« ボーイズナイト(報告編) | トップページ | ゼロ »

2006年12月18日 (月)

叫びてぇ!

波乱万丈ってるGOです、皆さんこんにちは(大泣)

もともと日本にいたら浮いてる人間ですし、日本社会には順応しないタイプなので、日本社会に認められないのは仕方ないですけどね。

大雑把ですが、日本社会ってのは、伝統や慣習を重んじ、しきたりや礼儀を重んじます。

いい部分でもありますが、悪い部分でもあります。

敬語などは一つの例で、幼いころからそういった”形”的なものも自然と体に植えつけられ、言い換えれば強要されていきます。

悪い部分の一例として日本の政治がそれを象徴してます。

派閥を重んじ、個人の意見より団体の意見。

上下関係の規律を重んじ、絶対的な服従関係。

保守的。(この場合ネガティブ)

足の引っ張り合い。

未来は自分で創るもので無く、誰かが創るのを待つもの。

一方俺が育った環境ってのが、13歳までの9年間を海外で過ごしたこともあって、俺自身が日本社会や日本が言う常識に対する疑問や反感を常に抱いて生きてきたこともあって、伝統とか慣習とかしきたりとかそんなことを

ぶちこわす

つもりでここまで生きてます。

なので、

派閥、上下関係は一番嫌い

絶対ポジティブ

未来は自分で創るもの

という哲学になります。

例えば、「こうした方がいいよ」とか「もうその年になったら普通はこうするよ」とか、そういった枠にはめられて生きていくのは嫌ですし、なによりそういった考えた方は都合よく大人が決めたものであると物心ついたときには思ってましたから。

つまり、俺が30代であれば、日本社会は

こういう人物

なるものを想像し、期待するでしょう。

そういう意味では、意図的ではないにせよ、そういう期待に応えられてないことがあります。

それに、これまでの俺の生き様を客観的に見ると、日本社会から見ると

ありえない

と映るかもしれません、結果的に。

でも人生はその人、つまり、一人一人のためにあると思ってますから、親のためでも、兄弟のためでもありません。

決定権は常に本人が持っていると考えてます。

それは年齢とか立場ではなく、本人が

こうしたい

と思ったら、そのタイミングが本人の人生が動き出してる、ということだと思います。

それが遅いか早いかは個人差がありますし、そう思わないまま人生を終えてしまう人もいます。

俺自身は遅い方だと思います。

21んときですね、自分でこうしたいってのが明確になったのは。

それからの自分の人生を振り返ってみると、失敗はかなりしてます。

痛い思いもいっぱいしてます。

でも後悔はありません。

したいことがあるのにそれを我慢してきたこともありません。

敬語が使えないわけではありません。

礼儀がないわけでもありません。

自分の我儘を押し通すつもりはありません。

もっといえば我儘だと思ってません。

他の人の目はあまり気にしません。

世間体なんぞどうでもいいとおもってます。

実際、日本社会は世間体を重んじる代表的な国ですから、尚更俺には向きません。

二度と住めない、働けない国です、俺にとって。

居心地が悪すぎます。

俺の居場所は日本にはありません。

改めて感じます。

ただ、日本社会を相手にするときは、俺も日本社会にあわせないといけません。

そこで問題が・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

一生懸命合わせようと思っても噛みあわないんだよね(泣)

それは友達と表面的に会話を合わせようと思ってもうまく噛みあわないのと同じで、自分ではあわせてるつもりでも、相手からみたら誤解されまくってます。

ビジネスなんかでもそうですが、俺は必死で日本の慣習とかに合わせてるつもりでも向こうからみたら、

外国式だ

と思われたことは1回や2回ではありません。

例えば先方への気遣い方一つとっても違うようです。

日本式だと”ただひたすら接待する”ことがいいことだとされています。

オーストラリア式だと”相手への配慮”で拘束時間を減らします。

日本式だと相手を常に役職名で呼び、常に持ち上げることが好まれます。

オーストラリア式だとできるだけ早い段階からファーストネームで呼び合い、その瞬間から腹を割って話すことが好まれます。

使い分けてるつもりですが、できてないようですね。

合わせてるつもりが十分でなかったりするようです。

・・・

・・・

・・・

いきなりタメ口で、”太郎”とか呼び捨てにしてるってことじゃないですよw

GOPRA!はブログのランキングに登録してます。

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

Banner_03_5

あたりまえだと思ったかたは上の二つともぽちぽちとお願いします。

<以下は広告>

« ボーイズナイト(報告編) | トップページ | ゼロ »

「哲学」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

良くわかんないんですが(笑)、結局、自分に合う場所を持っているということが一番幸せなのではないかと思います。
簡単に言うと、転職がいい例で、狭い範囲で、自分にとってのベストプレイスを探しているのではないかなぁ?
的外れだったらごめんなさい。

Yurikoさん

こちらこそすいません、まわりくどい説明で・・・。

ミクでよろしくです

crb6wob-6i84oxn-tw6qe006-0 http://www.ultimatetopsites.com/general/xenix/#1
online casino
[url=http://www.ultimatetopsites.com/general/u11trm/#3]ultram[/url]
[url]http://xoomer.alice.it/coolplay/#4[/url]

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68248/4592642

この記事へのトラックバック一覧です: 叫びてぇ!:

« ボーイズナイト(報告編) | トップページ | ゼロ »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ