« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

貯金と預金の戦い

皆さん、預金貯金の違いって知ってますか??

実は俺は昨日知りました。「無意味なバックアップ」にYoshiさんからコメントを頂いて”72へえ”ありましたよ。この後補足トリビアで2連発ぐらい押されたら90へえ行ってる可能性もあります。

貯金=郵便局に貯金、郵便貯金

預金=銀行に預金、銀行預金

なのだそうです。

ちなみにここまで書いた後、Yoshiさんに

じょーだんですよお、信じちゃってやだなあ

とか言われたら愛車かつ新車のYaris,レッドゾーンまで回して差し上げます

もっと言えばこの話、ぶっちゃけ、

どうでもいいじゃん

ということなんですが、ちょっと俺にはツボでしたね、これ。

だってね、銀行に行って

貯金したいんですけど」

って言った瞬間

「申し訳ございません、うちではお取り扱いしてません」

なんて想像が膨らんじゃうわけですよ。

もちろん商売上そんなことはしませんから

預金ですね、かしこまりました。口座はお持ちですか?」

などとさりげなく貯金預金をすり替えるんでしょうね、きっと

それでも、

「ええっと・・・貯金は初めてなので、よくわからないのですが・・」

と相手が言うと

「かしこまりました。預金は初めてなのですね。では普通口座もお持ちでないということでよろしいですね」

と、こちらも頑固に訂正します。

もしもここで

「ええ、前に郵便局で預金したことがあるんですが、銀行で貯金するのは始めててで・・。」

といったら、こいつが意図的なのか本気で間違えているのかは別として、立派に使い分けていることには変わりないので職員の反応が気になりますね。

ここでやっと

「かしこまりました。貯金はされていたのですね。当行への預金は初めて、といことですね 」

と単語に力が入るお姉さん。

もしここで

「いや、預金はしてたんですけど、貯金は初めてなんです」

と、訂正なんかされちゃったら

「おんどりゃ、わざとやってるんかいっ!!!!」

と窓口のお姉さん、少なくとも心の中でつっこむこと間違いなしです。

そういう意味では俺、貯金したことないなあ・・・。

・・・

・・・

でもお金を貯める=貯金でよくね?

ひょっとしたら騙されたかも、と思いながら締めくくったGOです、皆さん今日も元気にがんばりましょう。

追伸)Yoshiさん、ネタの提供ありがとうございます

2006年4月29日 (土)

栄養バランス

今日からオーストラリアは3連休です。日本はGWですね。

・・・

特に予定が入ってないGOです、皆さんこんにちは。※野球ゲーしに誰か来て下さい(涙)

さて、結婚式と言えば引き出物って日本ではありますよね。

例えば

A:お皿

B:タオルセット

C:うまい棒

みたいなね。

・・・

・・・

もし今何かもらえるならCいきますね、間違いなく。ってか食べ物ならなんでも嬉しいです。

実は先日NPがいたストやりに来た時うまい棒をわんさか置いていってくれました。昨日の晩飯に登場したのですが、すごいですね、うまい棒。

だって”カニシュー(まい)””梅ご飯””ぎょーざ”味とかあるんですから。昨日の晩は豪勢でしたよ。特にシュウマイとギョーザはビールにありましたねえ・・・。

ちなみにこの食事、財政的っていうよりは男の一人暮らし系ですね。

しかし、きっと栄養的にバランスがとれてないと思いますので今日は買出しにいって魚、野菜、鶏肉などをGetします。

先日Ryoheiとランチしているとき俺の食生活の話になり

やばいですよ、魚食べたほうがいいですよ

と言われ、考えてみれば3ヶ月ぐらいシーフードを口にしてないことに気づきました。

それで慌てて木曜の晩はシーフードにしました。

先日NORIさんがいらしたときに置いていってくださった宝物です。

今後一緒に食べようと思っていたのに、すいません、栄養バランスの危機感から一人でディナーにしてしまいました。

めっちゃうまかったです。

いか墨さきいか

しかもビールに合う合う

プロ野球 熱スタ2006 いただきストリート3 億万長者にしてあげる!〜家庭教師付き!〜 ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート ポータブル

2006年4月28日 (金)

無意味なバックアップ

この先1ヶ月が不安なGOです、皆さんこんにちは。

いろんな意味で大変な1ヶ月になりそうですが、先のことをくよくよ考えても仕方ありません。楽観的にいこうと思います。

ただ、財政上の危機というのはこうも人を不安にさせるんだな、とあらためて思います。

2年前までは愛妻がすべて財政を管理しており、俺は必要な分だけもらう、という具合だったのですが、もちろん今は自分で管理。

この2年間ですでに3回目の危機です、今回。

1回目は、丁度2年前でした。働いていた会社が倒産してしまい、収入が失業保険のみとなりました。(これ、聞き方によると悲惨ですが、当人は楽観的でした)

その瞬間はまだ問題なく、「むしろ時間ができたので自分で床やタイルを貼ってしまおう」と決意し、働く代わりに自分でやることで節約をし、加えて技術も学ぶことができました。

床の材料などはすでにそろっていたので電動のこぎりなどの道具は買い揃えないといけなかったのですが、特にそれ以外は支出がなかったので生活には問題はなかったのです。

ところがあるとき、つまり4ヶ月ぐらい作業を続けていると、

あれっ来月やばいやんけ

と気付き、慌てて職探しをした次第です。

すんげートレンド思考です、はい

なんでもいいや、と思って就職した先は飲食系。これ一回目の危機ですが、仕事が見つかってなかったことを考えると恐ろしいので今でもあまり考えないようにしてます。

週6日、1日12時間を6ヶ月間働き、お金が溜まったところで転職。今の週5日、祝祭日お休みの職場に変わりました。

飲食系のときは食事つき、車付きだったのでマジでお金が溜まり、転職と同時に景観作り用の砂利やら石やらブロックやらを買い込みました。

しかもビリヤードの台を買おう、と貯金してしたお金で念願のビリヤード台を購入した時点で、

そろそろ貯金がなくなってきたなあ

と思っていたところに2回目の危機

・・・

プラズマが壊れました(泣)

しかも保障期間後にね(大泣)

テレビは絶対譲れない俺は、ナケナシの全財産をはたいて新しいプラズマを購入。

しかし直後、GOPRAのタービンが2基ともブロー。

ちなみにこのタービン2基、リビルドするのに40万かかります。

少し余分に払っていたローンのお金を引き出したり、兎に角四苦八苦で、給料日当日に残高が既に100ドル切る深刻な事態でした。

1ヶ月ビールとチップスで生き延びましたよ、俺

そして今回は深刻な3回目です。

まあ、同僚の結婚式というイベントと、まだ未払いのフェンスの材料費などに加えて、家主が払わなければいけない税金が重なり、すでに来月の給料日まで瀕死の状態。

計画性の無さを全く学習してません、俺

例えばフェンスに20万近くかかるのはわかってましたし、結婚式も随分前に招待され、もっといえば税金も3ヶ月に一回くるので読めていたはずです。

しかし、食事は削れてもビールは削れません。

麦で栄養とれるはずです、理屈上。

これにツマミがあればいいのです。

ご飯、パスタなど家にはまだ”資産”が残ってます。

いける、いけるさ、今回も。

・・・

・・・

ただ・・

・・・

今回こそ思い知れ、俺・・・。

そして少しは計画性を持とう・・・・。

一般的に貯金はした方がいい、といいますが、ホント少しずつでもしたほうがこういうときのためにいいですね。

実は、こんな俺もいつもバックアップとして毎月少し溜めるようにしてます。

毎回使い込んじゃうけどね、給料日前に。

意味ないじゃん、それ。

2006年4月27日 (木)

メンバー固定

昨日給料日に入ってなく、つくづく銀行も含めてのんびりしてる国だと実感したGOです、こんにちは。

今朝、ネットで給料が入っているのを確認し、溜まってた支払いと、同僚のMKっちが今月結婚するのでそのお金をよけて、残高をみると186ドル・・・・。

少なくね?早くも

給料振込み確認からわずか1時間

あと一ヶ月186ドルって・・・。ガス代や飯代は多めに下ろした現金で賄うとしても、途中で足りなくなるのは見え見えです。その時のバックアップは186ドル・・・。

・・・

どこまで現金で耐えられるかがポイントですね。来月の15日まで残高に手をつけなければ大丈夫ですが、それまでに下ろしてしまうと10日以上をかなりのサバイバル状態で切り抜けなくてはなりません。※給料日は25日です

しかも来月末には出張で日本に行くのですが、このままではプライベートのモノを何も買えません。

ほとんどゲームソフトとかだけどね

ああ、同僚の結婚式の出費は必要経費とは言え、財政を圧迫・・・。

やはりその他の出費を必要最低限におさえるしかありません。

・・・

なので

パンツ大陸、靴下国の皆さん、いままでのメンバーでどうか今月もよろしくお願いいたします(泣)

2006年4月26日 (水)

水を大切にしよう

BBQといっても、ここんとこずっと家に呼ぶことが多かったので、昨日は久しぶりの外出でした。

1時にね

といわれていたのですが、オージーだけのBBQパーティですから1時半ごろ行こうかなぐらいに考え、1時過ぎに家を出ました。

予定通り1時半ごろついたのですが1番乗りです、やっぱり。

気心の知れている友人なので、まあそれはそれでゆっくり話もできるしいいかな、と思ってたので気にはしてなかったんですが、1時40分になって

「GO、アイスを買いに行くけど一緒にいくか?」

と言われ外出。

1件目が品切れだったので、スタンドに行きアイス(ちなみに氷の袋です、ビールを冷やすためです)を購入。

2時ごろ家に戻ると、ちらほら来てます、みんな。

相変わらずそんな感じでスタートするオージーのBBQ、時間設定は一帯なんのか、未だに疑問です。

ってか俺も自分ん家のBBQに遅刻しましたが・・※アイスブレイク完結編を参照下さい

さて、ホストも交えてヤロウはビリヤードで盛り上がり、そろそろお腹すいたなあ、と思っていると、いよいよBBQの用意が始まります。この時すでに3時を回ってます。

3時半にやっとご飯にありつけなんとか生き延びます。

ビリヤード台は俺の家にも置いてあるので、日々の練習の成果で、個人戦は勝ちつづけます。

ANZAC DAYだということはすっかり忘れてね。

ペア対決、ケリーボールになってからはバランスよく勝ち負けが続き場も和みます。※1~15の番号をクジ引きの要領で一人ずつ引いて、最後まで自分のボールが残った人が勝ちです

速攻で自分のライトビールが切れ、友人のビールを途中からもらって飲んでたらまわりましたねえ、さすがに。

ちなみにオーストラリアでは2.5%前後のビールが人気です。飲みにいくにも運転しないといけない国ですからね。

教本にも成人男性のアルコールの目安が書かれています。

最初の1時間でライトビール2本、以後1時間おきに1本であれば許容範囲です。(女性は半分の量です)ちなみに絵つきで説明してあります、免許の問題集に

こっちの免許を取るときは筆記だけでよかったのですが、やっぱり出ましたね、この問題。

昨日は6本ライトを持参し、計算してましたが、いつのまにか最初の2本を飲んだだけで、俺のビールはGone・・・・。一緒に冷やしてたので、ヘビーを持ってきたやつもライト飲んでましたね。

仕方なく、その後はヘビー(5%)の方を飲んでたんですが1時間に1本飲みながら途中でまわってる自分に「あれっ、待てよ5%だと倍だから2時間に1本かあ・・」と気付いたんですが、ぬるくなります、さすがに。

日本は今すんごく厳しいって聞いてます。こっちはだいぶゆるいのですが規定量を超えるとやっぱり厳しい罰則が待ってます。

夜8時ごろコーヒーがぶがぶ飲んで、ミント噛んで、目立たないように運転し、無事帰宅。

ところが帰宅後、知らない間にソファーでそのまま寝てたらしく、12時ごろ目が覚め、わけがわからない状態。2階の寝室へじぇりーも連れて行き、再就寝。

夜中に目が覚め、めっちゃ喉が渇いていて、思わず水道の水をがぶ飲み。

このときの水のおいしいこと・・・・。

普段、何気なく水道をひねり、当たり前のように水を使ってますが、こういうときはありがたみがわかります、本当。

もし、水道工事などで水が使えなかったら冷蔵庫まで走らないといけかったのですが、空けてもビールしか入ってないですからね、液体。

2006年4月25日 (火)

後世に語られる伝説

今日も野菜室までぎっしりビールが入ってるGOです、皆さんこんにちは。

さて、本日はANZAC DAYでお休みなのです。

毎月給料日は25日なんですが、そうなると明日ってことになります。

昨日Ryoheiとランチをしてて、「ああ、そういえば明日休みだねえ・・」なんて言いながら、急遽彼らのお宅におじゃますることになりました。

最近になって、Ryoheiの奥様が土曜日仕事で家を空けることもなくなったため、Ryohei一人で遊びに来ることもなくなり、俺が押しかけてます。

しかも野球ゲーやりに

”嗚呼、休み前にビールの飲みながら野球ゲーをやるのは最高の幸せ”※ちなみに野球ゲームのことです

パラダイムで考えると、ビールを買わなくてはいけません。Rhohei夫婦はそんなにビールを飲まないため家にないかもしれないし、あっても買って持っていくのが礼儀です。休みの前に押しかけるのに、手ぶらってわけにもいきません。

ほとんど俺が飲むけどね

毎回持っていくのが面倒なのでケースで買ってボトルキープしてたこともあります。毎回邪魔そうに入り口の脇に置いてあったのは言うまでもありません。

さて、ビールを買っていくとなると、今日のBBQのことも考えやはりカートン買いになります。昼の時点で所持金が24ドル前後だったため、銀行にいかなくてはなりません。

夕方仕事を抜け出しカードで50ドル引き出し、この時銀行残高36ドル。

文字通り待ち遠しい給料日です。

銀行残高が二桁になることは以前も何度かありましたが、今月はフェンスをつくる材料やらを購入したりして一気に使ってしまいました。100ドル単位で四捨五入するとちょっと焦りますね、さすがに。

一応昨日のビールのおつりなどで48ドル前後は手元に残ってるので、今日出かけるとはいえ、なんとかしのげます。ちなみこんな生活してますが、もうすぐ30代半ばです

毎回念仏のように「速くより、必ずと待つ、じぇりがいる」と唱えながら運転してますが、今日はさらに慎重にならないといけません。

「気をつけろ、貯金がなくて、笑われる」

を2回に1回の割合で入れておくといいでしょう。

”金を使うだけ使って自殺した”、と思う世間の噂も拭えません。

最後に使った領収書もビールってことからも説得力あります。

そんなわけでANZAC DAY,今日も日本人一人でオージー宅へ出かけますが、無事に生還し、後世に語られないよう気をつけます。

追伸)ってかマジ給料日楽しみっす。給料入った瞬間、ローンとか払って一瞬で半額以下になるのは悲しいですが(泣)

プロ野球 熱スタ2006

2006年4月24日 (月)

ANZAC DAY

Cityの駐車場から会社まで6、7分ほど歩くのですが、途中で

こ、こいつも緩くなってる・・

ことに気付き、半ケツ→ノーパン状態で出勤したGOです、皆さんこんにちは。

以前より確実にゴムが死んでるパンツの他に、微妙なのがあることを認識していましたが、今日、限界の瞬間を迎えました。

しかも道路を渡ろうと走り始めた瞬間だったため、するっと落ちた瞬間思わず走るスピードが落ち、もたつきました。

もしフェラーリが200㌔で通過してたら轢かれてましたね、俺。

というわけで命に係わるので、これからは海パン族に度々お世話になるでしょう。

・・・

・・・

・・・

ってか買おうよ、俺、マジで。

さて、明日4月25日はANZAC DAYです。つまり祝日です。

ANZACとは、Australian and New Zealand Army Corpの略で、1915年4月25日の朝、第一次世界大戦中にトルコ戦線突破のため、オーストラリアとニュージーランドの兵士がトルコのガリポリに到着しました。

第二次世界大戦では、日本はオーストラリアを攻撃し、多数の戦死者を出しました。日本人としても、もう一度歴史を振り返る大切な日です。

この日は、チャイナタウン以外のほとんどのお店が休みにし、戦争で亡くなった方達の冥福を祈ります。街中では年配の方が胸に勲章を掲げ、軍服などを着てパレードに参加したりします。

Cityのセントラルの駅にANZAC記念碑や公園があり、毎朝そこを通過しますが、今朝は軍服を来た兵隊さんが立ち、募金などを集めています。

お年よりや、何人かのオージーは足を止めています。

・・・

・・・

僕はその横をノーパン状態で急ぎ足で横切ります。

すげー、肩身狭いですね、こんときだけは。

オーストラリアに滞在している皆さん、どのように過ごされますか?

・・・

俺はオージーの友人の家にBBQに招かれてます。

そこにいくと、日本人いつも俺だけなんだよね(泣)

2006年4月23日 (日)

からくりテレビfeat阪神タイガース

靴下族の話を書いてから、靴下を選ぶとき妙な意識が生まれたGOです、皆さんこんにちは。

会話し始めないよう、最新の注意が必要です。

さて、オーストラリアに来てからも冷めない恋の一つ阪神タイガースがあります。

ネットで情報をチェックするわ、試合の時は1球速報を観るわ、完全に犯されてます、体が。

日本にいた時は甲子園はしょっちゅう行ってましたし、仕事中もラジオを盗み聞きながらしてました。ヘッドホンを使ってましたが「よっしゃ~!!」と思わず叫ぶことも少なくありませんでした。

そんな我等がタイガース、今年はライバルの巨人に独走され、去年の姿はありません。

大親友Kazを始め、Noriさんなど周りに巨人ファンが多いのですが、さぞかしほくそえんでることでしょう。

そんなときは野球ゲーでNoriさんをカンプ無きまで叩きのめす自分がちょっと嫌になるときがあります。

でもやはり巨人のユニフォームをみると手は抜けず、知らない間に血も涙もない采配になってます。

4月の開幕オーダーを観てがっくりした俺は”現状維持は衰退を意味するで、岡田はん”という名言をこのブログでも残しましたが、現状そうなりつつあります。

日本にいるときほど怒りはこみ上げないのですが、やはりここんとこの中日戦、昨日までの読売戦を観ていると沸々と来るものがあります。

そんな時は阪神愛の集団で創り上げている”鉄○会”とのメールのやりとりでその怒りをぶちまけます。

・・・

○のところに何が入るかはご想像通りです。

・・・

・・・

・・・

”猫”とか入れてみた方、それはそれでナイスボケですが違います。

”車”もありでしょうが、無理やり俺の趣味に持っていこうとするふしが見え見えです。

鉄○会は、阪神を愛する会なので俺の個人的な趣味は関係ありません。

なので強引に”アニメ”と入れたり”ロリ”と入れたりしても駄目です。※ちなみにロリのイメージついてませんか?

時事ネタで”パンツ族”と入れたところで”鉄パンツ族会”なんてリズム悪すぎです。

なんかものすごく長持ちしそうですが・・・。でも履いた時ちょっと”冷やっ”としそうですね。

だいたいこの手の法則無視しすぎです。それなら鉄○○○○会になります。

そうなると難しいですね。

違うっていってるのに”ナウシカ!”と叫ぶのはKazぐらいでしょうし・・・。これも個人的ですし・・・。

こうなってくると一番最初のナイスボケが実は一番近いことになりますね。

不思議ですねえ、ナイスボケと見せかけておしいのキャラをさんまさんから貰っても不思議じゃなかったんですから。

これが「ご長寿クイズ」で出題されると大変ですね。

「○の中に何が入るでしょう?」と鈴木一郎アナウンサーが切り出すと

「マン○っ」

とまず放送禁止用語が飛び出し

「えーと違います。漢字で一文字で入れてください」

「マンっ」と縮めるおじいちゃん。

「えー・・、そこから離れてください」

「ちんPっ」と今後はとなりのおじいちゃん。

「えー・・ヒントを差し上げます。動物の名前です」

「犬」

ブブー

「鳥」

ブブー

「焼き鳥」

ブブー

「モツ」

ブブー

「ハツ」

ブブー

「えー・・・、動物です、皆さん動物の名前です」

「ポチ」

ぶぶー

「太郎」

ぶぶー

「桃」

・・・ぶぶー

「みかん」

ぶぶー

「み、みなさん動物です、阪神タイガースと言えば・・」

「西鉄ライオンズ」

ぶぶー

「ライオン」

ぶぶー

「おっ、でも近いです、近いですよ」

「猫」

ぶぶー

「ああっ、惜しい・・猫の仲間です」

「子猫っ」

ぶぶー

「小娘っ」

ぶぶー

「皆さん漢字一文字です。ねっ、動物で一文字です」

「犬」

ぶぶー

「鳥」

ぶぶー

「焼き鳥」

ぶぶー

「モツ」

ぶぶー

・・・

・・・

・・・

・・・

そして次が最終問題という流れが想像できます。

このとき1番”モツ”0問正解2番”ハツ”0問正解3番”西鉄ライオンズ”0問正解です。

懐かしいなあ・・・からくりテレビ・・・。まだやってるんですかねえ日本では。

追伸)ってか観たことない人にはちんぷんかんぷんですね(汗)

2006年4月22日 (土)

パンツ族の戦い

今日は大変ご長寿な一族のお話です。

昨日、「Tシャツ大陸下着大陸靴下国、ズボン半島」について触れましたが、今日は下着大陸のパンツ族に焦点を当ててみます。

もともと俺はお金のかけどころがはっきりしていて、車、家には見境いがないのですが、洋服に関しては”なんでもいい”派なので、ここ2年で買ったのは作業用のズボン1着(700円前後)だけです。

Tシャツは仕事関係などでもらう機会もあるのですが、靴下、パンツは自分で買った覚えがありません。つまり14年前に実家で履いてたのがまだあったりします。

もちろん靴下や下着類は毎日取り替えるので、ここの大陸の一族は非常に長生きです。

ただ、気がつくとすっかりゴムが緩んでいるものもあります。もちろんそうなったり破れてきたりすると棄てていきます。

半年ほど前、右後ろが破れかけのパンツがあったのですが、しだいにどんどん広がっていって半ケツ、つまり右後ろがめくれた状態になってしまい、そこのお尻の部分だけスース-し始めたので使用後、廃棄しました。

ところがその時点で残るパンツが7枚となってしまい、土曜に洗濯するので、金曜の夜まで予備が一枚もない状態になってしまいました。

あるとき土曜に洗濯できず、土曜の夜の風呂上りに下着大陸の住民がいないことに気付き、あわててズボン大陸から海パン族を探しあて、彼らにお願いしてパンツとして着させていただくことになったほどです。それからちょくちょくお世話になっています

そのまま特に何も考えず半年たった最近、すでに2着ほどゴムが限界なものがあり、その内一つは座っている時はいいのですが、立ち上がって歩くと一歩一歩ズボンの中でずり落ち、5分も歩くとズボンの真ん中でかろうじて止まっているだけの、ノーパン状態になります。

良く腰で履くとか言いますが、この場合、ももの辺りに触れている、というだけで非常に不安定です。エレベーターや人のいないところで思いっきり戻すのですが、また歩き出すと重力で下がっていき、ガーター状態に戻ります。

つまり、完全に死んでる状態です

なのでこのパンツはいつも最後にポツンと残ってます。

その姿はなんだかいじらしく、「又お前か・・・」と思われながらも何とか役割を果たそうと懸命にがんばる姿はスポ根系です。

なんとか踏ん張るときもあるのですが、やはり途中で支えきれず、ある一定のライン(骨盤の辺り)からはするっと左右同時に腿まで直下します。

そうなるともはやパンツではなくなるのですが、引き上げた後、またなんとか踏ん張ろうとする姿にこちらも勇気づけられます。

でもまた絶えきれなくなって、するっと落ちます。これの繰り返しです。

踏ん張っている状態は意外にも結構長いように思うのですが、途中からは結構あっけなくて、するっといくのです、これが。

つまり歩いて4分59秒までは下がりながらも持ちこたえるのですが、最後の1秒で70%ぐらいの高さを一気にするっと行くのです。

それでも家にいるときはまだマシでゲームしてたりして座っていることが多く、パンツの役目を果たしているので、いつも買い物リストから漏れてしまいます。(家ん中で5分も歩かないし

靴下国の一族も穴の空いていないものがほとんど無く、かつゴムもゆるんでルーズソックス状態になってます。

冷静に考えると下着大陸の中に靴下国があるので、この大陸の一族達はホントにご長寿ですね。

・・・

・・・

・・・

ってかマジ買おうよ、俺。

2006年4月21日 (金)

靴下族の儚い恋

男の一人暮らし、まあ正確には猫との二人暮しですが、こういう生活がどんなものであるか、だいたい皆さん想像つくと思います。

まず、冷蔵庫はビールで埋め尽くされます。

BBQなどをすると皆さんがいろいろ持って来てくださるのですが、

GOさん、この野菜室に入ってるビール出してもいいですか?

などと聞かれます。

オーストラリアにはTIMTAMというチョコレートのお菓子があって人気があります。

こちらに旅行などでこられた方はご存知だと思います。

日本ではたしかソニプラとかで手に入ると思います。

これ、平日のディナーのメインになります

ビールとTIMTAM、そんなに甘党でない俺には飽きが来ますので週2でチップスが来ます。

チーズも栄養補給に欠かせません

そんな俺ですが、週末にはがんばって料理をします。

専らレバニラと角煮のローテーションですが

角煮などは一気につくるので、土曜の夜、日曜の朝、昼、夜、月曜の夜→残りは冷凍となります。

なのでTimTamに飽きて、チップスも見たくないときに冷凍庫に角煮が入っているとまさにお宝のように輝いてみえます。

じぇりーがいるのでがんばって週末に掃除機をかけたりして比較的家は綺麗にしています。ですが服は寝室にすべて脱ぎ捨てです。かつ、洗濯が終わったやつも無造作に置かれています。

ぱっと見た感じ、めちゃくちゃに服が散らばっていますが、実は俺にしかわからないように、

T-シャツ大陸下着大陸靴下国ズボン半島

といった具合に大まかに区別されています。

なので風呂上りはそれぞれの大陸を横断し、必要なものをGetするわけです。

たまに靴下国の一部が下着大陸に遊びにいったり、もちろん国際交流もさかんです。

朝の出勤前の苦労の一つに靴下選びがあります。

今日はどの靴下にしようかな~♪

というお洒落なものでなく、正直どれでもいいので一個掴むのですが、ペアを探すのに一苦労です。

とは言っても穴が限界まで空いて片ッぽだけ棄てたりもしているので、必ずしもペアとは限りません。基本的にはグレー種、紺種、黒種、白種と言った大まかな種族が靴下国にはあって、差別化されてます。

基本的に差別には大反対ですが、靴下国の場合は仕方ありません

色違いはビジネス上タブーです、きっと

一方紺族同士ならおつきあいは認められます。柄も違えば大きさも違っても、大まかに紺であれば、一緒にお出かけすることは許されています。というかそうしないといけない場合もあります。

平日は完全に差別化されている靴下国ですが、週末一人で家にいて、夜寒いから靴下でも履こうかなあ、と思ったときは例外もあります。

実際ソファーで足を投げ出してゲームをしてふと気付いたら色違いの靴下だったりするときもあるので、その時の靴下達はさながらロミオとジュリエット状態なわけです。

寝るときには靴下を脱いで寝るので彼らの恋も履かない、いや儚いものです。

無造作に投げ捨てられる靴下。洗濯され、再び靴下国に帰り、今度いつ二人は会えるのか、それは誰にもわかりません・・・

ってか俺もどいつとどいつだったか覚えてないし

※もちろんこんなこといっつも考えてませんよ。もし考え始めたら、靴下と話せる男になってしまいます。「よかったねえ、また出会えて」とか「今夜は一緒にしてあげよう♪」などと話し掛けてたら、間違いなく病気です

2006年4月20日 (木)

オージーが信じない話(電車編)

現在はGOPRAで通勤してますが、以前電車で通っていたこともあります。

その場合の一番の難点は

時間通りにこない

です。

5分前後は当たり前、10分ぐらいだって平気で遅れるときもあります。

ただ、会社も含めて社会全体の風土がのんびりしていて、時間に遅れても誰も気にしないので、電車が遅れても皆特に焦ったりはしません。

待ち合わせなどに遅れても、「電車が遅れて・・」と言えば「No worries」ということになります。

困ったのはGOPRAが10日間入院したときです。

田舎に住んでいるため通勤時も1時間に2本しかないバスを使わねばならず、帰りの終バスはなんと

6時36分

会社を定時の6時に出ても間に合わないので、5時半前には出て電車に30分近く乗り、間に合えば一本前の6時06分のに乗ろうとするのですが、大概間に合いません。

ですが、バックアップの終バスには間に合います。

そんなある時、電車が遅れたため、慌てて急行に乗ってしまったことがあり、自分の駅を虚しく通り過ぎ、反対ホームで待つこと10分。定時になってもこないばかりか、さらに5分後に

「始発駅を発車した電車は具合が悪くなったので戻りました」

とのこと

か、風邪か・・?

にしてもなんで今ごろそんな連絡が入るんだよ全く・・・。

それどころが次ぎの電車がくるめどは立たず。

電車、全くやる気なし

見事終バスに乗れなかった俺は大雑把に俺の住んでいる地域にいくバスに乗り込んで、運転手に事情を話すとマイクをとって

「この哀れな兄ちゃんを家まで送っていってもいいかい」

と本部に聞いてくれ、マネージャーみたいな人が

「いいとも」

と快諾。ああ、オージーって最高。

実際「いいとも」=「No Worries」でしたが、このときばかりはなんとも頼もしい「No Woriies」でした※GOPRA上陸編参照

ほとんど乗客がいなかったので運ちゃんと話で盛り上がり、最後はきちっと家の前まで送ってくれました

2時間もかかったけどね(泣)

※通常駅からバスで15分

さて、この話をオージー達にして、日本では電車は1分だって遅れないよ、と言っても皆信じてくれません。

もちろん関東の中央線のようにしょっちゅう事故や故障で遅れる場合もありますが、基本的に日本の電車は時間に正確で、利用者もそれを期待しています。

すると

「日本のように過密な人口かつダイヤで、何故そんなに時間に正確なんだ?」

と聞くので、それは運転手が

事故ってでも次の駅を目指すから

というと

またあ、GOったらジョークばっかりぃ~といって信じてもらえません。(神風をモジッたと思われるようです)

過去に犯した”遅れ”というミスからプレッシャーを感じ、猛スピードでカーブを曲がり切れずマンションの1階につっこんだあの悲惨な大惨事はまだ記憶に新しいのですが、オージーでも知っている人はいます。ただ、そういう背景があったことまではあまり知られておらず、俺の説明で皆驚きます。

「何故そうまでして、急いでしまったのか・・・」

オージーには100%理解しがたいお話です

こっちにいると時間の大切さを実感します。

それは1分1秒を争うとか、急ぐとかそういう意味でなくて、ゆったりした時間、のんびりできる時間のことを指します。

時間に関しての考え方は、どちらが正しいとか正しくないではないと思うのですが、少なくとも2度とあのような多くの犠牲者を出してしまった大事故は起こして欲しくないですね・・・。

2006年4月19日 (水)

オージーが信じない話(駐車場編)

以前、”愛嬌たっぷりのオージー”と”GOPRA上陸編”などで「ここが変だよオーストラリア人」的なお話をしましたが、今回はオージーが信じない日本人に纏わる出来事をいくつか紹介します。

我々日本人にとっては当り前、というか周知のことなので今更な話ばかりですが、角度を変えてみてみると結構不思議な感じです、たしかに。

まず、家の駐車場

オーストラリアでは一軒屋はもちろんアパートにもガレージや駐車場が普通についています。なので、家から離れたところに駐車場を借りる、ということ自体がまず信じられないのです。

日本では14、5年前だったでしょうか、車の保管場所を証明できないと購入できない法律が生まれましたが、この手のネタをオージーにするとかなり食いついてきます。

しかも一旦保管場所が確保されたら、特に都会では皆安い駐車場を探すため俺の経験をもとに、徒歩30分かけて車をとりにいく話をしたら

オーノー、信じられな~い、30分歩いて車取りに行くなんて変な国~

ぐらいのジャブが入り、

「あっ、でもね自転車があると便利。だから自転車で行ってたよもちろん」

と、言うと

そういう問題ちゃうやんかw

と、もちろん英語でつっこみが入り

原付で取りに行く人もいるしね」

あたりから、

冗談だろっ???

という反応になります。

つまり、

車を取りにいくのにエンジンかけてバイク????ガソリン使うの??今から使うのに???おもろすぎる!!!!

というわけです。

極めつけに

電車を使ってとりにいく場合もあるよ

と言うと大爆笑を誘い、

GOのジョークは最高っ!!

となり、作り話だと思われて誰も信じてくれません

もともとこっちで家やアパートを借りる時、駐車場代が別という感覚がありません。日本ではマンションに駐車場があっても別途駐車場を払いますので、その辺からして感覚がづれます。しかもその場合はたいてい高いか、一杯で埋まっていたりして他の駐車場を探さないといけないですよね。俺の場合はいつもそうでした。

GOPRAは日本時代はいつも青空駐車で、夏になるとサウナ状態でしたから、こっちにきて賃貸であろうがなんであろうが屋根付のガレージがあるのは夢のような話です。

オージーにしては当たり前の話を、自分の家のガレージの前で語る俺。

そしてこのガレージを持つことが俺の夢だった、と家そのものよりもガレージを熱く語ってる瞬間、オージーとの温度差300度ぐらいありますね。

皆マジでポカーンとしてます

なので日本を知ってもらうためにも上記のような話をするのですが、残念ながらいつも”電車”のところで信じてもらえません。

むしろこの手の話をする場合、GOの話は最初からすべて作り話で、彼はそういうキャラ、と思われている可能性大です。

つまり俺、嘘つきになってます(泣)

~明日はその”電車編”をお送りします(たぶん)~

2006年4月18日 (火)

一人目のレンガ職人の気持ち

イースターの4連休もあっという間に終わってしまいました。休み明けの初日はいつもぐったり、そして週末に向けて体力を回復させるGOです、皆さんこんにちは。

連休の3日目、Ryohei夫妻、Yoshiさんご家族、NP、Noriさんが遊びに来てくれました(名前は先着順です、特に意味はありませんが

じぇりーと田舎でひっそり暮らしている俺にとって、みんなでわいわいやるBBQなどの一時は大事な財産です、皆さんぜひまた遊びに来てください。

夕方、でっかい(ほんとでっかい)広場で男女に分かれてテニス組と野球組に分かれて体を動かしました。野球は思いっきり打てるのが魅力でバリーボンズが真芯で捉えて180メートル飛ばしても、まだ芝生が続いているような場所です。

最後はサッカーで締めるという実に充実した野外スポーツの一時でした。

Noriさん来ること忘れてたけどね

夕方慌てて家に戻ったときは、まだ来ておらず、ホッとしたのもつかの間、30分後には

「いやー遅れてすいません、もっと早く来るつもりだったんですが・・」

とNoriさん、もっと早くこれなくてよかったです、ほんと。

そういえばNPが気になる一言。

ゲーム以外で体を動かしてるGOさん初めて見ましたよ、今日

ゲームオタクとして定着しているイメージがここでも浮き彫り。俺だって外に出て遊びたいわい。ただ、一人でフリーバッティングしても、虚しいレベルはSランクですからね。

いい運動にはなりますが、心の健康レベルが心配です。

ちなみに「もともとゲームでは体動かさないでしょう・・・」というつっこみがNPに対して、ありましたが、

俺すんげー動かすけどね、ゲームしてても

例えば野球ゲー。喜怒哀楽をベンチにいる監督、選手以上に表現しますし。結構疲れます。

Yoshiさんご家族がお帰りの際、お子様のJ君(6歳)が丁寧にも、

「遊んでくれてありがとう」

といってくれましたが

いやいや、みんなに遊んでもらってるのは俺の方だから

心の中で返答しておきました。

夜、残ったNPとNoriさんと夜中の2時まで「いたスト」※の3Pを楽しみ、月曜はフェンス作りのため朝7時起き

オージーの友人が朝、家に来たときは俺の体力は8%ぐらいしかなかったですね。

フェンスを作るために測量、機材の運搬、セッティングなど朝から引越し並の体力を消耗し、秋と言えど、灼熱の太陽の下は真夏並の熱さ。

どんどん消耗する体力の中、必死で溶接を行なう俺とオージーの友達。

汗は流れ、昨日の運動の筋肉痛もあってか、体の節々が痛く、体力1%で気力のみで作業を続けます。

昼の休憩を挟み、作業を再開。

もう体力も0%に近づき、気力も無くなり掛けきた、そんな時にもし旅人のんきに

「なにをやってるんですか」

と話しかけてきたら

「みればわかるだろ、フェンスをつくってんだよ」

迷い無く返しますね。

昨日の「3人のレンガ職人」のお話は日本時代は”仕事の意味、やりがいの見つけた方”として教えてこられましたが、今の俺なら、この旅人に対して

「お前こそ何やってんねん、ぶらぶら旅なんかしてねえで働かんかいっ!」

とつっこみたくなるなりますね。

以上、「一人目のレンガ職人の気持ち」でした

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート Special ※「いたスト」はいただきストリートの略です

2006年4月17日 (月)

「3人のレンガ職人」

3人のレンガ職人がいました。

旅人が町を通りかかった時、レンガ職人に話しかけました。

一人目のレンガ職人に

「何をやってるんですか?」と聞くと

「みればわかるだろ、レンガを積んでいるんだ」

と答えました。

二人目のレンガ職人に

「何をやってるんですか?」と聞くと

「壁をつくってるんだ。1時間で5ドルももらえるんだぜ」

と答えました。

三人目のレンガ職人に

「何をやってるんですか?」と聞くと

「今つくっている壁は、素敵な大聖堂の一部になるんだ。俺はそんな立派な建物の壁を任されて造っているんだ」

と答えたそうです。

これも日本時代、兵隊のように働いていた会社の研修で聞かされ”68へえ”ぐらいありましたね。

一人目は目の前の仕事をただ淡々とこなすだけ、二人目はお金のため、三人目はもっと大きなところに目標も持ってその仕事に取り組んでいる、というものでもちろん三人目のレンガ職人みたいになりましょう、という締めくくりです。

この話、実は続きがあって、その後、一人目のレンガ職人は不平不満を言いながらその仕事を続け、二人目はもっと高給取りの仕事へ移り、三人目は現場責任者になって他のレンガ職人の育成をする立場になったとか。

ただ、パラダイム思考ジョハリーの窓ほど刺さらなかったのは、会社がどんな仕事でもやりがいを持って働け、というのが見え見えだったのと、俺の場合、人生の目標を別においていたため、”その達成のために、つまり金のために働いて何が悪い”と感じたからです。

つまり、俺には俺のレンガ哲学がある、都合よく会社には振り回されないぞ、と思いました。※レンガ哲学と言うのもがあるのかは知りませんが・・・

自己目標の実現においてこの会社はプロセスであり、人生のすべてではないという解釈です。

一方で働いている時は勉強だと思って、その仕事の中にやりがいを見つけ働くようにしました。なので職場では三人目のレンガ職人になりきってましたね、実は。なのでこのお話が全く無意味なわけではなかったのです。

でも見せかけだったけどね

つまりレンガを積む意味とかを美しく語り、後輩に仕事の目的を諭しながら、自分はKazと仕事中に焼き鳥屋(いせや)に入り浸るとか、支店周りの振りしてKazと登戸のホームで3時間ビール飲むとか、レンガをほとんど積まずに6年働きましたね。

なので6年かかっても壁すら出来上がらずに会社辞めちゃいましたね、結果的に。

明日は「一人目のレンガ職人の気持ち」をお送りします(たぶん)

2006年4月16日 (日)

「長旅を終えて」

この4連休の初日、実は長旅から帰ってきました。

このブログを始めたのが丁度1ヶ月前でしたし、その少し前に旅にでていたので1ヶ月ちょっとの長旅でした。

邪悪なオーラに包まれていく世界。旅の途中で出会った3人の仲間と共に寝食を共にし、旅の道中で出会う様々な難題を解決していきました。

時には離れ離れになったり、お互い”いがみ合う”こともありました。

最初は歩きでしたが、途中で船を手に入れて世界を巡り、最後は鳥になって空を駆け巡りました。

方向音痴の俺は、洞窟で迷子になったりもしました。

しかし旅に障害はつきものです。

それらを乗り越えて旅を終えたときこそ、人は一回りも二回りも大きくなるのです。

あっ、これドラクエⅧの話ですよ、もちろん。

レベルって意味で言えば、最初に比べて40回りも大きくなりました。

・・・

昔からドラクエは好きでしたが、ほんと10年以上ぶりにやりこみましたね。

エンディングを迎えたときの達成感は、ゲーマーでない方々の想像を絶すると思います、ほんと。

なんてたって延べ65時間プレイしてますからね、記録によると。

しかしこのⅧはストーリーがよく出来ています。

例えば旅の途中、アルカンタというお城に立ち寄りました。城下町の人は2年間喪に服しているとか・・・。

この城の王様、愛する妻を2年前に亡くし、すっかり立ち直れず、来る日も来る日も愛する妻のことばかりを考えていました。

そのため、城下町を含むこの辺のエリアのお祝い事を一切禁止して、喪に服すよう命令していたのです。

・・・

・・・

なんか刺さるなあ・・心に。

主人公のごうジリ(GO+じぇりー)は、何とか問題を解決しようと王様のために、一肌脱ぎます。

人のこと構ってる場合じゃなく、俺が助けて欲しいぐらいなんですけど、ほんとは

ごうジリは王様の希望通り、天国にいる妻とあわせることを実現させ、その彼女から元気と勇気をもらった王様は立ち直り、本来の王様の職務を国民のために遂行することを亡き妻に誓います。

・・・

・・・

・・・

なんていい話だ(涙)

ちなみにこれ65時間の内の2時間ぐらいのストーリーです。ほんの一部です。

・・・

でも本当に泣きましたよ、この時。よかったなあ、お前はMove on出来てってね・・・。しつこいようですが、ホント人のこと助けてる場合じゃないんですけどw

エンディングも邪悪な神を倒して平和を取り戻す、という単純なものでなく、ダスティ・ホフマンの卒業を彷彿とさせるドラマティックな演出。

すごいですね、ゲームもここまでくると。

俺にも感動と勇気を与えてくれました、ありがとうドラクエⅧ!!

・・・

・・・

・・・

さて、これ友人のNPから借りたのですが、実はもう1本借りてます。

「バイオハザード(アウトブレイク ファイルⅡ)」です。

ひたすらゾンビになった人間を殺しまくる、所謂残虐すぎて問題作となったゲームの続編です。

ドラクエがファンタシーならこっちはホラーサバイバー

・・・

・・・

ドラクエと違って大きな問題があります。

・・・

・・・

・・・

・・・

俺、これ系怖すぎて夜一人で出来ません(泣)

追伸)映画ハムナプトラで証明された聖獣であるじぇりーが横にいてくれるのはいいのですが、怖いシーンのときに限って、いきなり何もない壁の方をじーっと見たりします(泣)「やめてえっ、じぇりっ!」と言うと、今後は俺の肩の後ろの方をじーっと見たりします(大泣)

ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君 バイオハザード アウトブレイク FILE2 パッケージの絵的にもかなり差がありますよね・・・。

2006年4月15日 (土)

日本代表

昨日からイースターの4連休がスタートしました。

家の景観造りに精を出していると、四方八方のご近所さんと会います。

「ハーイ、GO。ゲンキ~??」 (もち英語です)

「まあ、ぼちぼちやってますよ、どうですかそちらは?」 もち英語です)

「ええ、こっちもぼちぼちやってるわ。連休はどこかいくの?」 (英語です、以下省略)

「いや、ずっと引きこもるよ、いつもみたいに」

「相変わらずね~、だってじぇりーちゃんがいるもんねえ、心配よねえ」

「ええ・・・。ところで皆さんはご家族でどこかいかれるんですか」

(以後30分立ち話)

オーストラリアでは話が長い・・・・。

とにかく1回つかまると30分です。

昨日なんて夕方芝刈りをしようと思ってたら、又別のご近所に会って30分

開放された後、芝刈り始めて5分ぐらいで日が落ち、10分後には真っ暗。

全く見えない芝を刈ってる姿は「日本人は夜も目がみえる」と噂されててもおかしくありません。

にしても昨日だけで4組のご近所さんとコミュニケーションをとったのですが、連休なので上記のおきまりの挨拶のあと、みな必ず

「かわいいじぇりーちゃんがいるもんね、GOには」

と口をそろえていいます。

確かに普段ご近所さんとの会話にじぇりーのことは出てくるとは思いますが、中にはじぇりーを見たこともなければ知らない人までそう言います。(じぇりーは家猫で外に出さないので)

その人達から口をそろえて、

「あんだけかわいがってたら、たしかにどこもいけないわよねえw」

と言われる度に

・・・

・・・

・・・

・・・

俺とじぇりーの会話、盗み聞きしてやがる

とわかります。

今日も少しづつしかし確実に

「猫と会話のできる日本人」

としてのアイデンティティが確立しつつあります。

近所の家に遊びに来た家族とも

「隣の日本人、普通に猫と会話している」

となり、そこから噂が広がって。

「猫と会話ができる日本人」

「日本人は猫と会話できる」

変形していく可能性があります。(噂話はほとんどこうなります)

皆さんがオーストラリア、特にブリスベンエリアに旅行にきて、知り合ったオージーに

「へえ、君日本人なんだあ・・・。猫と会話ができるって本当?

と聞かれたら、発端は俺ん家ですw

2006年4月14日 (金)

交通安全のススメ(一人暮らし編)

「速く(早く)より、”必ず”と待つ、猫がいる」

これはあくまでも交通安全を目的としたものであり、車を運転している、という状況下で初めて効果があります。

これを悪用して、

「早くより、必ずと待つ、がいる」

と置き換えて、朝帰りをした未成年の場合、

必ずどつかれます

さてこの交通標語ですが、ペットもいない一人暮らしバージョンもあります。ただ、この場合若干のマイナーチェンジが必要です。

例えばこんなんどうでしょう。

「早くより、必ず帰れ、”あれ”がある」

つまり、やっぱりここでも抽象的なものより具体的なものの方が、安全運転で”絶対”帰らなきゃ、という気になります。

誰にでもジョハリー”秘密の窓”の部分はあります。人には知られたくないもの、見られたくないもが、一つや二つは家にあるはずです。

麻薬とか死体とかはマジに洒落になりませんが、例えば俺の場合だと、PCのマイドキュメントに入ってるお宝画像ぐらいですかね、知られたくないの。

なんでもない友達との写真なんかのフォルダに何気なくかつ巧妙に隠してあるエロサイトからダウンロードしたお宝画像の数々、まさに上記の”あれ”にあたります。

仮に俺の身になにか起こったとき、後日PCの中にあるノーマルな写真が発見されたとします。懐かしむ、家族、友人。みなPCの前に立ち、元気なころの俺の姿を見ては思い出に浸ります。そんなとき、例えばKAZ”これはなんだろう”気をきかしたつもりでパンドラのファイルを開いてしまうと、一同の目の前で無修正画像などが飛び出します。

ある意味、総立ちの男性陣。

こんなこともあろうかと、興味がないのに立ち寄ったついでとかに気軽に”放尿モノ”とかは間違ってもダウンロードしません。※誤解のないように繰り返しますがホントそっちは興味ないっす。

これはほんの一例ですが、こういう場合は、”猫が待つバージョン”と併用してもいいわけです。

「速くより、必ずと待つ、じぇりがいる」

「速くより、必ず帰れ、あれがある」

ちょっと無茶したくなった時に、

①  ①    ①  ①  

ぐらいのリズムでを入れて唱えてもいいかもしれません。

もしもマニアックな映像を一時期保存していたら、

  ①    ①  ②  ②

ぐらいの割合で最後にダメを押すぐらいの気持ちがあるとアクセル緩みます、絶対。

なので決して一人暮らしの方に限定した用法ではございません。

現に、ペットを飼っている家族がドライブに出かけ、夫婦が交代で運転をするとき、それぞれ全く別の”あれ”を心に抱いてるとも限りません。

① ① ① ① ① ① 

② ② ② ② ②、② ② ②

という割合だと、この夫、なんかとんでもないもん抱えている可能性あります。

もちろんぴったり息のあった夫婦も少なくないでしょう。

運転する夫に

「あなた、くれぐれも安全運転でね」

とやさしく声をかける妻。後ろのシートでは子供達は疲れて寝ている。

「ああ、わかってるよ」

と夫。

二人の心の中は

② ② ②、 ② ② ②、 ② ② ②

と呼吸はぴったりです。

こういった夫婦の場合、SMグッズ大人のおもちゃを抱えている可能性が考えられます。

おもちゃ箱にしっかり鍵を”封印”していたとしても、かえってその箱に遺書とか大事なものが入っていると思われ、弁護士立会いの下、親戚一同の前でこじ開けられるパンドラの箱。

次々と飛び出すグッズ、しかしそれがなんだかさっぱりわからないおばあちゃん巨大なペニス型のおもちゃを左手に持ったまま、さらに箱を探す。ローソクなんか見つかったときには”備えはきちんとしてたようね”の一言。

たまりかねて、やっと絞り出したような声で誰かが、「おばあちゃん、きっとここにはないですよ・・」ささやいた時にはすでに遅し。「はあ?」と振り向いたはずみでスイッチが入って静寂の中で動き出す”おもちゃ”。

暫くの間、モーターの音が空しく響き渡ります。

こんなことにならないように、”絶対”帰らないといけないわけですから、この夫婦。

皆さんも自分に当てはめて標語をつくり、くれぐれも安全運転を心がけてください。

※警察関係の方からのお褒めのコメント期待して待ってます。過去の数々の悪行を、この3日間のブログですべてチャラにしたぐらいいいこと書いた、と思ってます、マジ。

そういえばRyohei、いつも必要以上に安全運転だな・・・

2006年4月13日 (木)

交通安全のススメ(キムチ編)

さて、標語編の続きです。

ワンちゃんに長い名前をつけてしまった場合のケースについていろいろ考察しましたが、よくよく考えると

”いぬ”でいいだろ

はい、その通りです。

・・・

ただ、世の中のペットはワンちゃんだけではありません。

だっています。

Rhohei夫妻のところでは最近ペットとして小さなお魚を飼い始めたのですが、付けた名前が”キムチ”

魚だからといって、”うお”とか”ぎょ”って言ってもしっくりきません。

両方とも”びっくり、または脅かし系”ワードのため安全運転をおびやかす危険さえもあります。それに昨日の法則からいくと”ぎょ”では1語扱いとなりリズムが狂います。

なので真剣にキムチに真っ白な気持ちで向かっていかないといけません。

キムチですから

キムチ・・・

・・・

・・・

・・・

キムゥ・・・

・・・

・・・

・・・

キィ・・・

・・・

・・・

・・・

ぽちでなんでやねん by Ryhohei)

余談ですが、キムチなんて名前つけたら、夫婦でしっかりコンセンサスとらないといけないですね。

Ryoheiが出張先から、家に電話したとき、奥さんに

そういえばキムチ食べちゃった・・・

と言われると3%ぐらいは嫌なイメージが湧いてしまいます。

夫婦はツーカーの仲とは言え、この場合はわかってても”冷蔵庫の”とか、せめて”残り物の”とかを頭につけてあげるだけで相手は安心です。

キムチ腐ってた・・・

これも同じです。

実は、まだここまではなんとか大丈夫なのですが。

キムチがになってた

とか

キムチが逆さになってた

というレベルになると五分五分か、愛するキムチへの愛着が強ければ強いほどかなり不安をRyoheiに抱かせてしまいます。

一言”冷蔵庫の”と付け加えたいですね。

これが再びワンちゃんだともっと大事件になりかねません。

例えばババロアとかモンブランなんてお洒落な名前をつけてたら注意が必要です。

モンブランがどっかにいっちゃった・・・・

電話口のお父さんは大パニックです。

「探せ、今すぐ探せ!!」と電話で怒鳴り、最後はガチャ切り。

モンブランを探す母、家族中問い詰めて一番上のお兄ちゃんがつまみ食いをした事実が発覚。

「お父さん、おこるわよお・・。今夜楽しみにしていたみたい。すごく動揺してたもの」

そして長男はおこづかいでモンブランを買い、父の帰りを待つ

母「お帰りなさい、冷蔵庫に入ってるわよ、モンブラン」

「ああ、甘いものはいいや」

兄「・・・」

家族の不協和音を招くだけでなく、この後長男が抱く不信感により非行に走るケースだってあります。

こんな恐ろしいケースも考えられます。

ババロアがもう限界・・・

もし、高齢の犬を持つ愛犬家のお父さんが出先でこんなことを言われたら

「すぐに病院へ連れて行けっ!!今すぐ行けっ!!」

となります

日ごろ亭主関白な家庭なら奥さんは動揺したままいわれるがままに、ババロアを取り敢えずタッパーかなんかに詰めて病院に持っていきます。

奥さん「先生、これなんとかなりませんか・・」

医者「・・・ケーキ屋さんで新しいのを購入してください」

その後、精神科にまわされ、

「いや、私でなくババロアの方なんですが・・

「大丈夫ですよお、すぐ終わりますから」

診察料、お薬代までを払い、帰りにケーキ屋でババロアを購入。

後はさっきと同じです。1日大変な思いをしたのに”甘いもんはいらないや”の一言で片付けられ、ある意味ここで役立つ精神安定剤。

怖いですねえ、”冷蔵庫の”が抜けただけで・・・。

明日は交通安全のススメ「一人暮らし編」をお送りします。ペットなども飼ってない純粋な一人暮らしの方は必見です。

って最後の方交通安全のススメというより家庭安泰のススメになったな・・・

2006年4月12日 (水)

交通安全のススメ(標語編)

GOPRA編速度取締り編の流れから、こいつは交通ルールを守らない、と思われているGOです、皆さんこんにちは。

GO編で、カローラやGOPRAならさらにやばかったと大袈裟に書きましたが、実はオーストラリアに来てからというもの、GOPRAではかなり抑えて走ってます。

意外だと思うかもしれませんが、免許を再交付されてからの12年間、GOPRAでは一度も速度違反はありません。

日本では既にゴールド免許ですし。(日本にいないからねw)

今日のお話は、たまには警察のお役に立とう、というすばらしいトピックです。

つまり今までご迷惑をおかけした分、ここで取っておきの交通安全対策を披露いたします。

実は俺、交通安全標語を独自で編み出し、GOPRAを運転しながら逸る気持ちをセーブしています。

例えば、とろい車が前を走っている時。

ルールに乗っとって追い越しをする分には問題ありませんが違反はいけません

追い越し禁止やはみ出し禁止になっているところは、それなりに死角があったり、理由があってそうなっているのです。

信号もしかり。

大阪で運転していたときのように、赤信号になってから3秒はまだいける、と思っているとオーストラリアでは信号の変わり目が早いので事故を招きます。

信号のない交差点も見通しがいい分思わずつっこみたくなりますが同じ考えの奴が4人同時に進入したらビリヤード状態になること請け合いです。

なので思わずつっこみたくなる衝動に駆られた時、念仏にようにこう唱えます。

・・・

「速く(早く)より、”必ず”と待つ、ねこがいる」 

・・・

そう唱えると、ふっとアクセルから足が離れ、しっかり減速を行い、安全確認を十分行なった上でルールの範囲内できびきび走るようになります。

言い換えれば制限速度まではアクセルベタ踏みです。

さて、もちろん上の標語をもとに、皆さんの環境に合わせて猫を”犬”や、人の名前に変えてください。

又、「必ずと待つ」を「必ず待ってる」にしてもいいと思います。

前者の方が堅いイメージ、後者の方が柔らかいイメージになります。年齢や、性別、その時の気分、BGMなどによって使い分けるといいでしょう。

ポップ系のBGMにはリズム間のある後者の方がお勧めです。

ただ、上では猫と書きましたが、実際には名前で呼ぶのが一般的でしょう。

俺は”じぇり”にしています。”じぇり~”だと間延びしてしまい、5・7・5のリズムが損なわれます。

こういうとき必ず、指で数えながら、”じ・え・り・が・い・る”と6文字であるという主張をされる方もいらっしゃると思いますが、上の”待ってる”と同様、じぇりの”ぇ”はリズム上全く問題がありません。つまり”じぇ・り・が・い・る”となるわけです。

難しいのは犬とかで長い名前をつけたときです。

例えば源五郎丸。

ちょっと長いので

源五郎丸・・・

・・・

・・・

源五郎・・・

・・・

・・・

源五・・・

・・・

・・・

・・・

ポチでいいと思います、この場合。(ゲンでいいだろ、というつっこみはおいといて)

やっかいなのは、洒落ッ気でちょっと代わった名前をつけよう、みたいな感じで酔った勢いでつけてしまった犬の名前です

例えば「生麦生米生卵」

こういうケースはそのままですと、非常に危険です。

リズムも損なわれる上、最後のフレーズでかんでしまい、不吉な予感さえ抱いてしまう方も出てきます。中にはキチッと言えるまでに時間を要し、いらいらにつながりかえって事故の元になります。

これでは交通安全のための標語の意味がありません。

なので上手く二言にまとめた方がいいです、絶対。

・・・

・・・

んー、この場合は

・・・

・・・

・・・

卵ですから・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

・・・

ポチ

次回は交通安全のススメ”キムチ編”をお送りします。(たぶん)

2006年4月11日 (火)

速度取締り~GO編~

1年ちょっと前に、会社の車で速度違反でつかまったことがあります。

以前飲食関係の会社で働いていた時、週6日というオーストラリアでは考えられない勤務日数の上、レストランを開店してからは正社員はみな12時間以上勤務してました。

何故この会社で働いていたかといいますと、単にお給料が良かったからです。

しかし金は溜まりますが1日12時間勤務で週6日も働くと、肝心の景観づくりは疲れて出来ない上に、何よりもじぇりーがかわいそうです。

しんどい時に俺を支えてくれた重要な家族ですから、ほったらかしでかわいそうで仕方ありません。

通勤は基本的に会社の車だったのですが2種類ありまして、カローラと白いバンです。

カローラは小回りが利くし早いのですが、バンの方はディーゼルでパワーもなく、アクセルベタ踏みでもなかなか思うように走りません。

いつも朝はじぇりーのために明かりをつけて出るのですが、その日はうっかり忘れてしまいました。午後6時ごろ、俺の本来の仕事が終わり、帰ろうと思ったところいつものように”レストランを手伝って欲しい”と言われます。

実はこれ、お願いレベルでなく命令です。

”社員はみなそうしてる”というのが社長の口癖です。

うっぜー日本の会社、と思いながらお金が無いので、じぇりーには我慢してもらっているのですが、

Dscf0739 ・・・

 ・・・

・・・

ご覧のようにふてくされてます。

さあ、その日も夜10時ぐらい働き、不運なことに スピードの出ないバンに乗り込みアクセルベタ踏みで家路につきました。119キロ→90キロ→75キロと段階的に速度を落としランダバウトを65キロぐらいで脅威のアウトインアウトで抜けます。

このバンでやると右側のタイヤ浮いてるんちゃうか、と思うときもあります。

体制を整え直線への出たときのスピードは70キロ前後アクセルはベタ踏みのままです。

ところが前方にオワマリが出て制止。

くそっ・・・やられた・・・・。

アホそうなオマワリは

「ずいぶん飛ばしてな、何でそんなに急いでたんだ?」

と利くので

猫がさみしく待ってるから

と本当のことを言うと、

こいつフリーズしてやがる

10秒ぐらい経ってから「あの、急いでるんですが・・」と切り出すと、我に返ったように免許の提示を求め、お決まりのお説教をする。

言い返しても長引くだけだ。急ぐように頼む。

ボケッこのオマワリどんだけ時間かかっとるんじゃ、のろまがっ

という怒りを抑えながらしばし待つ。

しかし、ある意味このバンでよかった・・。

カローラだったら20キロは超えていただろうし、GOPRAだったら手錠をかけられて見事テレビ出演を果たすところだった可能性もある。

NHKでも報道され、

”あれGOくんじゃない??”

とあっちこっちで言われなくて済んだわけだ、少なくとも・・・。

気をつけて帰るよういいながら免許を返すどんくさいオマワリ。

ここは60キロ道路だ。60キロまでどんなに加速してもやつらは捕まえられない。

本道に戻ると、メーターとにらめっこしながらアクセルベタ踏みでその場を後にする。

・・・

家に帰りつくと

Dscf0736「何してたんや、遅かったやんけ。」

・・・

・・・

と真っ暗な中で待つ愛猫じぇりー・・・

6ヶ月働いてお金が溜まった時点でじぇりーのためにこの会社を辞めたのはいうまでもありません。

辞める時、

「猫といる時間がとれない」

というの伝えたら、すぐに辞めれましたよ、何故か。

速度違反(GO編)~完~

-ADS-

Book 交通取締りに「NO」と言える本―誰も教えてくれなかった基礎知識

著者:今井 亮一
販売元:恒友出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book 交通取締りに「NO」と言える本〈3 実践編〉反則金なんか払わない

著者:今井 亮一
販売元:恒友出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年4月10日 (月)

速度取締り~David編~

1年ちょっと前に、ブリスベンのPOLICEでちょっとした話題があったそうな。

まず、オーストラリアの速度取締りの実情について触れておかねばなりません。

この国での取り締まり事情は州によって異なるが、ブリスベンではスピードガンをもって直接スピードを計測するやり方と、オービスの装置をランクルやSURFに載せて、道路に停車しておくやり方(移動オービス)の二つがネズミ捕りの主な手法です。

その他にもちろんパトカーによる追尾や、白バイ、そして覆面も一般的です。

日本と違ってランダムな上、速度超過による罰則が厳しいため、ほとんどの車は日本のように飛ばさず、違反をしてもせいぜい10KM~20Km程度です。

俺が日本で犯した速度違反の中で最も悪質な58キロオーバーなんぞしようもんなら、日本でさえ12点引きかつその場で赤切符、後日裁判所&聴聞会行きなのだが、オーストラリアではテレビのニュースに出てしまいます。しかも殺人者呼ばわりです。(ホント)

ここからはブリスベンのPOLICEが遭遇した実話にもとづいた物語です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その日は夕方からスピード違反の取締りを行なうためDavid(仮名)は現場へ向かった。

昼間であれば路駐している移動オービスや、ガンを構える警察官は比較的ドライバーの目にもつきやすい。ただ、暗くなれば別だ。

Davidは日が暮れるころを見計らって、横の路地にパトカーを隠し、前方のランダバウトから来る車の速度超過を計測するために茂みに隠れる。 ※信号のない交差点

この辺の警察署ではいいスポットになっており、Davidのお気に入りでもある。

2時間余りで数台を検挙し、時間は午後10時を回った。

ランダバウトは40キロ制限、そしてこの本道が60キロだ。いい隠れスポットだが、せいぜい超過しても10キロ~12キロ程度だ。それ以上でていれば、ランダバウトをかなりのスピードで回らなければいけない。

もうそろそろひきあげようか、というときに1台ランダバウトを高速で抜けてくるやつがいる。

Davidぐらいのベテランになると耳が聞く。甲高いエンジン音とタイヤと地面の接触している音のリズムで速度超過しているかどうかは直感で分かる。

すかさずDavidは身構える。

ライトで見にくいがワンボックスのようだ。

18キロオーバーしている。

「運のいい奴だ・・・。20キロ越えていたらたっぷりお説教してやるのになあ・・」

フンっと鼻を鳴らし、こちらへ向かってくるそのバンを停止させようと道路に出る。

白のトヨタのワゴンだ。

どうやら社用車だ・・・。

スピードが出せる車じゃないが・・・。

まだ仕事中なのか・・。

安定の悪いバンであれだけ飛ばしてたんだ、なんかあるな、と思いをはせながらわき道へ誘導し、車を停止させる。

今まで危険な目にこそあっていないが、最初の初動質問は重要だ。

相手と軽くコミュニケーションとることで、相手の出方を見る。

そこでどんな奴かだいたい察しがつく。中には違反を認めたがらない奴も多い。

だから違反を認めさせることが大事だ。

だからDavidは必ずこう聞く

「ちょっとスピードが出てましたが、何かお急ぎの用でもあるんですか」

理由を自分の口で言わせることによってよって間接的にスピードが出ていたことを相手に認識させる効果がある上に、コミュニケーションのきっかけにもなる。

もちろんどんな理由であれ、認めるわけにはいかないが。

さて、どんな奴だろう・・・。

アジア・・・人か・・・。

やはり仕事の帰りのようだ、配達の帰りだろうか。

Davidは早速いつもの質問をぶつける。

どうして急いでいたのか、と

このアジア人、確かにこうはっきりと言った。

「猫がさみしく待ってるから。」

・・・

・・・

・・・

Davidはこれまでにも数々の言い訳を聞いてきた。多少のことでは動じない・・・。

なのに言葉が出ない・・・。

返す言葉が見つからない・・・。

暫く硬直していると、ドライバーから

「あの、・・・急いでるですけど・・・」

と催促がある。

我に返るDavid・・・。違反速度を伝え免許証の提示を求める。

素直に応じるドライバーだが、免許の提示の際

「頼むから急いでください・・・」

切実に語る・・・。

マニュアル通り、違反が良くないことを説明し、切符を切り、気をつけて帰るよう伝え免許証を返すDavid。

免許を受け取ったかと思うとすぐ本道へ戻った白いバン。

・・・

・・・

あんなバンでよくあんな加速できるな・・・。

法廷速度は越えていないようだが、ものすごい勢いで目の前から消え去るバン・・・・。

時計に目をやり、そろそろ俺も家族のもとへ帰るか・・・。そう心でつぶやいて現場を後にするDavidであった。

猫がさみしく待っているから・・・

長い交通課での勤務だが、初めて耳にした言葉だった。

速度超過(David編)ー完ー

-ADS-

交通取締りに「NO」と言える本―誰も教えてくれなかった基礎知識

交通取締りに「NO」と言える本〈3 実践編〉反則金なんか払わない

2006年4月 9日 (日)

GOPRA(上陸編)

オージーの口癖に”No worries”というのがあります。愛嬌をこめて語尾に”mate”をつけるケースも少なくありません。

「心配ないよ」というような意味ですが、

これほど心配な言葉はありません。

1ヶ月間の海の旅を終えて、いよいよGOPRAがブリスベンの港に到着する予定の数日前、電話で確認しました。

数日遅れるということで、到着しだい連絡をくれることになったので、

「それじゃ、ケータイに連絡ください」

「No worries mate」

今でこそ分かってますが、かかってくるはずがありません。

予定の日に気になって連絡すると

おととい着いてるよ、君のコンテナ」

「で、電話くれるんじゃなかったの?」

「誰かトライしたんじゃない?きっと繋がらなかったんだよ」

・・・

・・・

そんなはずはない、俺はつねに着信を気にいていましたから。

まあ、オージーの性格はうわさには聞いていたし、兎に角過ぎたことはいいから次のステップだ。

A埠頭についたコンテナは、車のUnpackや検疫のため、C埠頭にコンテナ毎動かさないといけません。トラックの手配から何まで俺の仕事です。

A埠頭の事務所でトラック業者の手配をし、

「頼むから今日中に頼むね」と担当に念を押しと、

「No worries mate」

実はA埠頭は4日間までは無料でおけるが、5日目から保管料がかかる。

最初の不手際で2日も経ってしまってるので、残されたのは今日と明日。

翌日の朝、C事務所に連絡し

「昨日A埠頭から俺のコンテナが来てると思うけど」

「ちょっとまって確認する」

・・・

・・・

2分後

「ないよ」

「!?」

急いでA埠頭に連絡を取ると、昨日は忙しくできなかったらしい。

今日中に運び出さないと保管料がかかる旨を伝えたところ

「No worries」

さて、夕方心配になってA埠頭のトラック業者に連絡をするとおばちゃんが

「まだあるよ、ここに」

「・・・今日中に運べるんだろうね・・・」

「もうみんな帰ったよ」

「・・・・」

さすがにこれにはキレ、なめんじゃねえ旨を英語でまくし立てた後、

「明日朝一で顔を出すから夜露死苦」と電話を切る。

朝一番、怒りを抑えきれないまま直接トラックの業者に行く。

するとそこにいるのは、でけえごついプロレスラーみたいな奴ばっかり。

「あの~、コンテナの移動をお願いしてるもんなんですけど~♪」弱腰になる

「ああ分かってるよ」

とラリアットでも食らわしかねないごつい頭の剥げた刺青バリバリの奴が答える

「実は保管料がかかってしまうので何とか今日こそ運んでもらえないでしょうかねえ・・へへ」

「No worries mate!!」

・・・・駄目かも、と思いながら今後は最初の事務所に戻り、もともとはそっちの連絡ミスなんだから、保管料がかかるのはおかしい、2日間損してるんだから、今日と明日は無料にするべきだ、と怒りの矛先をこっちに向け、受付で力説するとおばちゃんが

「No worries」

「・・・」

はんまやなほんまやなあ、と何度も念を押し取り合えず2日間は猶予ができた。

その日の午後コンテナを確認したがまだA埠頭にあったのは言うまでもない。

翌日の昼ごろ期待せずにA埠頭に連絡すると「今朝6時にC埠頭に動かしたよ」とのこと。

ふう、なんとか間に合った・・・。

今度はC埠頭でコンテナのUnpackの手配。車は特別な方法で固定してあるから専用の業者を手配する。ここでも「No worries」の連続だが3日間を要した。

コンテナの移動費などの支払いをしているとき明細をよく見ると、A埠頭でのコンテナの保管料がしっかりチャージされている。

ふふっ、こんなこともあろうかとおばちゃんの名前と連絡先を控えてあったので、連絡を取らせ、確認をとってもらうと

「No  worries」

と言いながら斜線を引いて計算しなおす。(ちなみにこっちの奴は謝らない)

だけどそいつ電卓使ってるのに計算間違えてさらに200ドルぐらい安い金額になったの気づいてないんだよね

ふふっ、この戦もらった・・・

泣き寝入りもせずさらに安かったのだ。笑顔でそこから立ち去ったぜ。

後日、Cityで税金を払い検疫の手配をすると

「ああ、君の車ね、荷物すごい積んであるよね。あれ、車の検疫だけじゃなく荷物の方もやらないと駄目だから2箇所でやってもらわなきゃだめだよ」

・・・

オーストラリア、いいかげんだが、検疫にはうるさい国です、ホント。

まあ、引越し荷物の中で布団やらいろいろ詰めるだけトランクや後ろの席に入れたので自業自得です。仕方ありません。

ここでも思うように事は運ばないがだんだん慣れてきました。

無事検疫も終わり、いよいよ登録という段階になってから、

「君の車はオーストラリア用に改造しないといけないなあ」と言われ

改造という言葉はきらいではないが、なんか不安。

「どこを?」と聞くと

「運転席側のミラーをフラットにしないといけないのと、チャイルドシート用のフックをつけないといけないなあ・・」

「??」

実は日本では、よくみえるようにサイドミラーは湾曲してます。ところがこっちではまっ平ら。

視界が狭くなった上に後ろの車がものすごく近く見えるだけで全く意味なしです。

トランクにウーハーがあるからチャイルドシートのフックがつけれないと後日言われ、

「ツーシーター登録にしたら、フックの義務はないよ」

といわれたのでこの際ツーシーターでもいいや、どうせ後ろ狭いしと思い

「No worries」をこっちが使ってやった。

無事認可プレートが貼られ、オーストラリアの基準をパスした書類をもらった。

よく見ると定員が2by2のままになってるけどね

つまり日本のときと同じで4名まで乗れるってことですが、もちフックはありません。

・・・

まあ、いいか

さあ、今度は日本でいう車検のようなものをパスしないといけません。これは先ほどの認可と違って、安全基準の問題です。

車高など心配してましたが見事クリア。

そしてやっと車の登録をしたときには、コンテナが着いてから実に1ヶ月も経ってました。

皆さん、1ヶ月ですよ。冗談抜きです。

その間毎日のように電話で確認やら手配やらで奔走し、1日に何回

「No worries」と言われたことか。

1ヶ月換算すると2百No worriesぐらいありますよ。

これでもはしょって書いたほうですが、ここには書ききれないほど大変な目に合ってます、この間。状況が違っても基本は最初のコンテナの問題と同じです。

「No worries」

これほどまでにWorryな言葉はありません、この国では。

しかし、希望していた「JZA70(型番と同じ)」ナンバープレートが届いてそれを装着したときは感無量で涙が出ましたよ、ホント。

それぐらい大変だったんですから。

しかしこれをやり遂げたことは自信に繋がり、障害が起きてもなんとかなる精神が今の自分を支えています。その後1ヶ月後に土地を買い、家を自分でオーガナイズして建てることにしたのもすべてはここが始まりです。

ある意味、「No Worries」という言葉がわかったような気がします。

まあ、心配するな、なんとかなるさ、という哲学に置き換えて考えてみるとこれほど奥の深い言葉はありません。

こんにちのオーストラリアで、家具屋さんやら電気屋さんやら至る所で聞こえる

「No worries」

配送日に来なくても、やっと来たのに間違った品が家に届いても、正しいのがきても色違いだったりしても、傷がついてても、予定より余計に2ヶ月かかっても、

辛抱強く待てば、”心配なく”希望の品がきます。

若干の色違いぐらいだったらいいかな、と思えるようになったら立派にオーストラリアで暮らしていけます。

さて、今からGOPRAでお買い物にいくかな・・・。

GOPRA編~完~

2006年4月 8日 (土)

GOPRA(旅立編)

「GOPRAのオーストラリア持込は不可能ではないか」

そんな周りの雑音を跳ね飛ばし、絶対連れて行くという信念のもと、俺はやれることをやりました。

人は強く信じることにより、己の希望や夢を実現できるのです。

少しでも疑ったり、不安がってしまうとその通りになってしまいます。

だから俺は”絶対できる”という信念を曲げずに行動しました。(GO哲学より

まず必要なのが、車の輸入許可証をオーストラリアの運輸局からもらうこと。これがなければ絶対に持ち込めません。つまりナンバーが取れないわけです。

条件は

1.オーストラリアに同型車があること

2.車検証、購入時の領収証、自賠責保険の証明書などありとあらうる書類の原本と、認可された翻訳家による和訳の原本を添付すること

3.日本で1年以上本人の名義で所有していること

4.永住権を持っていること

などが挙げられます。

問題は1ですが、心配したって仕方ありません。1台でも存在すればいいのですから信じるしかありません。

2に関してもよくよく考えると購入時の領収書なんてどっかにいってないし、だいたい何十枚も翻訳頼むだけでもいくらかかるんだ?ってな感じで不安はぬぐえません。

ここで永住権を取るために必死で勉強した英語の発揮どころです。

「カバーレター」

・・・

所謂表紙ですが、海外ではこれほど効力を発揮するものはありません。

ドラえもんのアイテムになってても不思議ではないくらい、欧米では重要な存在です。

このカバーレターに、11年も前に購入した車なので領収書がないことなどを触れた上、しかしながら絶対にこの車をオーストラリアに持っていきたい旨を延々と書きました。

まず冒頭は、車は俺の家族である、という定義。(ある人にとっては運ぶ道具だか、俺にとっては人生の苦楽を共にした大事な家族であり、離れることはありえないという主張)

次に、GOPRAとの11年間の係わり方や、これからも一生GOPRAに乗り続けるというプロセス。(どれだけこの車を愛しているか、大事にしているか、又これからも愛し続けるのか、という感動のラブストーリー

最後に、絶対オーストラリアでGOPRAを売らない念書を付け加え、完璧なまでのGOPRAに対する愛を表現したカバーレター、担当者の間で話題になったこと受けあいです。(ちなみに日本車は高く売れるので、売る目的で持ち込む人も少なくないようです。俺は彼らとの違いとここで明確にしておきたかったのです)

”おい見ろよ、こんなアホがいるぜ

と、オージーの間で回し読みされるのは承知です。馬鹿にされようが、笑われようが一向に構いません。

ただ、こっちは笑いをとるつもりなど微塵もございません。

マジと書いて本気です(順番逆か・・・まあいいや)

一つだけ触れなかったのは、GOPRAは意思をもち、俺とコミュニケーションがとれる点

事実ですし、重要な点ですが、

永住権自体が危うくなります、たぶん

さて、これで領収書の件は十分フォローできたでしょう。それにGOPRAへの愛は嫌というほど伝わったはずです。

次に”プロの翻訳家による和訳”の部分を完全に無視して全部自分でやりました。原本と同じレイアウトで和訳をつくり、極めつけは、右下に日付と俺の英語のそれらしいサイン。

まあ、なんとかなるやろ精神です

駄目だったらそんときちゃんと翻訳の人に頼んだらいい、ぐらいに考えて、提出しました。

実はこの作業、すべてヨーロッパの旅行中にやりました。電子辞書など持ってない俺は、あの重たい辞書を常にかばんに入れ、移動の度に次々と書き上げていきました。

いざ、完成した際、提出はドイツの郵便局だったのですが、

送り先は”オーストリアやで、オーストリア!!オーストリアではございません”を何度窓口で繰り返したことか。

だいたい日本人がなんでドイツからわざわざオーストラリアに重たい大封筒を送るんだろうと職員も不思議なはずです。

ああ、おとなりのオーストリアに送りたかったんだな♪

という誤解を想定してAUSTRALIARAの部分を大きくした上に受付のおばさんに念を押したわけです。

しかも全部原本ですから、ヨーロッパ大陸はおろか、ウィーンあたりで迷ってたら、全部一からやり直しです。この翻訳だけでも述べ30時間はかかったと思います。

日本に帰国後まもなく、キャンベラの運輸局から輸入許可証が届いた時は、自分の切実な思いが通じたことの喜びと、”大丈夫よ”と笑っていた、ドイツの郵便局の窓口のおばちゃんに大感謝でした。俺の中ではおばちゃんの貢献度めっちゃ高いです。

日本であれば、決められた書類を決められた手順でないと受け付けてくれないと思いますが、かねてから聞いていたオージー気質(いいかげん、おおらか)にかけ、自分の翻訳とサインだけで輸入許可証がもらえた瞬間、

俺、間違いなくこの国でやっていける

と思いましたね。

この戦もらったぐらいに思いましたよ、ほんと。

でもね、これから車を個人輸入しようと思っている人に忠告しときます。

俺はね、この時点で90%ぐらいもう達成した気でいたんですよ。

兎に角輸入許可証を手に入れるのに必死やったわけですから。

でもね

でもね

・・・

・・・

この段階、わずか1%の達成率です、マジ(涙)

この後、もっともっと大変なんです。

日本においてはまあ、廃車手続きしたり輸送の手配をしたりとお決まりの手続きなんですが、これも思ったより大変。しかしある意味マニュアルに沿ってやっていけばいいだけなので手間はかかりますが、まあ何とかなります。

問題はその後、オーストラリアに車を積んだコンテナが到着してからです。

さっきもいった、オージー気質。いいかげんでおおらかなことがとなって輸入許可証はゲットしたわけですが、こっからは、その気質がとでます。

個人輸入の本当の苦労はここからです。

次回、オージーという生き物の検証をしながら涙と感動のオーストラリア編です。

・・・

・・・

やっぱ1話でまとまんなかった

・・・

”1週間ぐらい読まなくてもいいや”

と思ってる人さらに増えたと確信してます(泣)

2006年4月 7日 (金)

GOPRA(青春編)

GOPRA黎明編の続きですが、話は少し戻ります。いわゆる青春時代のお話です。

初めて真剣に交際したのが高3の18歳のころだとすると、GOPRAは歴代のすべての彼女を助手席に乗せたことになります。言い換えればすべてを知っています、彼。

そしてすべてにおいて共通する点は、第1印象の悪さです。

”こ、この車に・・・乗るの・・・?”乗らなきゃだめ?の意だそうです)

もちろん本人たちだけでなくご両親からもです。

”ずいぶん攻撃的な車だねえ・・・” こんな鉄砲玉みたいな車で大事な娘をころす気か?の意だそうです)

ちなみにJ子は一人っこの箱入り娘でした。

俺が親なら絶対乗せないけどな、自分の大事な一人娘。

極めつけだったのはJ子の家に遊びに行ったときのこと。

直接GOPRAとは関係ない話ですが、印象は回復不可能なところまでいってしまいました。

ご両親と楽しく夕飯を食べた後、借りたビデオを一足も早く見たかった俺は、それとなくJ子にちょっとだけビデオ観ていい?と聞いたところ、ご両親の耳にも入ってしまい

”それなら応接間のテレビで見なさい”

と言われ、かなり遠慮したんですが半ば強引に”いいからいいから、GOくんらしくないなあ”などと説得され、応接間のデッキにビデオを挿入。

実家に住んでる彼女の家に遊びに行くのにエロビデオを持っていって、彼女と一緒に観る勇気のある奴も世の中にはいるとは思いますが、俺にはもちろんそんな度胸はありません。

しかしこのビデオ、

新作は新作で、めっちゃ楽しみにしてたんですが

・・・

「爆走!ゼロヨン特集・チューニングカー実録シリーズvol.4」

というタイトルで、バリバリに改造した車が40台ぐらい出てきて、0-400mを公道で限りなく競い合う、というものでした。

居間に座った二人

・・・

・・・

プラスご両親

・・・

・・・

30分間、延々と繰り返される違法暴走行為。

水を打ったように静かに見入る4人・・・

ある意味エロビと同じぐらいやばいんでないかいこれ、と気づいた時には遅し。

テレビからの爆音が続く中「洗い物を片付けてこなくっちゃ」、と立ち上がるお母様、じっとテレビから視線を動かさないお父様。

阿修羅像のようなオーラが出ていたのは気のせいではなかったと思います。

この後二度と招いてもらえなかったのは言うまでもありません。

この彼女と不運にも別れることになってしまったのは、後に結婚したMとの出会いに他なりません。(ご両親はホッとされたと思います)

ただ、この日、今でも信じられないことがGOPRAに起こったのです。

彼女と別れたその日、その場所、その瞬間、涙ながら立ち去る彼女の後姿を見送った後GOPRAに乗り込んでエンジンをかけようとしたが”うんともすんとも”言わず。

セルもまわらないので、バッテリーがいったのはすぐわかったが、その前兆がなかっただけにびっくり。そうやらGOPRAは気にいらなかったらしい。

たしかに俺はJ子をひどく傷つけてしまった・・・。このときばかりはGOPRAはJ子の味方だった・・・。

GOPRAの抵抗を真摯に受け止め、しばらく空を見て呆然と立ち尽くす俺・・・。

夜遅かったので片っ端から友達に連絡を取る。

当時ケータイなんてもってないから公衆電話だ。

やっとつかまったNに無理やりお願いして車で来てもらうことに。

このN、ずいぶん渋ったが、J子と別れた事情もあってか最終的にはきてくれた。

渋ったのは当然だ。

だって彼、無免許だったからね

このN、免停中に検問にひっかかり無免許運転で検挙され、その前に犯したオービスの違反が重なって2年間の免許取消しをくらってた。

バッテリーをつないだ後、

俺「マジ悪かったな、取り消し中なのに・・」

N「・・・まあ、今日はええよ、GOもいろいろあったしな・・・」

俺「サンキュ・・。そんなら俺が先導するし、ゆっくり目立たないように走るから・・」

N「おう、そうしてくれ・・。来る時もヒヤヒヤやったで、ホンマ」

そういいながらNの家に向かうこと20分。

なるべく静かに、かつ法廷速度を守り目立たないように走る2台。

先導するGOPRAの後ろに、”姫路ナンバー”のヤンキー仕様ローレル。

・・・

・・・

・・・

無理です、目立たないようにするの

2台ゆっくり走ることでかえって不審でしたね

・・・

お互い車が真っ黒な上に、フルスモークだったので闇に紛れるといえば紛れるのですが、俺の車は室内でミラーボールが回ってたし、Nのヤンキー車はシャンデリアがついてましたからね。

ちょっとしたディズニーのエレクトリックパレードみたいなもんですよ

さて、その後つきあった3人の女性との人生をすべて観てきたGOPRA・・・。何故かいつも第一印象が悪いGOPRA・・・。あんなにかっこいいのに女性うけは今一なGOPRA・・・。

しかし、ここにきてからオージーうけは異常にいいですね。

俺とGOPRAは家族・・・。人と車を超越した世界・・・。

洗車の度に語らい合ったり、通勤の時に話しかけたりすると、必ずGOPRAは答えてくれます。

それは言葉、という表面的なものではなく、もっともっと深いものです。

きっとそれはGOPRAをかえして、自分自身への問いかけなのかもしれません・・・。

・・・

・・・

・・・

みんな気持ち悪がってるけどね、これ言うと。・・・

続く(よな、たぶん)

きついと思ってる方、遠慮なくコメントください。それによっては1話にまとめて次の話題いきます(汗)

2006年4月 6日 (木)

GOPRA(黎明編)

今日はGOPRAのお話です。車に興味ない方、あまり知らない方は、昨日のイースターのお話よりわけわからないことうけ合いです。

GOPRA=GOがSUPRAに乗った状態ですが、魂はいつも一緒なのでもう乗ってても乗ってなくてもここではGOPRAにします。(なんだったんだ、あの説明は、というのは置いといて)

オーストラリアで70系スープラに乗ってると、よくいろんな人に「珍しいね、この型のスープラ。よく車を持ってきたね~」とかいわれますが、俺にとっては当然です。

家族ですから(きっぱり)

小学校から中学校にかけて4年間シンガポールにいたんですが、その時初めて”ナイトライダー”というアメリカのTVシリーズを観て感動しました。

ご存知の方もいると思いますが、主人公のマイケルが乗るナイト2000という車、通称”KITT”には人工頭脳があり、しゃべりますこの車、普通に

話す車はまさに小学生だったころの俺の心をつかみ、黒のナイト2000(トランザム)はめちゃかっこよく、毎週欠かさず見てました。

半年前にこっちでDVD見つけて速攻買いました。昔のなので今見るとつっこみどころ満載でしたが・・。例えばKITTは無人で走るのですが、よく見るとドライバーシートが異常なほど膨れ上がり、人がぬいぐるみのようにそこに入って運転しているのがバレバレです。

つまり運転席のシートだけがガチャピンみたいになってます。

小学生のころ時を同じくして、「よろしくメカドック」という漫画が少年ジャンプで連載されており、セリカXX(トヨタ)にベタ惚れしてました。

XXの後継モデルとしてSupraが世に出たのは俺が18ぐらいだったと思いますが、カタログやら片っ端から手に入れて片思いの恋人の写真を見るような毎日が続きました。

最初に手にした車は16万で購入した5速マニュアルの軽でした。ハンドルを超小口径に納車の日に変え、内装をバリバリ派手にして乗ってましたが、パワステでなく重ステだったので、軽とはいえ苦労してハンドルを切り返していたことは誰も知りません。

1991年11月25日にSupra(後のGOPRA)が納車されたときは死んでもいいと思いましたね、マジ。

色はナイトライダーを意識して黒。しばらくノーマルで乗ってましたが、マフラーなど少しづつ変えていくとその度にオリジナリティーが増し、世界で1台のSupraづくりが始まりました。所謂GOPRAの誕生です。(なんかGOPRAの由来なんでもよくなってないか、俺

ノーマルから現在のGOPRAに至るまでの軌跡です。

ベース車:スープラ2.5ツインターボエアロトップ(型式 JZA70)

マフラー交換2回(APEX-HKS)、エアクリーナー(トラストエアインクス)、フロントスポイラー交換3回(HIROx2、Duruck)、サイドステップ(ABflug)、リアアンダー&リアスポ(HIRO)、タワーバー(トラスト)、ブローオフ(ARC)、タービン(リビルドオリジナルx2基)、サスペンション(RSRダウンサス)、ショック(カヤバ)、ホイール(BRSポイズン17インチ)、タイヤ前235後255、フェラーリ純正ホーン、ブレーキパッド交換多数(エンドレスetc)、クラッチ交換2回(TRD強化クラッチーメーカー不明強化クラッチ)、オリジナルテールカバー、室内(スーパーライブサウンドシステムfeatパナソニック7772インコンポ、ネオンブルー2本、ブラックライトx1本)、盗難防止装置(コブラ)、ナンバープレート(パーソナルプレート金枠黒色”JZA70”)

という仕様です。(日本語です、ちなみに

つまり世界で1台しかない仕様です。(たぶん)

外装だCimg0199_2けでもかなりオリジナリティーでてます。Cimg0191 Cimg0197

Cimg0195・・・

ああ、かっこいい~♪

・・・

ナイト2000を意識していたのもあってトランザムにも少し似てます。仲間と走ってた時代はもちろんナイトライダー(赤く光るやつをボンネット下に移植)仕様にしてました。

スピードオーバーでスピンしたりやばい時もなんどかありましたが、GOPRAは俺の体そのもの、車がオシャカになるときは俺も死ぬときと思ってました。

ところがGOPRAは奇跡的に無事故。お互いの信頼関係はハンパじゃありません。

ところが、いろいろあって、長期免停3回くらった挙句に免取りになった時、初めて気付きました。

”GOPRAに乗れなくて人生なんの意味があるのか”と

再び免許を手にしたとき、車に乗る喜び、乗れることの幸せを改めて実感しました。裁判所に3回行ったくらいではたいした反省もしなかったんですが、取り消しはやっぱりショックだったですよ。堅気になろうと決心しましたね、さすがに。

社会人になってからは、休日の買い物カーになってしまい、スーパーを爆音上げて”はしご”する様はそれなりにおちゃめでした。洗車が休みの日の楽しみの一つで、男同士でよく語らったものです。

「オーストラリアへの移住」

これは一つの大きな壁でした。

GOPRAという大事な家族を連れて来る事、これが叶わなくては移住の達成はありえまえん。

ネットで調べたり、日本にいるオージーから聞いた様々なうわさ・・・。

オーストラリアにすでに走っているということが輸入の条件

70形スープラはオーストラリアでは見かけない

オーストラリアの車の登録基準は厳しい(GOPRAは改造車なのでまず持ち込めない)

などなどネガティブな情報ばかり・・・・。

しかし、何がなんでもGOPRAを連れて行く

この信念を貫くことによって、後の人生の大きな哲学となる。

続く(のかな?)

なんかおもろないな、この話、と思ってるのはRyoheiだけではありません、きっと(汗)

補足:これちなみに日本で売ってるDVDです。俺はオーストラリアバージョンを買いましたが・・・。

ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX DVD ナイトライダー シーズン1 コンプリートDVD-BOX

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2005/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ナイトライダー シーズン2 コンプリートDVD-BOX DVD ナイトライダー シーズン2 コンプリートDVD-BOX

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2005/07/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そんでこっちが”よろしくメカドック”です。

ナイトライダー+よろしくメカドック=GOPRAです、はい。

よろしくメカドック (1) Book よろしくメカドック (1)

著者:次原 隆二
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006年4月 5日 (水)

イースター(復活祭)

オーストラリアに来てもうすぐ4年、未だにこの国の祝日を把握してないGOです、皆さんこんにちは。

つい先日、同僚の女の子から、

「GOさんは来週の4連休なんかされるんですか??」

と聞かれ、

「4連休あんの?」とちょっとびっくり。

日本向けに仕事をしているので日本のカレンダーは手元にあるのですが、オーストラリアの祝日が書かれてないので、クリスマス以外はいつも直前に知るはめになります。

もっとも予定が入ってない証拠だけどね(涙)

質問に対しては「4連休もあるんならフェンス仕上げちゃおうかなあ・・」と答えたものの、この同僚の日本人の女の子は、自分に予定が入っていて、聞いて欲しいために俺にふった可能性はあります。

なのでここで

「MKっちはなんか予定入ってるんですか?」

と聞かなきゃ失礼だ。

だいたい、この西洋の文化では、”週末どうだった?”とか”仕事どう”という会話のきっかけの後必ず”そっちはどうよ?”(もち英語だが)みたいなお決まりの社交辞令があり、相手に話題をふるのを忘れてはいけません。一種の礼儀みたいなものです。

このMKっちも、日本人とは言え、オージーのフィアンセがいるし、かれこれ10年もオーストラリアに住んでいるので感覚はオージーです。

なので当然、聞かれたら、聞き返す、そうやって本来相手が話そうと思った話題へと話が広がっていくのです。

なので早速、

「MKっちはなんか予定入ってるんですか?」

と聞き返したところ

「特になにも」

・・・

・・・

・・・

・・・

会話終了・・・

・・・

・・・

MKっち、やっぱり日本人

さて、ところでこのイースター、結構つっこみどころがあります。

だって毎年休みの日が違うんだもん。

月末のときもあれば今年みたいに月中もある。もともと日本人になじみのない祝日だし、俺、無宗教だから、なんでころころ変わるかも知りません。

聞けば、お月様の具合によって変わるそうな・・・。

キリスト教の方が多いオーストラリアに住んでるんだからこれを気に知っておこう。

調べると、

ーーーーーーーーイースター(復活祭)ーーーーーーーーーーー

春分の日後最初の満月の、次の日曜日です。復活祭前日までを受難節といいます。受難節は、キリスト40日間の断食祈祷にちなみ、日曜日を除く40日(40日+日曜日6回=46日間)で、受難最初の日を灰の水曜日といい、額に灰で十字架模様を描いたりする習慣があり、罪を悔います。

例えば2006年は
春分の日 3月21日(月)
春分の日後最初の満月 4月14日(金)

復活祭 4月16日(日)
復活祭前日までが受難節。ここから逆算し
灰の水曜日 3月1日(水)
聖金曜日(キリスト受難日)4月14日(金)


ちなみに2007年は

春分の日 3月21日(水)
春分の日後最初の満月 4月2日(月)
復活祭 4月8日(日)

復活祭前日までが受難節。ここから逆算し
灰の水曜日  2月21日(水)
聖金曜日(キリスト受難日)4月6日(金)


復活祭の日は早起きし、良い服を着て、子供たちには、ウサギが様々な絵が描かれた
を持ってきてくれます。
キリスト教国ではこの時期が近づくとあちこちのお店で、ウサギの人形と色鮮やかにぬられた卵が売られます。
しかしキリストの復活とウサギや卵がどのように関係があるのでしょうか。

ゲルマンのEostreあるいは各地に同様なAstarte / Ischtar / Inannaなどの名を持った類型がある( さかのぼればギリシャのアフロディーテ、ローマのビーナス)、豊穣の女神(春の女神)との関係に触れなければならないでしょう。
これらの多くが
ウサギや卵と共に描かれています
Eostreは月のウサギを伴いこのウサギが良い子に卵をもたらします。
また卵は神話的な意味において、宇宙の根源とも言われています。宇宙は卵から生まれ、殻の上半分が天になり、下の部分が地になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・・・

・・・

・・・

全然わかんねえ・・・

まあ、とりあえず祝日で4連休かあ。

イースターを調べる前に、MKっちが

「そういえばカレンダーに書いておこうっと♪」

といいながら祝日を書いていたので、横にいって自分のカレンダーに書き写すと、

「なんだか私カンニングされてるみたいですね♪」

といわれ、幼いころの苦い思い出にトリップ

小学生のころ、たしか2か3年生のころカンニングをして、先生に職員室に呼び出され、しかられたことがあります。

職員室に行くまで何も思い当るふしがなく、なんで呼び出されたのかわからないままでした。

先生のところにいくなり差し出されたのは、漢字の小テストの答案でした。

「これは君のだろう?」

やさしく問いかける先生。

確かに、見覚えのある字だ。

紛れもなく俺のきたない字だった。

ところが腑に落ちない点がある。

なんで名前のところに「竹内加奈子」って俺の字で書いてあるんだ?

不思議だ・・・。

・・・

・・・

・・・

先生「お前、となりの子の答案書き写したろ、答えどころか名前まで丸写ししやがったな。あきれたよ、先生は」

・・・

・・・

・・・

・・・

ああ・・・あきれたよ、俺も・・・。

自分の名前ぐらい自分で書こうよ、GOちゃん。

いくらなんでも最初からやる気なさすぎだろ、小学生の俺。

・・・

・・・

それからというもの、テストの時は集中してまず自分の名前をかく習慣がつきました。(当たり前ですが

ああ懐かしかった・・・ちなみに女の子の名前は仮名です。覚えてません、でも苗字はあってたかな・・。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ