« 猫の恩返し完結編 | トップページ | パラダイム思考(番外編) »

2006年3月24日 (金)

パラダイム思考(前編)

「パラダイム思考」ってご存知ですか?

会社経営や、人生の自己目標に対するプロセスの考え方の一つですが、これも日本時代、最初の新入社員研修で聞かされて”84へえ”ぐらいありました。

簡潔に、というか俺なりの解釈のもと説明すると、「パラダイム思考」においては、まず理想の未来、将来を描き、それを実現するためにどうしたらいいか、フェイズ(段階)毎に具体的な計画を立て、行動、実行していきます。

つまり、”未来はつくるもの”という考え方もできます。

これとは対照的な考え方が「トレンド思考」と呼ばれ、今現在流行りのもの、旬なものをベースに短期スパンでのトレンドの見直しを行ないながら、行動、実行していきます。

”時代の流れを適切に見極め、その流れに乗り遅れてはいけない、ならない”という観点に立っているとも言えます。

どちらがいい、とか正しい、ということはなく、考え方の問題なのです。

この「パラダイム思考」を初めて研修で聞いたとき、目からうろこ状態で、それまで何も考えずに生きてきた俺にとっては、こちらの考え方の方がツボに入ったと言えます。

当時、23歳だった俺は「30歳の自分の姿、状態」を思い描くことにし、具体的にオーストラリアとまでは決まっていなかったものの、漠然と海外で家を買って生活するという目標を持ったのです。

実際32歳のときにオーストラリアで家を持ったので、この考え方は俺の人生、哲学に大きな影響を与えた、と言ってもいいと思います。

ところでこの新入社員研修、大阪本社で約300名前後で行なわれたのですが、その中で10名前後で仲のいいグループがありました。

今でも大親友のSはもちろんこのメンバーで、ただ彼とは入社前の顔合わせなどの時からお互い気が合ったので、知り合ったの研修よりもっと前の内定者時代です。

余談ですがこの会社、「男だけの内定者パーティー」という世にもおぞましいネーミングの顔合わせがその前の年の10月ごろありまして、ヤロウだけで合コンするという企画がありました。もちろん社員も全員”男”です。この中にゲイがいたらこれ以上ない企画でしょう。(合コンではないだろそれは、というつっこみはさておき・・)

まあ、この会社、女性が8割以上しめる女性社会のような環境なので、少数派の男性陣にハッパをかけ、モチベーションを上げようというのがこの企画の狙いだったようです。

招待状には”気軽な服装で”と書いてあったので、気軽な会なんだな、と余裕かましてました。

当日、白いズボンに白いTシャツ、白いジャケットで会場であるレストランに向ったとき異変に気付きました。

ビルの前に出迎えとして立っていらっしゃる、”社員のお方達”は全員スーツでばっちり決めており、緊張感が漂っています。

「ま、社員は仕事やし、当然やな」とその時はあまり気にせずエレベーターへ。

乗り込んだ集団は俺を除いて全員スーツ、しかも”ルーキー顔”。

こいつら絶対社員じゃねえ・・・。

ルーキー顔の面々は緊張の面持ちで前を見てる。俺はただの一般の客とでも思ったのだろう、誰も見向きもしねえ・・。

そして受け付けへ。案の定面接でお世話になった人事の社員も全員スーツ姿でお出迎え。

ちらっと会場を見回しても”スーツ””スーツ””スーツ”・・・。

私服なんて誰一人いねえ・・・。

ハ、ハメられたのか、俺・・。

男だけと聞いていたので”まさか”と思ったが、こっちで”ハメた”つもりか・・。

しかし、目の前にいる人事のお方から、

・・・

「いや~、GO君ひっかかったね~!ハハハ!君の招待状だけちょっと変えたんだ!ハハハ~!!」

・・・

・・・

・・・

・・・

なんて一言が出る雰囲気は微塵もない・・・。

それどころかとんでもない一言が・・・

「あれっどうしたの、私服で?」

・・・

・・・

ぎゃー(心の叫び)

・・・

・・・

続く

(すいません、今日忙しくてここまでしか書けません。多分続きは月曜になります)

ー広告ー

教育学思考のパラダイム転換

ケインズの経済思考革命―思想・理論・政策のパラダイム転換 Book ケインズの経済思考革命―思想・理論・政策のパラダイム転換

著者:浅野 栄一
販売元:勁草書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 猫の恩返し完結編 | トップページ | パラダイム思考(番外編) »

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

パラダイム思考って、
こんなに面白いものだったんですね。
前編で終わってるから、
もっと、見ようって気になりますよ。
問題は、ここから先を、GOさんより先に
誰かが、バラした場合。
その時は、猫の恩返し4か、ジョハリーの
窓もう一回やってもらえますかねぇ!
よく読めって! バレてる。 

パラダイム思考だけで終わらせようと思ったのに、悪い癖で脱線してしまいました(汗)海tonさんのように簡潔にまとめられず、だらだら書いてしまうあたり性格丸出しです。ジョハリーの窓はこれからもネタにしていくと思います。猫の恩返しは正直”いっぱいいっぱい”ですねwこれ以上広がりません。週末、友人にネタバレされる前にがんばって更新します(涙)

ransomer unrealistically Catholicisms Blanton Kigali ... Thanks!!!

Cady penises impetuously retired,conciliatory ... Thanks!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68248/1144980

この記事へのトラックバック一覧です: パラダイム思考(前編):

» Amoxicillin description. [Swollen blood shot eyes amoxicillin.]
Amoxicillin allergic reaction treatment. Left amoxicillin is it bad. Buy amoxicillin. [続きを読む]

» Lipitor drug interaction. [Drug lipitor side effects.]
Lipitor drug side affects. Lipitor drug company. Drug lipitor. Lipitor drug interactions. Drug lipitor side effects. Problems with lipitor drug. Drug interactions flexamin lipitor. [続きを読む]

« 猫の恩返し完結編 | トップページ | パラダイム思考(番外編) »

最近のトラックバック

2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ