« Kazとの入浴編 | トップページ | 4年後、日本のサッカーはこう変わる編 »

2006年6月22日 (木)

ブラジルに直球勝負!!

今朝、ヤフーの見出しに

俊輔、ブラジル相手に直球勝負

ってのを見つけ

種目変わったんか、野球に?

なら勝ち目があるぞ、などど妄想したGOです、皆さんこんにちは。

あのロナウジィーニョとかロナウドでさえ、バット持たせたら怖くないですね。自打球をあてて痛がるシーンはやはり様になるでしょうけど。

ロベカルがピッチャーやったら球は早そうですけどね。でもセンターから助走つけて投げそうですね、クリケットみたいに。

いずれにせよ、宮本は出場停止ですから何故か安心です。野球でも大事なとこでエラーとかしそうですからね、彼。

サード駒野も怖いですね。キャプテン、カフーがひっかけて、あきらめて走らずベンチに戻ろうしたら、駒野の大暴投。あれだけフリーでもあさっての方向蹴ってましたからね、野球でもスタンドに投げるぐらいの勢いでやってくれるでしょうね。

柳沢?

使わないっすよ。

えっ?代走?

まあ、足は速いですからね。それならいいかもしれませんね。

ただ、こんなことも考えられます。

例えば場面は1アウト3塁。

ベンチからジーコが出て代走柳沢。

ちなみにもともと足をいためている加地が、ファーボールで出て、ロベカルのボークと川口の送りバントで足を引きづりながら3塁に進んでます。

終盤だし、ファーボールで出た時点で変えておけばいいのに野球でも交代が遅いジーコ。

中田が粘って外野のスペースにキラー犠牲フライをあげ、悠々タッチアップで勝ち越しかと思われたその瞬間、ホームを踏むのを右足で踏むか左足で踏むか迷って、結局踏まずに飛び越えたりしそうです。

ただ、ホームを飛び越えているときに右足のアウトサイドで踏もうとして試みたシーンがリプレイで確認されます。

・・・

なんでそんな高度な踏み方しようとしてんねん君

普通に踏まんか

歩いてもセーフやぞ

国民の総つっこみを受けながら、翌日の柳沢のコメント

足の裏で踏んでたら違ってたかも

・・・

・・・

ジーコ監督にも「準備不足」とつっこまれ、「ランナーは常にベースを踏むことを準備しておかなければいけない」とお叱りのコメントが発表されます。

・・・

・・・

すんげー話脱線したな、相変わらず。

でもこれぐらいのレベルだったですよ、野球に例えたら。

俊輔のはもちろんフリーキックの話で、カーブをかけずにストレートに、真っ直ぐにFKを蹴る、という意味ですが、その前にブラジルの陣地で、ゴール前でそんなチャンス(ファール)がもらえるかですね。

こないだの試合を見たブラジルイレブンは、日本が攻めても守らないんじゃないかと思います。

決定的なチャンスを作らせても、きっとバックパスしてくれるとか思ってますよ。キーパーもゴールの枠じゃなくて、違うとこで守ってたほうが球が来て退屈しないでしょう。

なのでゴールは無人でもいいですね。

・・・

・・・

ってかこの話完全に引っ張りすぎた(泣)

※中田のキラー犠牲フライ・・・この場合、走らされるのはブラジルの外野ですから相手の体力を奪ってますが、最近の中田を見てると、とにかく無駄なロングが多く、味方が無意味に走らされてる印象があります。あれじゃ、味方の体力を奪うだけですよ。ある意味本物のキラーパスですね

明日こそ「最後の接待編」をお送りします、たぶん

追伸)ああ、でもサッカーあるしなあ・・・微妙やなあ・・・なんか日本代表、お笑いのセンスありますからね、ネタがごろごろ転がってます。あっ、でも明日こっちではオーストラリア戦を生でやって、日本戦は録画だ・・・。ってことは会社終わってから見るので、サッカーネタは土曜かな??

« Kazとの入浴編 | トップページ | 4年後、日本のサッカーはこう変わる編 »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

日本のW杯が終わったね・・・。
今現在の実力差がモロに露呈する完敗だったね。。

今日、早番にもかかわらず新宿のHUB(アイリッシュパブ)での日本代表ジャージを着て(もちろん7番、中田のレプリカ!)の応援もむなしく、日本の予選リーグ敗退が決まった、涙。

この結果になってみれば、わずかな望みを粉々に打ち砕かれた、予定調和な結果だが、でもそれでいて、まだできることがあったはずと思えるのが非常に悔しく残念だ。

戦犯として数名の選手の個人名を挙げ、誹謗中傷するのは簡単だが、その行為は余りに短絡的であり、オイラの考えるサポーター道に反するので避けたいが、一つだけ思うところを言おう。

結局、日韓共催の前回大会以降ジャパンを率いた監督であるジーコが、誰を中心にチームを構成し、最後に誰と心中できるのか!?ということだと思う。残念ながら個人で世界を席巻できるタレントのいないジャパンにおいて「誰を中心に据えてチームを編成するのか=どうやって点を取るのか」は非常に重要なことであり、ある意味それが監督の仕事の中心であるなかで、彼が中村俊輔=⑩を選んだと言うことが、ジーコのチームマネジメントであり、彼が全くと言っていいほど今大会で機能しなかったことが、この結果の根源的な原因なんだろう。俊輔の発熱等の体調不良、怪我によるコンディション不足など、いろいろな理由や言い訳はあると思うが、彼のプレーに勝利や1点への執念、ワンプレーへの執着を感じられなかったのは、オイラだけだろうか・・・!?

つまり、結局のところジーコは個人の能力、技量への依存なくして勝つことのできないチーム作りだったということではないか?ある意味、現役時代に如何なくその才能と努力の結集を発揮したジーコにとって、それはあまりに当たり前であるかのごとく。

そして、それに応えるにはサッカー後進国であり体格、体力、技術、文化で劣る日本には、あまりに難易度が高すぎたということではないだろうか。

たとえGOちゃんが親友と言えども、あまりに長すぎる、勝手な主張を展開するコメントは申し訳ないのでこの辺で終わりにしよう。って言うか、もう十分に話したし、そろそろシャワー浴びて出勤の準備をしなくては、苦笑。
って言っても、寝不足で酒臭く、どう考えても仕事できる状態じゃないんだけどね、笑。

ともかく、ジャパン予選敗退残念でした。そしてオーストラリア決勝トーナメント進出おめでとう!

KAZ

日本、前半よかったけどね・・。オーストラリア戦、熱かったよ。マジで一番おもしろかった、今大会。

ってかKaz,これでブログ書けるってw

ってか早番がんばれ!!

自分もジーコには言いたいことがあります。
選手を選んだ責任があるので、「柳沢は準備不足」、「守備での高さへの対処は個人の能力」、「プロ意識がない」とかコメントして欲しく無かったです。
トルシエは好きではなかったですが、前回決勝Tまで進めたのは彼の成果でしょう。更に、ヒディングが前回韓国を、今回オーストラリアを決勝Tまで導いたのは賞賛に値します。
タラレバは余りいいたくないですが、あそこで誰かが決めていれば、ではなく、監督がジーコでなかったら、日本は決勝Tまで行けたかもしれませんね。ヒディング・ジャパンだったらBest4だったかも!?
という訳で、結局はジーコを選んだ日本サッカー協会(?)のミスでしょうね。

たしかに。人選も含め、選手を使う側の人間の責任は大きいですね。日本はオーストラリア戦がすべてやったと思います。悪い流れを特にとめることも出来ず、そういった選手もベンチに入れておらず、”やっぱり”同点に追いつかれ、そして悪夢の大敗。今回のワールドカップの結果はジーコの采配の結果です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68248/2327179

この記事へのトラックバック一覧です: ブラジルに直球勝負!!:

» locker room voyeur []
celebrity upskirt accidental amatuer fuck vintage interracial [続きを読む]

» transsexual breast growth []
slave collars toilet humiliation demi moore pregnant [続きを読む]

« Kazとの入浴編 | トップページ | 4年後、日本のサッカーはこう変わる編 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ