップページ | オープン »

「音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68248/7245024

この記事へのトラックバック一覧です: クリスティーナ・アギレラは特別:

« 久々のボーイズ | トップページ | オープン »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ